濃縮還元オレンジニュース

英語によるメーリングリストへのバグレポート提出ガイド

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

嶋内翔氏によるブログ記事です。元記事では「英語によるHadoop系メーリングリストへの~」とタイトルが付けられていますが,内容自体はとても汎用的です。普段英語に慣れていない人にとってバグレポートをどのように英語で書けばよいのか戸惑ってしまいますが,各表現のニュアンスも含めとても丁寧に解説しています。

バグレポートの本題は「本来は……であるべきだが,実際にはこうなっている」という流れをもとに症状や直前の状態,再現方法について記載します。その際,日本人の気質からか「もしかしたら自分の設定ミスだったり勘違いかも」という内容を含めてしまいがちですが,簡潔に報告するのが良いようです。

後半は頻出する英語表現について取り上げています。問題内容を伝える際に不確かな事象を表現することが多いですが,⁠should」⁠might」⁠could」「I think」⁠I guess」⁠I believe」などそれぞれの違いについて解説しています。質問の最後などで「なにか足りない情報があったら教えてほしい」ことを伝えたいときには,⁠if you need any more information, please let me know」という表現は定型として覚えておくと便利だそうです。

URLhttp://d.hatena.ne.jp/shiumachi/20111227/1324993688

著者プロフィール

角田直行(かくだなおゆき)

普段はお仕事でPHPやJavaを使ってWeb開発をしています。一部でセレブエンジニアとか言われてますが,全然セレブじゃありません。

コメント

コメントの記入