濃縮還元オレンジニュース

Mozilla,新プログラミング言語「Rust」を公開

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

2012年1月20日,Mozillaは新しいプログラミング言語Rustのバージョン0.1を公開しました。Rustは波括弧({ })を文法に用いており,CやJavaScriptに似ています。静的型付けのコンパイラ型言語であるため,アプリケーションや組込みなどシステム開発向けのプログラミング言語としてCの置き換えを狙っていると思われます。同様のアプローチにGoogleのGoや,2012年1月17日にバージョン0.1がリリースされたClay LabsのClayなどが挙げられますリスト)⁠

コンパイラはLinux/Mac/Windows用が用意されており,試す分には十分なドキュメントはそろっていますので,GoやClayとあわせて次世代の高機能なコンパイラ型言語に触れてみてはいかがでしょう。

リスト Rust,Go,ClayのHello Worldプログラム

  Rust  
use std;
fn main() {
  std::io::println("Hello Rust world!");
}

  Go  
package main
import "fmt"
func main() {
  fmt.Printf("Hello Go world!\n")
}

  Clay  
main() {
  println("Hello Clay world!");
}

URLhttp://www.rust-lang.org/

著者プロフィール

角田直行(かくだなおゆき)

普段はお仕事でPHPやJavaを使ってWeb開発をしています。一部でセレブエンジニアとか言われてますが,全然セレブじゃありません。

コメント

コメントの記入