濃縮還元オレンジニュース

JavaFX 2.0 ー Javaによるリッチクライアント基盤

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

InfoQによる日本オリジナル記事です。2011年5月27日にJavaFX 2.0のパブリックベータ版がリリースされたことに伴い,JavaFXが生まれてからの経緯や1.0から2.0でどう変わったかについてJavaFXの概要全般についてわかりやすくまとまっています。

JavaFXは当初FlashやSilverlightに対抗するRIAのためのプラットフォームでした。また,バージョン1系ではJavaFX Scriptという専用の言語で記述し,携帯電話やTVなどいろいろな環境で動作させることを目的としてきました。しかし,2010年10月に発表されたJavaFX 2.0ではデスクトップ向けに限定し,JavaFX Scriptを廃止してJavaライブラリとして提供する形へと変更になりました。JavaFX Scriptを廃止した背景として,本来UIを記述する言語であったのがAPIをデザインするための言語としての側面も持ち,Java SEも含めた開発リソースの調整が難しくなったため,ライブラリとして提供することでAPIにのみ注力できるようにしたようです。ただ,JavaFX ScriptはVisageと名前を変えてオープンソースベースで開発を継続していくようです。

JavaFX 2.0の主な機能は次のとおりです。

  • GPUを最大限活用したグラフィックエンジン「Prism」
  • UIの構造をシーングラフで表現
  • ボタン,チャート,ブラウザなどのUIコントロール

UIコントロールについては,外観をCSSで変更できるのが特徴的です。ブラウザのエンジンにWebKitが採用されていることも魅力の一つです。

執筆時点(2011年5月)ではJavaFX 2.0のパブリックベータ版はWindows向けしか公開されていませんが,開発担当者のRichard Bair氏曰くMac版やLinux版も順次リリースされるようです。記事にはJavaFX 2.0の特徴がつかめるサンプルコードへのリンクがあります。

URLhttp://www.infoq.com/jp/articles/javafx20_01

著者プロフィール

角田直行(かくだなおゆき)

普段はお仕事でPHPやJavaを使ってWeb開発をしています。一部でセレブエンジニアとか言われてますが,全然セレブじゃありません。

コメント

コメントの記入