事例でわかる,プロジェクトを失敗させない業務分析のコツ

第4章 EAとその他の業務分析手法について

2008年9月16日

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

業務分析も含めた情報システム全体構築の手順としてEnterprise Architecture(EA)があります。最後にまとめとして,今回紹介したUMLを含め,EAで定義されている各モデリング手法についてざっと説明します。どの手法を使う場合も,第1章で触れたポイントを押さえておけば,要求分析でつまずく可能性は格段に下がるでしょう。

1.業務参照モデル(BRM:Business Reference Model)

対象となる組織内で行われている業務を体系的に整理するとともに,雛形となる業務モデルを作成します。BRMの中心となるのが業務分類(LOB:Line Of Business)で,業務分類に従った現行業務の分析やモデルを作成しますまた,BRMで作成したLOBが他の参照モデルを活用するための索引となります。

BRMでは,各対象組織で業務システム化されているかの一覧を作成します。この一覧は業務システム間の関連や共通業務の抽出とその方向性の明確化を行うことができます。

2.データ参照モデル(DRM:Data Reference Model)

対象となる組織内で共有される可能性の高いデータ・情報について,名称,定義および各種の属性(型,桁数など)を統一的に記述したモデルです。各組織内の業務システムで,データの共有,再利用,共有化などを図るため,共通で一貫性のある分類・記述方法を策定し,個々のデータ体系(DA)を作成する際に参照すべき標準を作成します。これにより,各組織間で統合されたデータ,情報の構築が可能となります。

3.サービスコンポーネント参照モデル(SRM:Service component Reference Model)

アプリケーションを機能(サービス)の観点から標準化し,再利用を可能とするためのモデルです。アプリケーションを機能的な側面からソフトウェア部品(コンポーネント)として分類,体系化して公開することで,新しいシステムを開発する際に必要な機能を実現するコンポーネントを探しやすくします。

コンポーネントにはいくつかの粒度(大きさ)があり,サービスコンポーネント参照モデル(SRM)が一般的に規定されているコンポーネントの粒度には以下の4つがあります。

分散コンポーネント

最小粒度のコンポーネントであり,明確なインターフェース,およびインターフェースと分離された実装から構成され,提供されます。

ビジネスコンポーネント

ひとつの自立したビジネス機能を実装したコンポーネントで,自律的なビジネスプロセスやビジネスコンセプトを提供します。

ビジネスコンポーネントシステム
ビジネスコンポーネントの集まりで,複数のビジネスコンポーネントが連携してビジネス機能を実現するための機能一式が提供されます。
連携コンポーネント
ビジネスコンポーネントシステムの集まりで,複数のビジネスコンポーネントシステムが連携してビジネス機能を実現するための機能一式が1つのビジネスコンポーネントシステムとして提供されます。

4.技術参照モデル(TRM:Technical Reference Model)

業務システムの構築・運用において,以下の3点を技術アーキテクチャ(TA)として考慮しながら作成します。

  • 相互運用性(Interoperability)
  • 可搬性(Portability)
  • 拡張容易性(Scalability)

そして,作成する技術アーキテクチャを4つに分類して作成します。

アプリケーションソフトウェア

各組織で利用される業務プログラムやオフィス業務で利用されるプログラムが含まれます。

アプリケーションプラットフォーム

アプリケーションソフトウェアが動作するために必要なOS,ミドルソフトウェア,データベース管理システムなどが含まれます。

外部環境

ネットワークやディスクなどのハードウェアが含まれます。

共通基盤

セキュリティや管理など全体を通して構築される情報システムの基盤を指します。これらはさらに個々の技術レベルまで細かく細分化されそれぞれがサービスとして提供されます。

EAについては経済産業省から「EAの主要概念」として公開されています。詳細については下記URLを参照してください。

経済産業省 EAの主要概念
URL:http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/ea/gainen/index.html

また,EAで定義はされていませんが,業務分析手法として以下の手法もあります。

著者プロフィール

露木敏博(つゆきとしひろ)

1966年神奈川県横浜市生まれ。1990年,株式会社日立システムアンドサービス(旧日立システムエンジニアリング株式会社)に入社。

流通系SE,営業所駐在SEなどを経て,2003年から生産技術部門で.NET技術に関する技術支援業務に携り,.NET技術に関する各種基準書および標準化,設計ガイドなどを作成。

マイクロソフトMVPアワードプログラムよりDevelopment Platforms - ASP/ASP.NETのカテゴリで2008年7月よりMVPアワードを受賞。

コメント

コメントの記入

ピックアップ

EC事業者が注目,.shopドメインとドメイン名をとりまく新たな流れ

インターネットの可能性を広げる新たな動きが,ドメイン名をめぐって起こりつつあります。

エンジニア特化型Q&Aサイト「teratail」のトップランカーたちが語る,確実な力を付けるための“質問力”

エンジニア特化型Q&Aサイト「teratail」のトップランカーの方々に集まっていただき,座談会を開催しました。

Webサイトに“安心”をプラス―知らないでは済まされないSSLサーバ証明書の仕組み

いまやユーザといえでも必須の知識となったWeb通信の暗号化と,その信頼性を確保するための「SSL証明書」のしくみについて紹介します。

リクルートライフスタイルの技術力を追え!

ビジネスを拡大し続けるリクルートライフスタイルの技術力を,編集部の徹底取材により紐解きます。

開発スピードに限界を感じたときの処方箋

「JIRA」をはじめとするアトラシアンのツール群。多くのオープンソースソフトウェアを継続して提供する支えとなっている使い易さを探ってみます。

デジタルコンテンツを日本から世界へ―MyCommerceで始める越境EC

自社開発ソフトウェアを海外も含めてオンラインで販売したいというニーズに即したサービス「MyCommerce」を用いて,誰もが手軽に越境ECを実現するためのノウハウを紹介します。

バックナンバー

No12(2009.04)

今回のSoulHackで主に取りあげるのは,梅田望夫の「ウェブ時代をゆく」という本です。

No11(2009.03)

今回のSoulHackで取りあげるのは,阿部謹也の「世間学への招待」と他1冊の本です。

No10(2009.02)

今回のSoulHackで取りあげるのは,山本七平の「空気の研究」という本です。

No9(2009.01)

今回のSoulHackで取りあげるのは,アーノルド・ミンデルの「紛争の心理学」という本です。

No8(2008.12)

今回のSoulHackで取りあげるのは,河合隼雄氏の「カウンセリングを語る」という本です。

No7(2008.11)

特集:2008年度日本OSS貢献者賞受賞者インタビュー

No6(2008.10)

特集:エンジニアの実践的キャリアアップ思考法

No5(2008.09)

特集:事例でわかる,プロジェクトを失敗させない業務分析のコツ

No4(2008.08)

特集:ゼロからはじめるPSP

No3(2008.07)

特集:今こそ使える! プロトタイピング

No2(2008.06)

特集:「開発スタイル」開発法

No1(2008.05)

特集:エンジニアが身につけたい基本スキル 2008

-->