PHP 5.3の新機能と変更点

第4回 PHP 5.3の追加機能と仕様変更 (2)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

モジュール

追加されたモジュール

追加されたモジュールの関数は紹介していません。詳しくはPHPマニュアル参照してください。

INTL

ICUライブラリのサポート。エンコーディング変換やロケールなどのサポート機能を持っている。このモジュールはmbstringの必要性を無くすものではありません。

提供するクラス

  • Collector ─ ロケールに応じた文字列比較,ソート
  • NumberFormatter ─ ロケールに応じた数値フォーマット
  • Locale ─ ロケール情報の参照と設定
  • Normalider ─ Unicode文字列の正規化(NFD/NFC/NFKD/NFKC)
  • MessageFormatter ─ ロケールに合わせたメッセージのフォーマット
  • IntlDateFormatter ─ ロケールに合わせた日付のフォーマット

このほかにも,UTF-8エンコーディングされた文字列の処理する関数なども含まれています。

Phar

PEAR等で利用されているPHP Archive形式のファイルをサポートするモジュールです。PHPのパッケージを配布するための拡張が行われているアーカイブ形式です。

クラスのインターフェースをサポートしています。

Fileinfo

mimetypeの代替となるモジュールです。ファイルを開き,リソースとしてから利用する形になっています。関数のインターフェースのみサポートています。

SQLite3

組込み型データベースであるSqlite3のモジュールです。これまでのsqliteモジュールはデータファイル形式が異なるsqlite2用のモジュールです。

提供するクラス

  • SQLite3 ─ SQLite3を操作するクラス
  • SQLite3Stmt ─ SQLite3のクエリを操作するクラス
  • SQLite3Result ─ SQLite3のクエリ結果を操作するクラス
Enchant

スペルチェッカーライブラリであるEnchantライブラリのモジュールです。多くのバックエンドをサポートしています。

サポートしているバックエンド

  • Aspell/Psell/Ispell/MySpell/Hunspell/Uspell/Hspell/AppleSpell

削除されたモジュール

  • dbase
  • fbsql
  • fdf
  • ming
  • msql
  • ncurses
  • sybase(sybase_ctが代替)
  • mhash(hashが代替)

追加されたモジュール関数

PHP Core
  • array_replace() ─ 配列要素を置換
  • array_replace_recursive() ─ 再帰的に配列要素を置換
  • class_alias() ─ クラスに別名を付ける
  • forward_static_call() ─ メソッドのコンテクストからスタティックコールを行う
  • forward_static_call_array() ─ forward_static_call()の配列版
  • gc_collect_cycles() ─ ガーベッジコレクションのサイクルの調整
  • gc_disable() ─ ガーベッジコレクションの無効化
  • gc_enable() ─ ガーベッジコレクションの有効化
  • gc_enabled() ─ ガーベッジコレクションの状態
  • get_called_class() ─ レイトスタティックバインディングのクラス名
  • gethostname() ─ ホスト名の取得
  • header_remove() ─ 設定したHTTPヘッダを削除
  • lcfirst() ─ 単語の最初の文字を小文字にする
  • parse_ini_string() ─ iniファイルのパース
  • quoted_printable_encode() ─ QUOTED PRINTABLEに変換
  • str_getcsv() ─ CSVファイルを配列に格納
  • stream_context_set_default() ─ デフォルトのストリームコンテクストを設定
  • stream_supports_lock() ─ ストリームがロックをサポートしているか確認
  • stream_context_get_params() ─ ストリームコンテクストのパラメータを取得
  • streamWrapper::stream_cast() ─ ストリームリソースを取得
  • streamWrapper::stream_set_option() ─ ストリームオプションを変更
Date/Time
  • date_add() ─ DateTimeオブジェクトの時間加算
  • date_create_from_format() ─ フォーマットに合わせた時間文字列を返す
  • date_diff() ─ DateTimeオブジェクトの時間差分
  • date_get_last_errors() ─ 最後のエラーを取得
  • date_parse_from_format() ─ 日付に情報取得
  • date_sub() ─ DataTimeオブジェクトから時間を引く
  • timezone_version_get() ─ タイムゾーンデータベースのバージョン
GMP
  • gmp_testbit() ─ ビットテスト
Hash
  • hash_copy() ─ ハッシュリソースをコピー
IMAP
  • imap_gc() ─ IMAPキャッシュをクリア
  • imap_utf8_to_mutf7() ─ UTF-8をUTF-7へ変換
  • imap_mutf7_to_utf8() ─ UTF-7をUTF-8へ変換
JSON
  • json_last_error() ─ 最後のエラーを取得
MySQL Improved
  • mysqli_fetch_all() ─ 全てのクエリ結果を取得
  • mysqli_get_connection_stats() ─ 接続の統計情報
  • mysqli_poll() ─ 接続確認
  • mysqli_reap_async_query() ─ 非同期クエリの結果を取得
OpenSSL
  • openssl_random_pseudo_bytes() ─ 疑似ランダム文字列の取得
PCNTL
  • pcntl_signal_dispatch() ─ ペンディングしているシグナルのハンドラ呼び出し
  • pcntl_sigprocmask() ─ ブロックされたシグナルをセットまたは取得
  • pcntl_sigtimedwait() ─ シグナルがタイムアウト待ち
  • pcntl_sigwaitinfo() ─ シグナルを待つ
PCRE
  • preg_filter() ─ 正規表現で検索,置換しマッチしたパターンのみ返す
Semaphore
  • msg_queue_exists() ─ メッセージキューが存在するか確認
  • shm_has_var() ─ キーが存在するか確認

以下の関数はPHP内部で定義され,全てのプラットフォームで利用可能になりました。

  • acosh()
  • asinh()
  • atanh()
  • expm1()
  • log1p()

著者プロフィール

大垣靖男(おおがきやすお)

University of Denver卒。同校にてコンピュータサイエンスとビジネスを学ぶ。株式会社シーエーシーを経て,エレクトロニック・サービス・イニシアチブ有限会社を設立。
オープンソース製品は比較的古くから利用し,Linuxは0.9xのころから利用している。オープンソースシステム開発への参加はエレクトロニック・サービス・イニシアチブ設立後から。PHPプロジェクトでは,PostgreSQLモジュールのメンテナンスを担当している。

URLhttp://blog.ohgaki.net/

著書

コメント

コメントの記入