濃縮還元オレンジニュース

Apache Avro 1.3.0リリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

2010年2月26日,オープンソースのデータシリアライゼーションシステム「Avro」の1.3.0がリリースされました。執筆時点では2010年3月19日にマイナーアップデートが行われ,1.3.1がリリースされています。

Avroは,データ交換のプロトコルおよびフレームワークで,サーバ間でのデータのやりとりなどに利用します。Hadoopの生みの親であるDoug Cutting氏により開発が始まり,Hadoopのサブプロジェクトとして活動しています。競合するプロダクトにはGoogleのProtocol BuffersFacebookが開発し現在はApacheプロジェクトにホスティングされているThriftそして日本人の古橋貞之氏が開発を進めているMessagePackなどがあります。

今回の1.3.0のアップデート内容として,PythonやJava,C++,Rubyなど各種言語のパッケージング提供,HTTPでのAvro RPCサポート,新しいデータフォーマットの提供などがあります。Avroは他の競合と比較して,スキーマ定義がJSONで行えることやコード生成が必要ないことなどの違いがあります。また,パフォーマンス面でもかなり優秀です

URLhttp://hadoop.apache.org/avro/

著者プロフィール

角田直行(かくだなおゆき)

普段はお仕事でPHPやJavaを使ってWeb開発をしています。一部でセレブエンジニアとか言われてますが,全然セレブじゃありません。

コメント

コメントの記入