MilkcocoaでBaaSを体験!~バックエンドの仕組みと使い方~

第5回 圧倒的にリアルタイム通信が楽しくなる! Milkcocoaをサーバーサイドで使ってみよう! ~Milkcocoa Node.js SDKとTwitter APIでツイートのリアルタイム取得&保存を試す~

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

はじめに

前回はMilkcocoa Node.js SDKの使い所などを紹介して,実際に使用の導入部分に触れました。今回はTwitter APIにNode.jsからアクセスし,Milkcocoa Node.js SDKを用いてリアルタイム描画&保存をしてみたいと思います。

Twitter APIの利用準備

Twitter APIの使い方を説明します。ちなみに,2015年3月時点でのやり方になります。Twitter APIや開発者画面はある程度の期間が経つと更新されるので画面が同じではない場合がありますが,適宜読み取っていただければ幸いです。

Twitter APIの利用方法

ここの手順ではTwitter Botなどを作るときと同じで,

  • コンシューマーキー
  • コンシューマーシークレット
  • アクセストークン
  • アクセストークンシークレット

の4つの情報を取得します。

既にこの4つの情報を持っている方は読み飛ばしてください。

Twitterアプリケーションの作成(コンシューマーキー,コンシューマーシークレットの取得)

まず初めに,Twitterのアプリ開発者ページにアクセスします。

図1 Twitterのアプリ開発者ページ上部

図1 Twitterのアプリ開発者ページ上部

図2 Twitterのアプリ開発者ページ下部

図2 Twitterのアプリ開発者ページ下部

manage your appsから自分のアプリケーション管理画面へアクセスします。

図3 manage your apps

図3 manage your apps

Create New Appsを選択します。

図3 Create New Apps

図4 Create New Apps

以下を参考に,必要な情報を入力しましょう。

  • Application Details
    • Name:32文字以内で適当に名前をつけます。
    • Description:10文字以上200文字以内で適当に説明文を書きます。
    • Website:アプリケーションのURLになります。今回はテストアプリなので適当なURLを入力しておきましょう。
    • Callback URL:今回は使いませんので空欄のままで大丈夫です。
  • Developer Agreement:Yes, I agreeにチェックをしましょう。

Create your Twitter applicationを選択してアプリを新規作成することができます。

図5 アプリを作成したら,Keys and Access Tokensのタブを選択

図5 アプリを作成したら,Keys and Access Tokensのタブを選択

アプリを作成したら,Keys and Access Tokensのタブを選択しましょう。Consumer KeyConsumer Secretが表示されているのでメモしておきましょう。

図6 Create my access tokenというボタンを選択

図6 Create my access tokenというボタンを選択

同じ画面の下のほうに Create my access tokenというボタンがあるので選択します。

図7 Access TokenとAccess Token Secretが取得できた

図7 Access TokenとAccess Token Secretが取得できた

Access TokenAccess Token Secretが取得できました。

これで4つの情報が揃いました。

著者プロフィール

菅原のびすけ(すがわらのびすけ)

株式会社LIG エンジニア。1989年生まれ。岩手県立大学在籍時にITベンチャー企業の役員を務める。

同大学院を卒業後,株式会社LIGにWebエンジニアとして入社し,Web制作に携わる。

最近は特にIoT領域,インタラクティブな企画実装などに従事している。

マッシュアップアワードを始めとしたハッカソン等で入賞歴あり。

家賃0円クリエイターズシェアハウス第1期生。ジーズアカデミー第1期メンター。

LIGinc,HTML5Experts.jp,さくらのナレッジ,gihyo.jpなどでも執筆・寄稿をしている。

Milkcocoaエバンジェリスト,特技はわんこそば,趣味は雪合戦。

Twitter:@n0bisuke

LIGincプロフィール:http://liginc.co.jp/member/member_detail?user=nobisuke

コメント

  • Re:

    分かりやすい説明で助かっています。
    図13のようにターミナル側に取得したツイートが表示されずnullと出ました。 v0.1.0でエラーコールバックが追加されたようですので、tweet.jsの ds.push(tweetData, function(res){ console.log(res); });
    を ds.push(tweetData, function(err,res){ console.log(res); }); に変えたら上手くいきました。 細かいことですが、このサイトを訪れる私のような初心者がつまずかないようにコメントしておきます。

    Commented : #1  みやの (2015/09/26, 08:26)

コメントの記入