新春特別企画

プロ生ちゃんが聞く! 2014年のプログラミング言語動向

この記事を読むのに必要な時間:およそ 6.5 分

C++

慧 続いてC++! C++については,⁠プロ生」でもおなじみ,そしてC++標準化委員会メンバー,Microsoft MVP for Visual C++のεπιστημηさんに聞いてみよう!

C++の2013年はどんな年でした?

2013年のC++のトピックを聞かせてください!

επιστημη 僕はWindows以外にはちょっと疎いのでWindows中心の話になっちゃうけど,2013年トピックはやっぱりWindows 8.1とVisual Studio 2013でしょうね。その中でC++つまりVisual C++に絡んだところでは,C++11対応がより進んだのがC++屋の僕には嬉しかったトコ。

LinuxやMacで使われているコンパイラ:gcc/clangに比べてVisual C++はC++11対応が遅れてて歯がゆい思いだったんだけど,ようやく追いついてきたかな。まだもう一歩ではあるんだけどね。

⁠C++11」って何?

επιστημη 2011年にリリースされたC++国際標準のこと。C++11はほぼ10年ぶりの大きな改定で,便利な機能が盛りだくさんなのね。で,Windows 8/8.1ストアアプリを書くための言語C++/CX でC++11の機能がほとんどそのまま使えちゃう。

おおー,C++/CXっていうのもあるんだね!

C++の2014年を教えてください!

お話を聞いている感じだと,C++11はある程度使えるようになって来てるみたい。じゃあ,2014年のC++はどうなりそうですか?

επιστημη C++11のさらにその次,C++14が予定されてる。もちろん2014年版C++のコトね。国際標準対応が遅れ気味だったVisual C++だけど,アップデートが以前よりずっと頻繁に行われるようになってきてて,11月にもCTP(Community Technology Preview: お試し版)がリリースされてる。

ちょろっとインストールして遊んでたんだけど,C++11, 14対応が着々と進んでるし,C++/CXがC#/VB.NETに比べて見劣りのしてた非同期処理のサポートにも着手してくれてるみたい。これを契機にC++やC++/CXでアプリを書くプログラマがもっと増えてくれないかと期待してるんだけどね……慧ちゃんもどう?

C++14もC++/CXも,おもしろそう! ……なんだけど,ちょっと難しそうかも。また,勉強会で教えてくださいね!

επιστημη

C++標準化委員会メンバー,Microsoft MVP for Visual C++ 2004 -。
大手電機系のなんでも屋さん。今年の目標は……C++/CXでストアアプリをお披露目したいなー。

Twitter:@epitwit

JavaScript & TypeScript

慧 次はみんな大注目(?)のJavaScriptについて。日本マイクロソフトエバンジェリストの井上 章さんに聞いてみるよー♪

JavaScriptの2013年はどんな年でした?

JavaScriptの最近の状況を教えてください!

井上 ここ最近は,JavaScriptではなくjQueryを書くと言ってもいいくらいにjQueryがデファクトスタンダード化している状況です。こういった単なるJavaScriptライブラリに対しての話題はひと段落した一方で,昨年あたりからは,フロントエンド側でどのようなJavaScriptフレームワークを使うか,といったところに本格的に話題の中心が移りました。特に,Angular.js, Backbone.js, Knockout.jsといったあたりが代表するJavaScriptフレームワークになっているようです。

いろんなフレームワーク増えたよね。私が注目しているのは,Angular.jsかな。

井上 JavaScript必須のWeb開発において,特に大規模なWebアプリケーションでJavaScriptのコーディング量が増える中では,各種JavaScriptフレームワークが使われるのも当然の流れでしょう。読みやすくメンテナンスしやすいコードで如何に生産性を上げるかといった課題は,いつの時代もプログラミングの世界では出てくるものです。JavaScriptにおいても本格的にそういったフェーズに入っているといえるのではないでしょうか。

TypeScriptの2013年はどんな年でした?

慧 JavaScriptのコードに変換できる言語もいろいろ出ているよね。そのあたりの話はどうな……わっ!? 誰っ?

ウェブマトリクスマン 続きは私から紹介しよう!

jQueryに加えて,Angular.js, Backbone.js, Knockout.jsなどを使ったとしても,言語としてJavaScriptを使うことに変わりはないのだ。そこで,JavaScript言語そのものに不足している言語仕様やウィークポイントを補う形で,TypeScriptやHaxe, CoffeeScript, Dartなどの俗にいうaltJSと呼ばれる部類の言語に注目が集まってきているのもここ最近のトレンドだぞ!

これらの言語は静的型付けシステムを利用できることが特徴の一つで,その中でもTypeScriptではC#やJavaなどに慣れた開発者がなじみやすい言語仕様のもとでコーディングすることができるのだ。グッドな仕様だな。そして,そのTypeScriptコードがコンパイラによってJavaScriptに変換されるため,最終的にWebブラウザで実行されるのはJavaScriptなのだよ。

というわけで,Webアプリケーションのクライアント側でJavaScriptさえ動けば,実行環境にほとんど依存せずにTypeScriptを利用することができるのだ。既にTypeScriptを実案件で使用している事例も多く出てきていいるぞー。刮目すべし!

緑のタイツ……。

JavaScriptの2014年を教えてください!

最後に,今年はどんな年になりそうですか?

井上 2013年12月にTypeScript 0.9.5がリリースされ,いよいよ1.0が間近になってきたこともあり,今年はTypeScript採用の流れが一層加速しそうですね。

先にお話ししたJavaScriptフレームワークに加えて,TypeScriptを代表としたaltJS系の言語が一段と注目されるのではないでしょうか?

ウェブマトリクスマン ちなみに,無償開発環境のWebMatrixは,JavaScriptやJavaScriptフレームワーク,そしてTypeScript,CoffeeScriptなどaltJSやCSS(LESS)⁠Jadeにも対応している優れモノだ。

井上 章(チャック)

日本マイクロソフト株式会社 エバンジェリスト。
ハードウェア設計に始まり,Z80プログラミング,C++/MFC/ATLプログラミング,そしてASP.NETをベースとしたWeb開発や,各種書籍執筆などのエンジニア人生を経た後にマイクロソフトに入社。現在は,ASP.NETやWindows Azure, Visual Studioを中心とした開発テクノロジーのエバンジェリストとして,高校時代に付けられたあだ名⁠チャック⁠を使って活動中。

Twitter:@chack411

ウェブマトリクスマン

Webの世界に颯爽と現れた電子のおっさん妖精。マイクロソフトの無償開発ツールWebMatrixの啓発活動にいそしむ。マイクロソフトのWebサイトで謎の活動を行っていたが,マイクロソフトから正式に非公認となりWebサイトから追い出された過去を持つ。

Twitter:@WebMatrixMan

Java

慧 次はJava! 30億のデバイスで走るJavaのトレンドも外せないよね。日本オラクルJavaエバンジェリストの寺田佳央さんに聞いてみよう!

Javaの2013年はどんな年でした?

去年のJavaの動向について教えてください!

寺田 2013年,JavaはエンタープライズJavaの最新版Java EE 7が正式にリリースされ,世界だけでなく日本でも数多くのJava開発者が注目した年でした。そして,新しいエンタープライズJavaに対する期待が現実に変わった年でもありました。

Java EE 7はHTML5対応等,最新のトレンドに対応する技術が含まれ,一つ前の Java EE 6のリリース時に比べて注目度は非常に高く,多くの開発者がリリース前から機能評価を行っていました。またコミュニティ主導の勉強会においても,勉強会での登壇者,情報発信者も増え,参加者も回数を重ねるごとに多くなり,まさにJava EEの広がりを感じた年でした。

ふむふむ。Javaの人気を感じるね。

寺田 また,2010年にSunとOracleが統合した直後Javaの将来を危ぶむ声も聞こえましたが,この3年間でJava業界を取り巻く環境は,そうした声がまるで無かったかのように活発さを取り戻し,今また,Javaがとても元気になってきたと改めて実感した1年でした。

実際,Javaコミュニティ主催の勉強会は,夜や休日に開催しているにもかかわらず,毎回多くの方々に参加していただいております。お忙しい中,時間調整の上ご参加いただいた皆様,そしてご登壇者には心より感謝しております。

コミュニティが活発なのは嬉しいな♪

Javaの2014年を教えてください!

今年のJavaはどんな感じになりそうですか?

寺田 2014年は,Java SEの年になるといっても過言ではないでしょう。春にJava SEの最新版,Java SE 8がリリースされる予定です。

Java SE 8ではProject Lambdaの成果によって,JavaでもLambda式が扱えるようになります。これは今までのJavaのリリースの歴史においても最も大きな言語仕様の変更の一つになりますが,導入するメリットは必ずあります。

Lambda式を待っていた人は多そう!

寺田 元々,マルチコアCPUの環境において並列処理を行うための実装をより簡単に記述できるようにと導入された背景があるため,並列処理をより簡単に実装するための改良が施されています。これらの改良には言語仕様,つまりプログラムの書き方の部分だけではなく,コレクションAPI等の既存のライブラリにも及んでいます。

多くの開発者は,こうしたライブラリと共にJavaのLambda式と触れることになるかと思います。去年のJavaの祭典であるJavaOne 2013 San FranciscoでJavaのチーフ・アーキテクトが「Java is Back」と言いましたが,まさにJavaが戻ってき,そして新しいJavaの時代が到来しようとしています。

今年のJavaは,要チェックだね!

寺田 はい,既にJavaのコミュニティやJavaの有識者の皆様が,開発者プレビュー版を利用して,Java SE 8に関する技術情報を発信してくださっています。Java SE 8について詳しく学びたい方は,そうした情報をご参照頂くか,もしくは日本Javaユーザ・グループへご参加いただき,ナイト・セミナー等を有効活用してください。

ありがとうございました!

寺田佳央

日本オラクルでJavaエバンジェリストとして活動中。Sun Microsystems時代からWeb関連製品のエバンジェリストとして活動し,各種イベントで多数の講演を実施。

Twitter:@yoshioterada

著者プロフィール

暮井 慧(プロ生ちゃん)

都内の公立高校に通う女子高生。部活は,情報処理研究会。身体を動かすのも好きで,気が向いたときはなぜか体育会系の部活に混ぜてもらっていろんなスポーツをすることも。IT・開発系コミュニティのプログラミング生放送のキャラクターとして活動中!

サイト:http://pronama.azurewebsites.net/pronama/
Twitter:@pronama