ソーシャルウェブテクノロジーに見る,Google Buzzの本当の意味

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

日本時間で2月10日午前3時。Googleがプレス向けのイベントを開催し,新たなプロダクトGoogle Buzzを発表しました。

事前の噂では,⁠TwitterやFacebookに対抗することを目的とした,Gmailに追加される新たなソーシャル機能」と言われていましたが,Google Buzzは,Gmailが持つコンタクトリストをベースにし,Twitterを含めた各種ウェブサービスのフィードをアグリゲートするFriendFeedやCliqsetに近い,見た目としてはミニブログのようなサービスです。

図1 Google Buzz

画像

ウェブ上では既に「流行る・流行らない」⁠Twitterに置き換わる・置き換わらない」といった評価が行われていますが,ソーシャルウェブのテクノロジーを追いかけてきた筆者には,サービスそのものを見ただけでは語り尽くせない,想像以上のコンセプトを持った意義深いものとして映っています。

本稿では,Google Buzzで使われているテクノロジーから,なぜBuzzがGoogleのいちサービス以上の意味を持つのか,その狙いと未来について解説します。

Googleのこれまでのソーシャルに対する取り組み

Buzzを考える前に、Googleのこれまでのソーシャルに対する取り組みを振り返ってみましょう。

GoogleというとorkutやOpenSocial,FriendConnect,Waveが一般的には挙げられますが,実際にはあまり目立たない形でソーシャル化が行われてきました。特に,Gmailが持つアドレス帳機能(つまりGoogle Contactsに連絡先情報を集約したもの)をソーシャルグラフとすることで,様々なサービスの利便性向上を図っています。いくつか実例を挙げましょう。

Google Readerのオートインクリメント機能

Google Readerでは他の人が共有したフィードエントリを購読することができます。購読対象は,Google Contactsのアドレス帳からであれば簡単に探すことができるオートインクリメント機能が備わっています。これはGoogleソーシャル化のひとつの例と言えます。

図2 Google Readerのオートインクリメント機能

画像

Google Docsの共有機能,そしてソーシャルファイルシステム

Google Docsでも同様に,作成したドキュメントやスプレッドシートを共有する際にContactsが活躍します。相手を指定して見せることができるだけでなく,閲覧のみ,閲覧・編集といった権限の付与も行うことができます。

また,最近追加された「どのファイルでもアップロードできる」機能により,Docsはストレージとしても将来,実質的な「ソーシャルファイルシステム」になるという可能性を示唆しました。これはChrome OSが実用化された時,もしくはDropboxライクなクライアントソフトが登場した時にベールを脱ぐ,Buzzも含めたGoogleのソーシャル化が持つ大きな一面です。詳しくは著者のブログをご覧ください。本稿を読み終わってからこのことについて考えると,もっと面白いと思います。

Androidとの連携

他に分かりやすい例では,Androidとの連携もGoogleのソーシャル化の事例として挙げられます。Google ContactsはAndroidと連携することで,そのまま電話帳として利用することができるのをご存知でしたか? 電話帳は単なるインポートやエクスポートではなく,完全に同期します。iPhoneでも設定すればアドレス帳を連携させることが可能です。Google Talkのメンバーリストも完全同期しているということも,忘れてはいけません。

いかがでしょう? このように,Googleは一般的なSNSのような交流の延長としてのソーシャルではなく,より実用的な,ユーティリティとしてのソーシャルに,実はかなり戦略的に取り組んできたことが分かります。また,GmailやGoogle Talkと密接に連携してきたことから,実はFacebookを上回るリアルさを持っている可能性があることも特筆に値します。

ソーシャルメディアとしてのGoogle Buzz

さて,そんなGoogleがBuzzを始めるに当たり,Gmailというステージを選んだのはなぜなのでしょう?

最近はソーシャルメディアマーケティングということが盛んに言われ,FacebookやTwitter上での宣伝活動を行う企業が急増しています。実際に行われているマーケティング手法として,企業がいちユーザーとしてサービスに紛れ込み,ユーザーと交流して構築した信頼関係をベースに広告やキャンペーンをクチコミしてもらう,というものが挙げられます。日本でもTwitterの注目度が高まり,カトキチの事例やUCCの炎上も記憶に新しいでしょう。

このように,ソーシャルメディアはマーケティングの場としても注目されるほど,影響力の強いものに育ってきました。Buzzの場合,先に述べたような理由から,より結びつきの強いソーシャルグラフが形成されていることもあり,その影響力は想像以上のものを秘めている可能性があります。だとしたら,それを生かす場として,Gmail以上の場所があるでしょうか?

とはいえ,いくらユーザーに接してもらったところで,価値のない情報ばかり流れたり,誰も投稿しないミニブログでは,邪魔になるだけです。それでもなお,GoogleがBuzzをGmailに組み込んだのは意味がありそうです。

Google Buzzはソーシャルメディアプラットフォームである

Google Buzzは単体でも,記事や位置情報,写真などを投稿することができますが,実はGoogle ReaderやPicasa,YoutubeといったGoogleの持つサービスに加え,TwitterやFlickr,一般的ブログサービス(RSS)といった外部サービスのフィードも取り込み,FriendFeedのように表示する機能が備わっています。

現段階でBuzzのフィード取り込み機能は,単純にRSSやAtomを定期的に読み込むことしか考慮されていないようですが,実は既にAPIも公開されています。内容はまだ絵に描いた餅の状態ですが,実際に使われ始めると,リアルタイム更新やコメントの同期など,さらに柔軟な機能が備わっていく内容になっているようです。Buzz APIを使えば,ブログ記事に「この記事についてBuzzする」というボタンを付けたり,ブログコメント欄をそのままBuzzに連携したり,といったことが可能になるでしょう。

こういったAPIの利用方法は,既にTwitterやFacebookでも行われてきていますので,媒体価値の高いGmailに情報が送れるとなれば,ディベロッパーやマーケターが取り組む価値を見出すには,それほど時間はかからないでしょう。

つまり,Google Buzzは,単体としてTwitterのようなつぶやきを行うためのサービスとして使えるだけでなく,外部ディベロッパーが関わり,APIを活用することで,初めて真価を発揮するサービスだと言えるのです。

さてここからは,APIを掘り下げることで,Buzzに潜むさらに壮大なコンセプトを探ってみます。

著者プロフィール

北村英志(きたむらえいじ)

NTTレゾナントでgooのソーシャル化にコンセプトから携わり,日本初のOpenSocialコンテナ立ち上げを行った。SocialWeb Japan主催,Google API Expert(OpenSocial),Apache Shindigコミッターでもある。

URLhttp://devlog.agektmr.com/

バックナンバー

ソーシャル

  • ソーシャルウェブテクノロジーに見る,Google Buzzの本当の意味

コメント

コメントの記入