濃縮還元オレンジニュース

PerlエンジニアがPerlエンジニアのために作るPerl検定試験「Perl道場」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

面白法人カヤックがプログラマ向けサービスを公開しました。Perlに関する問題を選択肢形式で回答するという検定試験風のサービスです。ユニークなのは,回答者としてだけでなく出題者としても参加できる点です。このサービスのプログラムがGitHubで管理されており,決まったフォーマットで問題を作成してpull requestを送ることで追加できます。そして良い問題を作成した人を評価するシステムもあり,ランキングシステムも用意してあります。

1回の検定で出題されるのは5問なので気軽にできますが,問題の難易度はなかなか高く,全問正解するのは少し苦労します。ちなみに解答データもGitHubで公開されていますが,けっしてカンニングしてはいけません。

URLhttp://perldojo.org/

著者プロフィール

角田直行(かくだなおゆき)

普段はお仕事でPHPやJavaを使ってWeb開発をしています。一部でセレブエンジニアとか言われてますが,全然セレブじゃありません。

コメント

コメントの記入