Google Earthのコンテンツでリッチな表現を

第3回 オーバーレイ3段活用

この記事を読むのに必要な時間:およそ 6 分

Google Earthのもっとも大きな特徴が,さまざまな画像を現在見ている土地や航空写真に対して,オーバーレイという形で,他の情報やデータを追加して重ね合わせることができる点です。

一口にオーバーレイといっても,単純に張るだけでなく,以下の用途にも利用されます。

  • ユーザの理解の補助
  • フォトアルバム
  • Google Street Viewのような360°写真に囲まれた空間の作成

グラウンドオーバーレイ

グラウンドオーバーレイは,もっともポピュラーに利用されるオーバーレイです。Google Earth上でも作成できますが,他の要素と組み合わせることで面白い表現が可能です。特に,タイムスケール機能と合わせて利用することで,天気図の推移などを表現できます。また,Regionタグとあわせて利用し,高度に合わせて解像度の異なる画像を表示することで,Google Earthでも標準装備している機能を実現することができます(Google Earthでは高度に応じて解像度の違う画像を用意することで,負荷を分散させることが可能です)。

まずは,以下を見てください。地形をONにした状態で,富士山に緑の画像をオーバーレイさせてみました。

図1 富士山にグリーンの画像をオーバーレイ

図1 富士山にグリーンの画像をオーバーレイ

真上から撮影された画像などが用意できれば,地形に合わせてフィットしますので,春夏秋冬の富士山なども実現可能です。

ちなみに,このオーバーレイのコードは以下のようになっています。非常にシンプルなので,あえて解説するまでもありませんが,<altitudeMode>の部分がポイントです。ClampToGroundが常に地面に対して貼りつけ,absoluteで地面を無視して海抜でオーバーレイさせています。また,relativeToGroundでその場所の高さから,altitudeで指定した高さを足した部分にオーバーレイを指定しています。

<GroundOverlay>
  <name>緑富士</name>
  <LookAt>
    <longitude>138.7425424325347</longitude>
    <latitude>35.36321690911843</latitude>
    <altitude>0</altitude>
    <range>12638.6055760699</range>
    <tilt>80.54705036593116</tilt>
    <heading>-40.8359291048434</heading>
    <altitudeMode>relativeToGround</altitudeMode>
  </LookAt>
  <color>b0ffffff</color>
  <Icon>
    <href>green.jpg</href>
    <viewBoundScale>0.75</viewBoundScale>
  </Icon>
  <LatLonBox>
    <north>35.45951218816743</north>
    <south>35.27281740934561</south>
    <east>138.8507857577014</east>
    <west>138.6155125819757</west>
  </LatLonBox>
</GroundOverlay>

使いどころはさまざまで,等高線図をオーバーレイさせてみたり,先ほどの例のように別の航空写真や独自のマップなどなど多岐にわたります。アイデア次第では,何枚も同じエリアに多層構造でオーバーレイさせることで,フロアマップ的なことも可能です。

図2 フロアマップのようなオーバーレイ

図2 フロアマップのようなオーバーレイ

図2のオーバーレイは,緯度経度は全く同じで,それぞれの画像の標高だけを変えて何枚も複写したものです。これにGoogle SketchUpで作成したモデルデータと一致させ,さらにオーバーレイに特定の場所からのビュー(真上など)を追加することで,コンテンツとしてのクオリティが向上します。モデルデータも細かく作り込むみ,リアリティある,ちょっとしたマンション間取り図のようなものまで作れるでしょう。

さらに,このオーバーレイは,地球規模でオーバーレイを貼りつけることが可能です。元となるデータも地球規模となるため,なかなか個人では難しいですが,研究所や公的機関から出されているデータを元に,すでにいくつかリリースされていたりします。代表的なものを紹介しましょう。

図3 Global Cloud Map Overlay 標高600m版

図3 Global Cloud Map Overlay 標高600m版

よく利用されている有名なオーバーレイですが,さらに発展させたもので,オーバーレイが空中に浮いています。そのため,地面側から見上げると雲の様子がわかる優れものです。台風の時期などは,実に面白い様子を見ることができます。

著者プロフィール

郡司裕之(ぐんじひろゆき)

Google Earthを主に取り扱っているウェブサイト「GE Maniacs」の管理人。過去に2冊のGoogle Earthに関する書籍を執筆。一つはGoogle Earth全般の操作に関する書籍,もう一つはKML / COM APIのKMLに関する書籍のKML部分を担当。

無類の地図好きで,夢のツールGoogle Earthを普通に使うに飽きたらず,道具として,また新しい技術習得の土台としての利用を試みている毎日。

URLhttp://virtual.haru.gs/

コメント

コメントの記入