速報!2007 JavaOne Conference

Javaテクノロジの見本市 -会場展示+JavaOne Pavilion探訪

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

JvaOneレポート第2回は,展示製品の紹介やJavaOne Pavilionの模様を中心にお届けします。

Project Blackbox

今回のJavaOne Pavilionの中で一番目立っているのが,「Project Blackbox」の展示でした。

Project Blackboxは,Sunが提供する移動可能なデータセンターソリューションです。2006年10月に発表され,プロトタイプの製作が進められていました。今回初めて一般向けに公開されまたした。

今回のプレスツアーを担当したProject Blackbox Sr. Product ManagerのMaurice Cloutier氏。後ろがProject Blackboxで提供されるデータセンター環境。

Maurice Cloutier氏

20フィートサイズのコンテナ内に,電源,ネットワーク,サーバ,その他各種インフラがすべて整っています。構成は,コンテナ部分と電源部分に分かれており,コンテナ側にはサーバを設置するラックの他,ネットワークや電源ケーブル,水冷装置などが用意されています。また,機器を制御するコントロールパネルは入り口にまとめられています。

コンテナ内部。人が1人やっと通れるぐらいの広さです。

コンテナ内部

※音が鳴ります。ご注意ください。

Project Blackboxのコントロールパネル

コントロールパネル

すでに商用版も完成しており,最初の導入はStanford大学で採用されることが決まっています(2007年第3四半期)。今後の提供は,Sunからの直接販売の他,リースやレンタルなどのオプションも用意しているとのこと。提供価格は50万USドル以下に抑えたい意向があるそうです。

当面のターゲットは,HPCの分野をはじめ,高スペックシステムを必要とする企業や組織,中でも,現在すでにデータセンターを利用していて,さらに追加で増やしてきたいシーンを想定しているところとのこと。  Project Blackboxは,データセンターそのものを提供する,という斬新なコンセプトの下,発表当初から注目されていました。整備されたインフラ,限られた場所にも設置可能といった特徴は,今後日本でのニーズも高まることが予想されます。  詳細な仕様についてはオフィシャルサイトをご覧ください。

Project Blackboxオフィシャルサイト
URLhttp://www.sun.com/emrkt/blackbox/

コメント

コメントの記入