濃縮還元オレンジニュース

クロージャなどが先送りされた「Java 7リリース計画」発表

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

2006年12月にJava SE 6がリリースされて以来,長い間メジャーバージョンアップをしてこなかったJavaですが,OracleのMark Reinhold氏よりようやくリリース計画が発表されました。2011年中期に,クロージャなど現在まだ進行中の機能を除いたものをバージョン7としてリリースし,2012年後期にバージョン8をリリースするというものです。ちなみにJava 7で導入される主な機能は以下のとおりです。

  • 新しいI/O API(NIO2)の導入
  • 動的型付け言語(InvokeDynamics)のサポート
  • fork/joinの追加など並行ライブラリの改善
  • TLS 1.2注1のサポート

そして,Java 8へと先送りになってしまった主な機能は以下のとおりです。

  • ラムダ式(クロージャ)の導入
  • 型アノテーションの導入
  • モジュラープログラミングのための言語およびVM仕様の拡張

それぞれの詳しい内容はOpen JDKのサイトにて確認できます。今回採用されたプランのほかに,2012年と遅くはなるけれどもクロージャなどを導入してJava 7をリリースするプランもあったようですが,フィードバックの結果により今回の決定に至ったようです。個人的に,並行ライブラリの改善(jsr166y)が正式になるのはとてもうれしいのですが,クロージャの先送りは少し残念です。

注1)
SSL(Secure Sockets Layer)の後継バージョン。Transport Layer Security

URLhttp://journal.mycom.co.jp/news/2010/09/21/046/index.html

著者プロフィール

角田直行(かくだなおゆき)

普段はお仕事でPHPやJavaを使ってWeb開発をしています。一部でセレブエンジニアとか言われてますが,全然セレブじゃありません。

コメント

コメントの記入