濃縮還元オレンジニュース

Sinatra 1.2.0 リリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

2011年3月4日,Rubyで書かれた軽量Webアプリケーションフレームワーク「Sinatra 1.2.0」がリリースされました。Sinatraはその記述量の少なさにより人気を博し,PythonのFlaskやScalaのScalatra,JavaScriptのExpressJsなど,多くの言語でSinatra風フレームワークが次々と登場するなど大きな影響を与えています。シンプルでありながらも,十数ものテンプレートエンジンに対応し,簡単に切り替えられるなど柔軟さも兼ね備えています。

今回の1.2.0のリリースにて行われた主なアップデートは次のとおりです。

  • テンプレートエンジン「Slim」⁠Markaby」のサポート
  • レイアウトに異なるテンプレートエンジンを使える:layout_engineオプションの導入
  • before/afterフィルタで条件指定のサポート
  • 名前付きキャプチャのサポート(Ruby 1.9ユーザ向け)

SinatraはRackと呼ばれるWebサーバ/Ruby Webフレームワーク間のインタフェース仕様に準拠しているためWebサーバを選ばないことに加え,Rackベースで動作するRubyアプリケーションのクラウド環境であるHerokuにて動作させることもできます。一工夫することでGoogle App Engineにも対応できますので,今後さらにSinatraが活躍する場が増えることでしょう。

URLhttp://www.sinatrarb.com/

著者プロフィール

角田直行(かくだなおゆき)

普段はお仕事でPHPやJavaを使ってWeb開発をしています。一部でセレブエンジニアとか言われてますが,全然セレブじゃありません。

コメント

コメントの記入