Google FriendConnect API公開の衝撃

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

ついにGoogle FriendConnectのAPIドキュメントが公開されました。この衝撃が分かるでしょうか。2009年3月13日はインターネットが大きく変わった日として歴史に刻まれるかもしれません。

GFCがなぜそんなに大事件なのか,いくつかの例をもって順に説明していきます。

なお,本文中で使用する言葉をあらかじめ定義しておきます。

  • GFC:Google FriendConnect。
  • プロバイダ:GFCにソーシャルグラフを提供するGoogleやTwitterなどのサービス。
  • コンシューマ:GFCのAPIを使ってサービスを提供するソーシャルグラフを活用したウェブサービス。ブログ等も含む。
  • ユーザー:コンシューマまたはGFCを利用する人。

オープンソーシャルウェブがついに本格始動

Facebookはじめ様々なSNSがオープン化以降取り組んできたのが,あらゆる外部サイトにソーシャルグラフ(人間関係)をエクスポートし,SNSの一部かのように取り込むことでした。Facebookは既にFacebook Connectとしてこの環境を提供し,影響力は徐々に拡大しつつあります。

対するGoogleは2008年12月,FriendConnectを一般公開し,簡単なHTMLとJavaScriptによるガジェットを貼るだけでウェブサイトをソーシャル化する手段を提供し始めました。しかし,これまではあくまでガジェットを貼るだけの連携過ぎず,サービスの一部として取り込むような連携は実現されていませんでした。

実はこれまでも,MySpaceIDやOpenSocial RESTful APIなど,オープン勢によるAPI自体は存在しており,理論的には上記のような連携は可能でした。ただ,その敷居の高さから,実際に利用されている例はほとんどなく,いかにコンシューマを呼び込むかが課題となってきました。

それがここに来て,GFCは既存の簡易な認証機構とAPIの公開という組み合わせをもって,オープンソーシャルウェブはひとつの完成形を迎えたのです。

簡易な認証機構の提供によるコンシューマの取り込み

サービス提供者にとって,今回公開されたGFCの認証機構は魅力です。OpenIDを使ってすら複雑なサーバー実装を必要とした認証が,HTMLファイルとJavaScriptの設置だけで実現できるのです。認証機能を完全に外部にたよることで,Cookieのパラメータでログイン状態を判断し,さらにそれを認可にも用いることで,サービス提供者は開発の手間を劇的に減らすことができます。

それだけではありません。ユーザー獲得の第一関門となるプロフィール項目も連携サービスからインポートできるため,サービス登録の敷居はグッと下がり,通常の登録プロセスを踏ませるよりも遥かに高い確率でユーザーを獲得することができるようになるのです。

ソーシャルグラフを活かした機能

ただプロフィールをインポートするだけなら,OpenIDでも良いかもしれません。OpenIDのIDPからプロフィールをインポートする方法もあります。しかしGFCは,プロフィールだけでなく,ソーシャルグラフをもインポートすることができます。

同じプロバイダに登録しているユーザーはGFC上で自動的に友達として扱われるため,コンシューマはこのソーシャルグラフを生かした様々な機能を提供することができます。

アクティビティストリームによるバイラル効果

せっかく簡単に登録できたり,友達が居ても,サービスを見つけてもらえなければ存在しないも同然です。そこでアクティビティストリームが登場します。

アクティビティストリームは常に友達の最新情報を伝えてくれる,ソーシャルネットワークならではの機能です。mixiの最新日記やFriendFeedのタイムラインを思い浮かべていただければ分かりやすいでしょうか。

GFCのコンシューマとなったサービスは,このアクティビティストリームを通じて,ユーザーの最新情報を伝えるだけでなく,サービスの魅力をユーザーの友達に伝えていくことができます。

FacebookのSocialAdsが一時期話題になりましたが,同じものと思ってもらって間違いありません。ただ広告を見せられるのと,友達が実際に使っている様を見せられるのと,あなたならどちらにサービスの魅力を感じるでしょうか?

図1 アクティビティストリーム(ActivityStream)

図1 アクティビティストリーム(ActivityStream)

著者プロフィール

北村英志(きたむらえいじ)

NTTレゾナントでgooのソーシャル化にコンセプトから携わる。OpenSocial対応に当たっては, OpenSocialCommunityへの仕様提案だけでなく,Shindigへのコード提供も行っている。Google API Expert(OpenSocial)。SocialWeb Japan主催。

URLhttp://devlog.agektmr.com/

バックナンバー

ソーシャル

  • Google FriendConnect API公開の衝撃

コメント

  • それよりもBloggerの日本での普及が先かもしれない

    平成22年11月14日の今日、私はあるBloggerサイトの読者となった。
    そこで、私はFriendConnectに興味を持ち、FriendConnectを検索した。
    Googleが最大のSNSに成りうるのか?という質問自体がナンセンスだから、私はそんな質問はしない。何が一番かということよりも、「多様性」を認識して、可能ならばそれを受け入れることが大事だ。とは言っても、自分が利用しているSNSが世界最大級となれば自分の先見の明にホレボレするのかもしれない。

    また、Googleのブログサービス「Blogger」が今後の日本でどれだけ利用されるのかは、正直、気になる。

    Commented : #1  飯村和夫 (2010/11/14, 07:39)

コメントの記入