濃縮還元オレンジニュース

Google,軽量key-valueデータベースライブラリ「LevelDB」公開

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Googleが,軽量で高速なkey-valueデータベースライブラリ「LevelDB」をGoogle Codeにて公開しました。公開自体は2011年3月でしたが,5月上旬ごろ海外ニュースサイトHacker Newsを発端に広まりました。

LevelDBはGoogle ChromeのIndexedDB実装として開発されているようで,開発バージョンのChromeのabout:flags設定にて「IndexedDB use LevelDB」という項目が確認できます。非常にシンプルな操作でデータ管理を行える一方,デフォルトでSnappy圧縮を行うなどユニークな面もあります。また,Google BigTableやCassandraで採用されているLog-Structured Merge-Treeというデータ構造を持っており,主にRDBMSに採用されているB+Treeと比較して書き込み性能に優れているという特徴を持ちます。

開発にはGoogle MapReduceやBigTableの作者としても有名なJeffrey Dean氏,Sanjay Ghemawat氏が関わっています。Sanjay氏によると,LevelDBの開発にあたり,全体的なパフォーマンスの良さや実績の豊富さから平林幹雄氏による「Tokyo Cabinet」の採用も検討したそうですが,最終的にはランダム書き込みの性能を優先し,LevelDBを開発することになりました。日本人技術者によりソースコードについて議論している様子がTogetterにてまとめられておりコードリーディングの参考になります。

URLhttp://code.google.com/p/leveldb/

著者プロフィール

角田直行(かくだなおゆき)

普段はお仕事でPHPやJavaを使ってWeb開発をしています。一部でセレブエンジニアとか言われてますが,全然セレブじゃありません。

コメント

コメントの記入