gihyo.jp & Let's Postgres 連動企画 今こそ!PostgreSQL

第7回 PostgreSQL Conference 2009 Japanの見所に迫る

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

今回から数回に分けて,11月20,21日に開催される「PostgreSQL Conference 2009 Japan」について紹介します。

PostgreSQL Conference 2009 Japanとは

PostgreSQL Conference 2009 Japan - JPUG 10th Anniversary Conference -は,日本PostgreSQLユーザ会JPUG:が11月20日(金)から2日間に渡って開催するPostgreSQLイベントです。副題に「JPUG 10th Anniversary Conference」とあるように,今年はJPUG創立10周年にあたり,毎年行われているPostgreSQLコンファレンス以上に力が入っています。本記事ではPostgreSQL Conference 2009 Japanの見所に徹底的に迫っていきます。

2日間/2トラック制

コンファレンスは2日間に渡って行われます。初日午前中の基調講演を除き,両日ともにA/Bの2トラックが並行して走る構成になっています。事前にプログラムをじっくり検討して参加したいトラックを選びましょう。

同時通訳付き

今回,初めて海外からの一般参加を呼び掛けた国際コンファレンスになっています。そのため,初日の一部のプログラム(Aトラック)では,日英の同時通訳が行われ,国際コンファレンスにおけるコミュニケーションがスムーズに行われるような配慮がなされています。

基調講演

初日の午前中は2本の基調講演が行われます。

コンファレンスのオープニングを飾るのは,JPUG片岡理事長による,この10年間のPostgreSQLとJPUG歩みのご紹介です。裏話も交えた,肩の凝らない話になるとのことで,楽しみですね。

続いて,コンファレンス最大の目玉の一つとも言える「ストリーミングレプリケーション(同期レプリケーション)」「ホットスタンバイ」をテーマにする基調講演です。この2つは別々の機能ですが,実際には組み合わせて利用することが多いと想定されており,今回の基調講演でもそれぞれの機能の開発者である,藤井 雅雄氏とSimon Siggs氏が共同でセッションを行います。

ストリーミングレプリケーション/ホットスタンバイは,今開発中のPostgreSQL 8.5に取り込まれる予定の機能です。これが実現すれば,初めてPostgreSQLが組み込みのレプリケーション(DBの複製作成)機能を持つことになるわけで,たいへん注目されています。

本セッションでは,ストリーミングレプリケーション/ホットスタンバイのデモも用意される予定と聞いており,こちらも楽しみです。

初日午後の注目セッション

初日午後は「Business Day」というサブタイトル通り,エンタープライズ向けPostgreSQLの利用事例や,PostgreSQLの利用ノウハウに関する注目セッションが目白押しです。どれを選んだら良いかわからない,という方のために,目的別にお勧めセッションをご紹介します。

これからビジネスでPostgreSQLを導入したい/お客さんに勧めたい方

こういった方にお勧めなのが,大規模SIでの経験を紹介する「PostgreSQL 適用推進に向けての取り組み」,ASPサービスへのPostgreSQLの適用を紹介する「PostgreSQL を利用した ASP サービスの事例紹介」,SaaSへのPostgreSQLの適用を紹介する「エンタープライズ向けSFA & CRM SaaS における PostgreSQL 適用事例」のセッションです。それぞれの立場からビジネスの現場でPostgreSQLを推進しているキーマンの方の貴重な体験談が聞けると思います。

この他,利用技術の切口で見て面白そうな事例としては,Postgres Plus+JBossでの適用事例「基幹システムにEnterpriseDB社製品の"Postgres Plus", JBoss が採用されたポイントとは?」,Amazon EC2でのPostgreSQL運用事例「EC2 クラウド上での,大規模 PostgreSQL の運用」,PostGIS適用事例「簡易逆ジオコーディングサービスの作り方」,iPhone事例「iPhone / 携帯サイトでの PostgreSQL 適用事例 刻言道場「まいトレ」」なども注目です。

海外でのPostgreSQL適用事例に興味のある方

せっかくの国際コンファレンスですから,海外でのPostgreSQLの利用事例も聞いてみたいという方にお勧めしたいのが「PostgreSQL の科学分野における適用事例」です。こちらはカナダで樹木ゲノムの解析にPostgreSQLを使っている事例で,森林問題の解決にPostgreSQLを活用しているという興味深い事例でもあります。

PostgreSQL開発者によるPostgreSQLの運用技術開設に興味のある方

初日には,なんとPostgreSQLコアメンバ2名のセッションがあります。コアメンバをまだ見たことのない方は,ぜひどうぞ:-)

コアメンバのセッションはいずれもDBの運用管理に関するもので,他に1本,計3本のセッションがPostgreSQLの運用管理に関するものです。

「Pg_Migrator で高速アップグレード」

コアメンバであるBruce Momjian氏によるセッション。pg_migratorは,バックアップとリストアをしなくても,PostgreSQLのデータベースのメジャーバージョンアップができるツールです。超大規模データベースのバージョン間移行にあたり,バックアップとリストア時間に悩んでいる方は聴講してみてはいかがでしょう。

「pgAgent で PostgreSQL のジョブスケジューリング」

これもコアメンバであるDave Page氏によるPostgreSQLのジョブスケジューリングツールpgAgentの解説です。

「Postgres の視覚化」

PostgreSQLに限らず,オープンソースデータベースはとかくDB管理ツールが弱いと言われます。このセッションでは,様々な可視化テクニックにより,DB管理を容易にする技法が紹介されます。

アカデミックの世界でのPostgreSQL活用に興味のある方

アカデミックの世界でもPostgreSQLは研究用途や教育目的でたくさん使われています。「SuperSQL on PostgreSQL」では,慶應義塾大学でのDB研究と,学生教育での利用に関する発表があります。

レセプション

初日夕方にはレセプションが予定されています。初日のチケットをお持ちの方ならどなたでも参加できます。海外からの講演者も含め,ほとんどの講演者が参加するので,直接講演者と交流できる絶好の機会です。英語が苦手な方は,ボランティア通訳スタッフがお手伝いするので心配無用です。

著者プロフィール

石井達夫(いしいたつお)

SRA OSS, Inc.日本支社 取締役支社長。SRA OSS, Inc.日本支社に所属。最近アナログ回帰が著しく,TODOは手帳に万年筆で書き込んでいます。

著書

コメント

コメントの記入