エバンジェリスト武田正樹氏に聞く,マイクロソフトとオープンソースの関係

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

近年,オープンソースソフトウェア(以下,OSS)のイベントにおいて「マイクロソフト」の社名を目にする機会が多くなった。9月10,11日に開催された「オープンソースカンファレンス 2010 Tokyo/Fall」においても,同社のエバンジェリストである武田正樹氏によるセッションが行われている。そこで今回は,マイクロソフトがOSSをサポートする狙いや,OSSコミュニティにおける同社の立ち位置などについて武田氏に伺った。

「OSSの一員として手を取り合っていきたい」

マイクロソフトというと依然としてプロプライエタリなソフトウェアベンダであるという印象が強く,「OSSをサポートする」と聞いても「なぜ?」という疑問を抱く人が多い。しかし,相互運用性の確保やWindows上での OSSの動作サポートという観点では,同社では従来より検証や情報の共有などによってOSSをバックアップしてきた歴史がある。これについて武田氏は次のように説明する。

「私たちはプラットフォームベンダーですから,プラットフォームとしてWindowsを選択していただきたいという本音があることは事実です。だからといってすべてをマイクロソフトのテクノロジーだけでロックインしてしまうのではなく,プラットフォームの上で動作するアプリケーションに対しては常にオープンでなければいけないというポリシーがあります。そのための技術検証や情報の公開には積極的に協力してきましたし,これからもその姿勢は変わりません」

とはいえ,組織として OSSコミュニティに積極的に参加するようになったのは最近のことである。これには,主にセキュリティの強化という課題に取り組む中で,OSSコミュニティと協力しながら対策を進めるというスタンスが確立されてきたことが影響している。その延長から,コミュニティへの直接の参加や協業といったアプローチにもつながってきたという。

具体的な活動としては,Zend社やPHPコミュニティとの協業によるPHPサポートの強化や,Linuxコミュニティへの仮想化デバイスドライバの提供,Linux向けSilverlight実装であるMoonlightプロジェクトへの協力などが挙げられる。またプラットフォーム間の相互運用性の確保については特に力を入れており,「Interoperability Bridges and Labs Center」などを通じて検証や情報公開を積極的に行っているという。

「私たちの仕事は,お客様の持っている資産を適切に運用していただくことです。その中には当然弊社以外の製品もありますから,相互運用性というものが極めて大切になります。そこをきちんとサポートすることで,OSSも含めてお客様にとって最適な選択していただくのが理想的な形だと考えています」

武田正樹氏

武田正樹氏

さらに,近年ではWebテクノロジー分野でのOSSのサポートも強化しており,国内では今年7月より新しくWebプラットフォーム推進部を立ち上げて組織的な活動を開始したという。武田氏は,その理由として「デスクトップからクラウドまでのシームレスな接続という方向から,OSSサポートの重要性がさらに増してきたからです」と語っている。そして,「その中でハブとなるような製品を提供していくことがマイクロソフトの役割」だと続けている。

同社が無償提供している「Web Platform Installer(Web PI)」も,その活動の一環である。Web PIはWindows上にWebアプリケーションの動作環境を手軽に構築できるツールであり,MySQLやPHPなどのインストールをサポートしていることに加え,その上で動作する各種オープンソースWebアプリケーションの導入にも対応している。さらに同社では,簡易エディタやデータベース管理ツール,分析ツールなどからなる無償のWebアプリケーション構築ツール「WebMatrix」も開発中である。

上記のほかにも,マイクロソフトでは勉強会のために会議室を貸し出すなど,さまざまな形でコミュニティの活動支援を行っている「とにかく,OSSコミュニティの方々にはマイクロソフトという会社を大いに利用していただきたい」と武田氏は語る。

「私たちは,まずマイクロソフトの想いをご理解いただきたいと考えています。逆に,マイクロソフトに対する想いも遠慮なくぶつけていただきたいですし,コミュニティのみなさんと一緒にさまざまなことに取り組んでいけたらと思っています。そういった関係の中でマイクロソフトをOSSのプレイヤーとして認識していただき,手を取り合うことでWin-Winの関係を作れたらと考えています」

参考記事
マイクロソフトが考えるOSS Web戦略――Web PIの可能性と聞こえてきたWebMatrixの足跡
マイクロソフト株式会社
URL:http://www.microsoft.com/japan/web/

著者プロフィール

杉山貴章(すぎやまたかあき)

ONGS Inc.所属のプログラマ兼テクニカルライター。雑誌,書籍,Webメディアで多数の著作をもつ。

著書

コメント

コメントの記入