Google Chrome版Firebug:デベロッパーツール取扱説明書

第4回 ウェブ開発を助ける拡張やノウハウ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

Google Chromeのデベロッパーツールを解説してきたこの特集も今回で最終回となります。今回はデベロッパーツールの機能をまとめつつ,ウェブ開発に役立つ拡張機能など周辺の情報もまとめていきます。

各ブラウザの開発者向けツールの機能比較

まず,主要ブラウザの開発者向けツールの主要機能を比較してみます。

ブラウザ・バージョンChrome 6Safari 5Firefox 3.6Opera 10.6IE 9 pp4
ツール名デベロッパーツールWeb インスペクタFirebugOpera Dragonfly開発者ツール
HTMLの編集×(属性の追加のみ)
CSSの編集◎(ルールの追加だけでなく,コード自体を編集可能)
要素のレイアウト解析
要素のプロパティ
要素のイベント×(Add-onで可能。Firefox 4以降でも可能になる見込み)××
ネットワークの監視
ステップ実行
変数のウォッチ
条件付きブレークポイント××
JavaScriptのプロファイリング×
Cookieの表示×(FireCookieで可能)×
WebStorageの表示××
JavaScriptコンソール△(1行のみ)△(1行のみ)△(1行のみ)
カラーピッカー×(拡張で可能)××(Add-onで可能)×
パフォーマンス分析×(Add-onで可能)××
拡張性××○(Add-onで拡張可能)××

デベロッパーツールの機能が基準となっている面も少なからずありますが,間違いなくデベロッパーツール・Web インスペクタは開発者向けツールの中で最も多機能な開発者向けツールといえます。

ただし,FirefoxのFirebugについてはAdd-onと連携することで機能を追加できるため,総合的にはFirefoxに一日の長があります。なお,Firebug用のAdd-onはFirebug Extensions - FirebugWikiなどから見つけることができます。

デバッグ時の注意点・ノウハウ

起動オプションの指定

Chromeではオプション項目にない設定を起動オプションで指定するという方針を取っています。起動オプションで指定するオプションでは,試験的に導入されている機能を試したり,特定の機能を無効にしたりすることができます。

まず,アドレスバー(OmniBox)に about: とだけ入力して決定します。すると次のようなページが表示されます。

画像

このコマンドラインの部分に表示されているのがアプリケーションのパスです。OSのコマンドラインからこのパスに起動オプションをつけて実行すれば起動オプションを指定してブラウザを起動できます。

Windowsでは,ショートカットアイコンのプロパティから「リンク先」に起動オプションを追加して置くとよいでしょう。

起動オプションを指定して起動した場合(当然ですが,一旦ブラウザを終了する必要があります)⁠次のように表示されます。

画像

ローカルファイルの扱い

ChromeにてローカルファイルのJavaScriptのデバッグをする際は,ドメインの制限に注意が必要です。Chrome 6ではローカルファイルを別ドメインのファイルとして扱うため,XMLHttpRequestなどのクロスドメイン制約に引っかかってしまいます。それを回避する方法として,allow-file-access-from-filesという起動オプションがあります。

拡張機能の干渉

Chromeの拡張機能はウェブページのJavaScriptとは別のコンテキストで実行されるため,お互いが直接干渉しあうことはありませんが,要素を介して影響が出たり,拡張機能からウェブページ側のコンテキストでJavaScriptを実行することも可能なので,場合によっては影響が出てしまうこともありえます。

手軽に拡張を無効にしてウェブページを開くには,シークレットモードを使う方法があります。シークレットモードでは許可した拡張以外は起動しないため,本来のページを表示できます。

また,起動オプションで --user-data-dir="「パス」" を指定することで「パス」をプロファイルフォルダとしてChromeを起動することができます。⁠パス」には../で始まるような相対パスを使用することもできます。

各種機能の無効化

検証時には,JavaScriptや各種プラグインなどを無効化した状態での検証も必要な場合があります。オプションの高度な設定のコンテンツからそれらを制御することが可能です。もしくは起動オプションで機能自体を無効化することも可能です。

例えば,ブラウザ全体でJavaScriptを無効にする方法として,起動オプションで --disable-javascript を指定するという方法があります。

aboutページ

主に開発者向けに便利なページが幾つか用意されています。それらはアドレスバー(OmniBox)に about:about と入力すると一覧を表示できます。

画像

なお about:net-internals や about:plugins などはそのままクリックすると空白のページが表示されてしまいますが,新しいタブで開くと正常に機能します。

そして,about:net-internals はネットワーク関連の情報を詳細に調べることができるため,WebSocketなどのデバッグ時に重宝します。

また about:plugins はFlashやPDFなどのプラグインを個別に制御できるため,やはり有用です。

著者プロフィール

太田昌吾(おおたしょうご,ハンドルネーム:os0x)

1983年生まれ。JavaScriptをメインに,HTML/CSSにFlashなどのクライアントサイドを得意とするウェブエンジニア。2009年12月より、Google Chrome ExtensionsのAPI Expertとして活動を開始。

URLhttp://d.hatena.ne.jp/os0x/

コメント

コメントの記入