一般記事

「子ども向けプログラミング教育」のいま─Minecraftが拓く新たな「学び」の可能性

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

玉石混交の子ども向けプログラミング教育講座

近年,子どもにプログラミングを教えようという動きが活発化しています。IT企業や教育系企業が相次いでプログラミング教育に乗り出しています。しかし実際には内容にバラつきが多く,一概に「プログラミング教育」と言っても各社でその取り組み方は大きく異なります。

プログラミング教育を標榜する各社の方針は,大きく分けると以下のようなものが挙げられます。

プログラミングを通して「思考の枠組み」を教えることを目的とするもの
使用言語:Scratch,Viscuit,コロコロゲーム工作ブロックなど
将来プログラマになることを目的とするもの
使用言語:Objective-C,Java,JavaScriptなど
プログラミングを通してコンピュータへの興味を誘発することを目的とするもの
使用言語:Scratch,MOONBlockなど
とにかくプログラミングのようなことをさせることを目的とするもの
使用言語:GameSalad,Unity,enchantMOONなど

Scratch

Scratch

MOONBlock

MOONBlock

突然湧いたブームであり,まだプログラミング教育に関する方針が定まっていない中で各社が独自の考え方でプログラミング教育を標榜しているため,一口にプログラミング教育といってもこれだけの違いがあります。難易度もバラバラで,とても簡単なものもあれば,とても難しいものもあります。筆者もよく知人から「夏に子どもにプログラミング講座受けさせたいんだけど,どれがいいの?」と聞かれることがあります。答えはケースバイケースでまちまちです。

IT業界にいても,どのプログラミング講座が一番いいのか,瞬時には判断できないほど多様性があるのです。

なぜ,子どもたちにプログラミング教育を受けさせるべきか

そもそもなぜ「子どもにプログラミングを教えるべき」,と考えられるようになったのでしょうか。それにはいくつか,きっかけとなる発言があります。たとえばAppleの創業者であるスティーブ・ジョブズは「すべてのアメリカ人がプログラミングを学ぶべきだ」という主旨の発言を1995年のインタビューで答えています。

筆者は子どもへのプログラミング教育の主眼は,プログラミングができるようになることではなく,むしろプログラミングを通じて,「思考のやり方を学ばせる」ということに本筋があると考えています。

プログラミング教育は,すべての学問に共通する「考え方」の根本を育てることができます。

今の学校教育では,たとえば算数では「1+1=2」,国語では漢字の読み書きといったことを学びますが,なぜそれを学ぶのか,ということに関しては深く議論されてきませんでした。現状の小学校の教育は,たとえば算数なら「1+1=2」,国語なら正しい日本語の文法,といったルールを所与のものとして教え,そうしたルールへの理解を積み上げていくことでより高度な思考能力を獲得することを目的としているはずです。

しかし,このような所与のルールだけを学ぶやり方では,ルールそのものを創り出す人間を育成することは不可能です。現在の学校教育をベースとした受験制度においては,ルールの中でしか能力を発揮できない人間ばかりが育成されることになります。だから現実の社会で活躍する起業家の多くは,大学を中退したハミダシ者(スティーブ・ジョブズもその1人です)の独擅場になってしまうのです。

ハミダシ者はルールを守りません。ルールを学ぶことはしてもルールを守ることが第一優先にはありません。だからこそ変化に適応し,まったく新しい価値観を創り出すことができるのです。

しかしルールを最も良く理解する方法は,むしろルールを構築し,創り出すことです。そしてルールの作り方を教える授業は現在の義務教育にはないのです。

答えのない問題を解き明かし,未踏領域を開拓する,開拓精神とその手法を学ぶことは義務教育の範囲ではできないのです。そしてもちろんこの状況は,小学校のみならず,中学校,高等学校や大学に進学しても変わりません。

しかしプログラミングとは,ルールを構築することそのものです。プログラムとはルールの集合体だからです。さまざまなルールを矛盾なく組み合わせ,また自らルールを作り出し,単体のルールでは到底想像もできないような巨大な思考の建築物を生み出す,それがプログラミングに秘められた力です。

プログラミング教育の有効性に注目された背景はプログラミングの持つ,本質的な「ルール構築能力の教育」への期待があるのではないでしょうか。

レッドストーンもプログラミングも楽しめるイベント開催!
「Minecraft × Education 2015 ~こどもとおとなのためのMinecraft~」
URL:http://www.mcedu.jp/
ゲームを使った教育を考えるイベント「Minecraft×Education2015」8/8,9に開催
URL:http://gihyo.jp/news/info/2015/07/1601

著者プロフィール

清水亮(しみずりょう)

株式会社ユビキタスエンターテインメント代表取締役社長 兼 CEO。電気通信大学在学中に米Microsoft Corp.の次世代ゲーム機向けOSの開発に関わり,1998年末に株式会社ドワンゴ入社。1999年に同社で携帯電話事業を立ち上げる。2002年退社し,米DWANGO North America Inc.のコンテント開発担当副社長を経て2003年独立。 2005年,独立行政法人情報処理推進機構により,天才プログラマー/スーパークリエイターとして認定される。

コメント

コメントの記入