濃縮還元オレンジニュース

自身の直感をあまり信用しない

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

先日iPadを手に入れました。私はすでにMacBook ProとiPhoneを持っており,iPadが発表された当時から「自分には必要ないな」と思っていましたし,今もその考えはあまり変わっていません。ではなぜiPadを持ってるのかというと,簡単に言うと会社から支給されたからです。

この業界は新しい技術やサービス,製品が次々に登場します。それらすべてを身につけたり使い倒したりすることはできないので常に取捨選択が求められます。経済的に負担がかかる場合はなおさらです。今回のiPadに対する「必要ないな」という感想を客観的に分析すると,自身の(一般の人と比較して)若干偏ったコンピューティング環境や経済的な理由による自身への「言い聞かせ」から来るものだと思います。しかし,そもそも私は「コレが流行る」⁠アレは流行らない」などの予想をことごとく外しており,自身の直感を正直あまり信じていません。

パソコンにあまり馴染みのない層にとって,間違いなくiPadは魅力的に見えるはずですし,今後もタッチパネルベースの端末は増えていくでしょう。いまだ「iPadは自分には必要ない」と感じていますが,この直感が外れているといいなという期待もどこかにあります。

著者プロフィール

角田直行(かくだなおゆき)

普段はお仕事でPHPやJavaを使ってWeb開発をしています。一部でセレブエンジニアとか言われてますが,全然セレブじゃありません。

コメント

コメントの記入