速報!2007 JavaOne Conference

ついにJavaOneが開幕! -OpenJDKリリース,JavaFX,JavaFX Script,JavaFX Mobileがデモ(動画あり)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

現地時間2007年5月8日,世界最大のJava開発者向けのイベント「2007 JavaOne Conference」が開幕しました。今回で12回目の開催となります。

“Don't be shy”とともに

総合司会は,おなじみのSun Mycrosystems チーフリサーチャー John Gage氏。オープニングは,いつもの「Don't be shy」というコメントとともにイベント内での参加者同士の交流を促しました。

キーノート壇上に立つJohn Gage氏

Gage氏はオープニングトークとしてJavaの小型デバイスへの適用が進んでいることを紹介しながら,次のスピーカーであるRich Green氏へと引き継ぎました。

OPEN―POSSIBILITIES

今回のテーマは「OPEN― POSSIBILITIES」。オープンであることとその可能性を意味するもので,ここ数年のSunの動きを象徴するキーワードと言えます。

Rich Green氏

Rich Green氏は2006年のJavaの動きを紹介し,とくに11月のオープンソース化が1つのターニングポイントであったと振り返りました。また,この12年間で開発者は600万人に上り,さらに年々開発参加者が増えていることを数字とともに紹介しました。

GlassFish v2

前段の後,まずSunが発表したのがGlassFish-オープンソースのJava EE 5のリファレンスインプリメンテーション/アプリケーションサーバです。最新のバージョン2では,JRubyを標準で実装しているほか,Solaris,Windows,Linux,Mac OS Xと複数のプラットフォームで動作することが保証されています。また,次世代ネットワークであるiMSへの拡張なども行われています。

GlassFishのデモには,Ericcson VP Marketing & Business Development, MultimediaのMartin Harriman氏が登壇し,同社のシステムにGlassFishの製品の1つ,Sun Java System Communications Application Serverが利用されていることを紹介しました。

Real Time Java

次のトピックはReal Time Java。この技術はSunが古くから積極的に取り組んでいるもので,今回はNASDAQ Chief Information Officer,Anna Ewing氏をプレゼンターとして招待し,NASDAQのシステムにRTJが採用され,その実用性の高さをアピールしました。ちなみに,現在,NASDAQのシステムで発生しているトランザクションは15万378/秒とのこと。

Digital Entertainment

続いてDigital Entertainmentをトピックとして,SONY Playstation 3やBru-ray Disc,STBへのJava実装が着実に進んでいることを,ゲストのSONY Vice President of Production Operations Digital Authoring CenterのTom Hallman氏とともに説明しました。SONY Playstation 3については,とくにその映像の表現力の豊かさをアピールしました。

Playstation 3のJava実装デモ

NetBeans 6

Green氏スピーチの前半最後のトピックとして取り上げられたのが,オープンソースのJava IDE,NetBeansの最新版「NetBeans 6」です。2006年1年間でユーザ数が92%増加し,さらに最新のNetBeansではJRuby 1.0,JavaScirptの標準サポート,モジュラパックの用意などが行われるとのこと。

コメント

コメントの記入