Swift移行時に引っかかりそうなことを解決する!

第1回 Swiftを学ぶための情報源とPlayground

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

PlaygroundでSwiftを試す

ある程度知識がつけば,Swiftで実際にプログラミングしてみたくなりますよね? Appleは,Swiftを簡単に試すことのできる「Playground」を提供しています。

PlaygroundはXcodeに組み込まれているSwiftの実行環境で,エディタでSwiftのプログラムを書くと,ほぼリアルタイムにその実行結果を表示してくれます。WWDCのKeynoteでも紹介されていたので,ご存知の方も多いと思います。

Playgroundを使えば,Swiftの挙動を確認するためだけにiOSのプロジェクトをビルドして,デバッグコンソールでその結果を確認する,といった作業は不要です。初めのころには,Swiftの仕様を理解するためによくPlaygroundを活用しました。

PlaygroundはXcodeのメニューから,⁠File][New][Playground...]⁠ を選択するとすぐに試すことができます

図1 PlaygroundでSwiftを試す

図1 PlaygroundでSwiftを試す

Swiftでは,文字列演算が非常に簡単になりました。たとえば文字列の連結を試してみましょう。一番下の行を追加します。

// Playground - noun: a place where people can play

import UIKit

var str = "Hello, playground"
str += " world!"                // ←追加

追加した最後の行の右側,プレビューのエリアに「"Hello, playground world!"」とリアルタイムに表示されたかと思います(ちなみにSwiftでは,文字列の先頭の「@」は不要です)⁠

図2 文字列の連結を試す

図2 文字列の連結を試す

このように,実行結果が即表示されるため,ストレスなくSwiftの挙動を試すことができます。

また,このPlaygroundは単にテキストの出力だけではなく,グラフやグラフィックスを出力することが可能です。

図3 グラフを出力

図3 グラフを出力

図4 グラフィックを出力

図4 グラフィックを出力

これ以外にも,XCPlaygroundというフレームワークが用意されており,非同期処理や高度なアニメーションなども実行できるみたいです。詳しくは,Appleが提供しているドキュメントSource Editor HelpExploring and Evaluating Swift Code in a Playgroundや,Playground Referenceを参照してください。

次回は……

今回ご紹介したように,Swiftを学ぶための情報は充実してきており,Xcodeも以前に比べると断然安定してきています。また,Playgroundを使って,試しながら学べる環境もあります。そろそろSwiftに移行しても良いかなと思われたのではないでしょうか?

次回は,Swift言語仕様について,Objective-Cとの違いとSwiftの新機能を紹介したいと思います。

著者プロフィール

ogaoga

電機メーカーでソフトウェアエンジニア,UIデザイナーとして様々なプロダクトの開発に従事。現在は,IT企業でフロントエンドエンジニアとして,社内の開発環境の整備や標準化などを推進している。趣味でiOSアプリやWebアプリを開発。

コメント

コメントの記入