濃縮還元オレンジニュース

社員の辞職願いへのとってもまずい対応の例

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Mahaloというアメリカのスタートアップ企業で起きた事件です。Evanという社員がほかの会社に転職することが決まり,社員とCEOであるJason氏にこれまでの感謝を表すメールを送りました。するとJason氏はそれが気に食わなかったようで最終出社日まで2週間あったにもかかわらず「今日が最後の日だ」とEvanにメールで告げました。またEvanの転職先を「瀕死の会社(dying company)⁠と侮辱しています。

EvanはJasonの対応に驚き「社員がMahaloよりも良い仕事を見つけたことが,そんなにいけないことですか?」と怒っている理由を聞いています。しかし,Jasonはそのメールに返信する代わりにEvanのメールアカウントを削除しました。Evanは運良くこれらのメールをほかのアドレスへ転送していたために,これらのやりとりを残すことができました。

そしてこれらのやりとりは,メールの本文を全文掲載という形でTechCrunchで公開されることになりました。記事ではこの事件の教訓として「社員をクビにするときは口頭でそれを告げて,インターネットの上に記録を残さないこと。あるいは全員で送別飲み会をやって,あたたかい印象を残すこと」と述べています。

URLhttp://jp.techcrunch.com/archives/20100424how-not-to-handle-a-resignation-gracefully/

著者プロフィール

角田直行(かくだなおゆき)

普段はお仕事でPHPやJavaを使ってWeb開発をしています。一部でセレブエンジニアとか言われてますが,全然セレブじゃありません。

コメント

コメントの記入