jQueryではじめるAjax

第3回 Youtube APIとjQueryを使いこなす

この記事を読むのに必要な時間:およそ 16 分

今回は,Youtube APIを掘り下げて説明します。また,サンプルの機能を拡張して,jQueryの使い方をより詳しく説明します。

Youtube API - フィード

データの種類

Youtube APIでは,使い方に応じたデータが用意されています。フィードをリクエストするURLのprojectionの部分にどのようなデータを返してほしいかを指定します。

http://gdata.youtube.com/feeds/projection/videos

現在のところ,projectionは2種類用意されています。

表1 projectionの値

projection説明
api ytスキーマやmediaスキーマ等の全ての拡張要素を含んだデータを返します。全てのプロパティはテキストです。通常はこちらを使います。
base いくつかの拡張要素が除かれたデータを返します。summaryプロパティやcontentプロパティにはHTMLが含まれています。フィードリーダなどに読み込ませるときなどに使います。

たとえば,検索結果を表示する簡単なアプリケーションのために,整形されたHTMLを含むデータを取得するには次のように指定します。

http://gdata.youtube.com/feeds/base/videos

フィードの種類

データを取得するフィードは数種類あります。

通常はVideoフィードを使えば十分ですが,投稿者の情報やコメントの情報等を取得するフィードもありますので,必要に応じて使い分けてください。

全てのフィードは読み取り専用であり,認証無しでリクエストすることができます。 また,新しく投稿されたビデオがフィードで取得できるようになるには,インデックス化のため数時間かかります。

Videoフィード

Videoフィードには,ビデオ,関連動画,standard,お気に入り,再生リスト,コメントのフィードがあります。

ビデオフィード

ビデオを検索するには,ビデオフィードを使います。ビデオフィードは,次のURLにリクエストします。

http://gdata.youtube.com/feeds/projection/videos

パラメータを付与して検索条件を指定することができます。使用できるパラメータについては後述します。

たとえば,catというキーワードで,最大件数を10件として検索するには以下のようにリクエストします。

http://gdata.youtube.com/feeds/api/videos?vq=cat&max-results=10
関連動画フィード

関連動画フィードは,videoidにビデオIDを指定して取得します。最大100件まで取得することができます。 関連動画フィードは,次のURLにリクエストします。

http://gdata.youtube.com/feeds/projection/videos/videoid/related
Standardフィード

Standardフィードは,様々な基準でカテゴライズされたビデオを返します。 Standardフィードは,次のURLにfeedidを指定してリクエストします。

http://gdata.youtube.com/feeds/projection/standardfeeds/feedid

feedidは8種類用意されています。

表2 feedidの値

feedid説明
top_rated 評価の高い動画
top_favorites お気に入り登録の多い動画
most_viewed 再生回数が多い動画
most_discussed 最も議論された動画
most_linked リンクの多い動画
most_responded 動画レスポンスの多い動画
(動画レスポンスとは,動画に対する意見を動画で投稿できる機能です)
recently_featured 最近のおすすめ動画
watch_on_mobile 携帯電話のための動画
お気に入りフィード

ユーザのお気に入りに登録されているビデオを取得します。お気に入りフィードは,次のURLにユーザ名usernameを指定してリクエストします。

http://gdata.youtube.com/feeds/projection/users/username/favorites
再生リストフィード

再生リストのビデオを取得します。再生リストフィードは,次のURLに再生リストIDplaylistIDを指定してリクエストします。

http://gdata.youtube.com/feeds/projection/playlists/playlistID

ユーザ再生リストフィードを使うと,ユーザが登録している再生リストIDを取得することができます。

コメントフィード

ビデオのコメントを取得します。コメントフィードは,次のURLにビデオIDvideoIDを指定してリクエストします。

http://gdata.youtube.com/feeds/projection/videos/videoID/comments

ユーザプロファイルフィード

ユーザのプロファイルを取得できます。ユーザプロファイルフィードは,次のURLにユーザ名usernameを指定してリクエストします。

http://gdata.youtube.com/feeds/projection/users/username

ユーザ再生リストフィード

ユーザが登録している再生リストを取得できます。ユーザがプライバシーを「公開」にしている再生リストのみ取得できます。 ユーザ再生リストフィードは,次のURLにユーザ名usernameを指定してリクエストします。

http://gdata.youtube.com/feeds/projection/users/username/playlists

ユーザコンタクトリストフィード

ユーザのユーザコンタクトリストに登録されているユーザを取得できます。 ユーザコンタクトリストは,次のURLにユーザ名usernameを指定してリクエストします。

http://gdata.youtube.com/feeds/projection/users/username/contacts

コンタクトリストはカテゴライズすることができますが,カテゴリで絞り込むには次のようにカテゴリ名categoryを指定してリクエストします。

http://gdata.youtube.com/feeds/projection/users/username/contacts/-/category

ユーザ登録チャンネルフィード

ユーザの登録チャンネルを取得できます。 ユーザ登録チャンネルフィードは,次のURLにビデオIDvideoIDを指定してリクエストします。

http://gdata.youtube.com/feeds/projection/users/username/subscriptions

登録チャンネルには,チャンネル,お気に入りなどを登録することができますが,その種別を判別するにはfeed.entry[n].category[n].termプロパティを参照します。

参考

著者プロフィール

池田正一(いけだまさかず)

仕事ではもっぱらJavaを使い,たまにC/C++を書かされ,WebサービスをRubyで開発するプログラマ。ドラえもん好きでドラえもんSuperDatabaseの管理人。stacktrace.jpにて頭の中のStackを出力中。