VBVoiceで体験する電話プログラミング

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

誰もが電話を携帯する現在,PCによる予約受付や音声合成,アラート(緊急時の呼び出し)など,電話をPCを組み合わせたシステムのニーズがますます高まっています。Visual Studio上で高速にテレフォニーアプリケーションを開発できるVBVoice(ブイビーボイス)を動作させ,電話プログラミングのおもしろさを体験してみましょう(“ブイビーとありますが,C#でも使えます)。

はじめに

電話プログラミングへのご招待

宅配便の再配達受付は,電話で日付や時間帯を指定できます。あの受付システムは,どんな仕組みで動作しているのだろうと考えたことがありますか。アプリケーションは,データベースを検索してお客様の情報を調べることができています。また,固定電話からでも携帯電話からでも,情報を入力できます。また最近では,病院の予約受付も電話でできるところが増えてきました。電話で予約を確認したり,キャンセルや変更ができるものさえあります。

実は,こういったシステムは,プログラミングのわかる人であれば,ツールの力を借りて,想像よりはるかに簡単に構築できる時代になっています。この記事では,VBVoice(ブイビーボイス)というCTI(コンピューター・テレフォニー・インテグレーション)高速開発用のミドルウェアを使います。このプログラミングを体験するには,特別なハードを購入する必要がありません。通常のPCだけで電話システムのプログラミングの実際を経験してみましょう。

本稿では,CTIアプリケーションは初めて,という方を対象に,VBVoiceの基本的な使い方,電話アプリケーションの開発ノウハウ,Asterisk IP-PBXとの接続,MySQLやPHPを使用したWebとの連携テクニックなども紹介していく予定です。

VBVoiceとは

VBVoiceの開発・発売元

VBVoiceとは,カナダのPronexus社が開発しているミドルウェア(システムを作るためのプログラムツール)です。多くの開発者が使い慣れている,Visual Studio(C#/VB)を使い,テレフォニー開発では定番となっているDialogic社のボード/ソフトウェア(HMP)によるシステムを高速に開発できるようにします。また,複雑なプログラミングを必要とせず,Visual Studio上のコンポーネントブロックを置いて,つなぎ合わせるだけの簡単操作でCTIアプリケーションが開発できるようデザインされています。

日本では,株式会社コミュニケーションビジネスアヴェニューが総代理店としてライセンスを販売し,技術サポートを提供しています。

Dialogicボードとは

Dialogic社はカナダのモントリオールに本社を置く世界的な企業で,マルチメディア処理関連の製品を数多く発表しています。日本でも,JATE認証の取れたボードが広く使われており,稼動実績も非常に多くあります。最近では,コストパフォーマンスに優れ,ソフトウェアだけで処理を完結させてしまう,Dialogic Host Media Processing Software(HMP)の優れた処理能力にも注目が集まっています。

VBVoiceを使用するメリット

VBVoiceの利点とは

使いやすさ・導入のしやすさ

開発者は使い慣れたVisual Studio(C#/VB)上で電話システムを開発できます。テレフォニーと通常のVB/C#プログラミングを組み合わせた,分かりやすい開発により,開発者の負担を軽減します。

拡張性

VBVoiceでプログラムを作成すると,システムの構成を変更した場合でもプログラムを書き直さなくてすむ場合があります。アーキテクチャの差異をVBVoiceのほうで吸収できるからです。ハードウェアのボード用にアプリケーションを作成し,その後,VoIP回線とHMPで運用するようシステムを変更したい場合でも,プログラム自体を変更せず,設定の変更だけで済んでしまいます。

豊富なサンプルプログラム

実際のアプリケーションを作る際のたたき台になるサンプルアプリケーションが豊富に提供されています。作成するアプリケーションに類似した例がたいてい見つかりますので,開発にほとんどコストをかけずに,わずかな修正だけでアプリケーションが完成してしまう場合も少なくありません。

高速開発

通常,DialogicのSDKによる開発には多大の時間と労力が求められていましたが,ミドルウェア製品を活用することにより,大幅に開発コストを減少させることができるようになりました。

開発システム例

電話を使った次のようなシステムを開発できます。

開発できるシステムの例

  • お客様からの電話に応答,DBと連携して情報をアナウンスするIVR(音声自動応答装置)
  • 電話による予約受付システム,再配達受付システムなど
  • 一定の時間・条件で自動的に電話をかけるシステム(工場・オフィスなど)
  • 緊急時自動呼出しシステムなどの各種ダイアラー
  • 音声認識,音声合成と組み合わせた電話アプリケーション
  • コールセンターで,条件に応じて該当オペレータへ転送するブリッジ/トランスファー
  • お客様の電話番号からDBを検索,情報を表示するアプリケーション

NTT回線網との接続

回線の種類

回線の種類には,一般回線(アナログ),ISDN/T1回線(デジタル),SIPプロバイダ回線などがあります。

  • 一般回線/T1回線とは,JATE認証の取れたDialogicカードで接続します。回線数や機能に応じて各種のDialogicボードが販売されています。
  • Dialogic HMP(Host Media Processing Software)というソフトウェアベースの製品を利用すると,SIP/H.323回線などに接続できるので,VoIP回線プロバイダや最近話題のAsterisk IP-PBXなどと接続できます。

バックナンバー

プログラミング

コメント

コメントの記入