モバゲータウンのノウハウ満載! フレームワークMobaSiFを使おう!

第1回 ケータイ向けWebアプリケーション開発特有の技術要素

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

はじめに

iモード/EZweb/Yahoo!ケータイなどで利用されるケータイブラウザは,極端な言い方をするとPCブラウザやフルブラウザとは「まったくの別物」です。今回はまず,ケータイブラウザ向けWebアプリケーションを開発する際に考慮すべき技術要素の説明を行います。次回以降は,そういった技術要素を共通的に処理できるフレームワークとして,筆者たちの所属する株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)がオープンソースソフトウェアとして2008年5月に公開したMobaSiF(Moba Simple Framework)を解説していきます。

本特集は,WEB+DB PRESS Vol.45の特集1「[イマドキ]ケータイ開発実践入門」の第2章,第3章を再構成したものです。なお,紙面の都合上で省略した説明も補っています。

各キャリア端末の世代分類

NTTドコモのiモードが開始されたのは1999年2月で,すでに9年が経過しており,過去に発売されたすべての端末に対応したウェブアプリケーションを開発するにはコストがかかります。

ケータイ端末は仕様などにより世代分けがある程度可能です。世代分けができればどの世代以降を対象端末にするかの判断材料になります。

筆者の所属するDeNAでは,会員数1000万人以上(2008年4月時点)モバゲータウンというサービスを運営しており,おそらくケータイサイトとしてはトップの規模ではないかと考えています。このサービスで利用された端末の集計結果(2008年4月から過去3ヶ月分,ユニークユーザ数ベース)も参考情報としつつ,以下,キャリアごとに世代分類を考えてみたいと思います。

NTTドコモ

まず,通信方式の違いによりmovaとFOMAに分かれます。NTTドコモの報道発表資料を見てみると,最後にmova端末が発売されたのは2006年4月のようで(機種はP506iCII),2006年6月には契約ベースでFOMAが半数を超えたと発表されており,現在それからすでに2年たっています。

モバゲータウンのNTTドコモ対応機種は,FOMA 70x,90xシリーズのみということもありますが,mova端末でのアクセスは3キャリア全体で見ても1.59%に過ぎないようです。

NTTドコモ端末にはキャッシュ容量という概念があり,1画面表示に必要な全要素(HTMLファイルだけでなくインライン表示する画像ファイルやFlashコンテンツも含めたもの)のファイルサイズ総和はその容量以下に抑えないと表示できないという制約がありますが,iモード対応のFOMA端末では一律100KBとなります。

FOMA端末でも,902i,702iシリーズ以降(M702iG,M702iSを除く)「iモード対応HTML 6.0」「iモード対応XHTML 2.0」という仕様に対応し,<table>タグを記述できます。これらのシリーズより前のFOMA端末の利用をモバゲータウンで見てみると,サイトの対応機種が含まれるにも関わらず1.47%とmova端末全体より少ない割合となっています。

以上をまとめると,

  • FOMAのみ対応とする(=mova対応をあきらめる)
  • FOMA902i,702iシリーズ以降対応とする

あたりに境界を設定できそうです。

au

まず,WAP 2.0ブラウザとHDMLブラウザのどちらが搭載されているかで分類されますが,機種別一覧のHDMLブラウザ搭載機種で最近(上側)の方に掲載されているA1014STやA1013Kでも発売は2002年です。したがって現在ではHDMLブラウザからの接続はほぼ無いと見なしてよいと思います。

現状auで用意しているすべての絵文字に対応するとなると,A1300シリーズ以降となりますが,こちらについてはウェブアプリケーションとして対応をあきらめれば楽になるというものではありません。

一方,NTTドコモ端末の「キャッシュ容量」にあたる制限について調べると,WAP 2.0ブラウザ搭載機種ではXHTMLまたはiモード互換HTMLで記述するページは9KB程度以内で制作する必要があるという記述が見つかります。なお,これにはインライン表示する画像データの容量は含みません

画像データなどを含んだ容量については,「iモードの互換性」説明ページにほぼ同等のファイルサイズの表示が可能という記述があります。我々の経験によると,WIN端末であればFOMA端末と同等の100KBでも表示可能なようですが,WIN端末以外ではそれより制限の厳しいものもあるようです。

したがって,利用できるコンテンツ容量の制限を考えると,WIN端末かどうかで世代分けできそうです。

ソフトバンクモバイル

端末一覧を見ると3Gシリーズ/V8シリーズ/6-5シリーズ/4-2シリーズ/4-1シリーズに分けられています。一方,PDFで提供される技術資料では端末がC型/P型/W型/3GC型に分類されています。User-Agentの対応関係を調べてみると,下記のようになります。また,NTTドコモのキャッシュ容量と同様,ページサイズ制限があるのでそれも付記します。

 ソフトバンクモバイルの端末分類

シリーズ呼称型名呼称ページサイズ制限
4-1,4-2シリーズC型6KB未満
6-5シリーズP型12-30KB未満
V8シリーズW型200KB未満
3Gシリーズ3GC型300KB未満

2006年度のボーダフォンプレスリリースを見ていると,C型端末V403SHの新色モデルが2006年6月に出ており,おそらくそれが最後のC型端末リリースと考えられます。

モバゲータウンでは3Gシリーズのみ対応機種としていますが,C型端末,P型端末+W型端末の利用割合はそれぞれ0.03%,0.16%となっています。

詳しくは後述しますが,ソフトバンクモバイル向けページはUTF-8で記述することが望ましい一方,C型端末とP型端末の一部ではUTF-8で記述されたページに対応しないという制限があります。

ソフトバンクモバイルについては端末の世代が上記のようにはっきり分かれているので,どこを境界とするかは比較的決めやすいのではないでしょうか。

著者プロフィール

能登信晴(のとときはる)

大学卒業後,通信キャリアの研究所で国産検索エンジンの研究開発に従事。2004年 1月 株式会社ディー・エヌ・エー入社。「ポケットビッダーズ」「ポケットアフィリエイト」「ペイジェント」などの開発・運用にかかわる。現在は「モバゲータウン」の検索サービス開発を行っている。


川崎修平(かわさきしゅうへい)

学生時代,ネットオークション相場サイト「オークション統計ページ(仮)」を運営。サイトを見たディー・エヌ・エー社員から呼びだされ,2002年1月にアルバイトとして入社。携帯専用オークションサービス「モバオク」を開発後,正社員となり,「ポケットアフィリエイト」「モバゲータウン」などを開発。現在,同社の取締役としてサービスの開発を行っている。

コメント

コメントの記入