Flashのフレームワーク「Progression3」を始めてみよう!

第1回 Progression3に触れてみよう

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

はじめまして,Progressionを利用してFlashコンテンツの制作を行っている楢山と申します。このたび,Progression3のプロダクトマネージャーである阿部貴弘さんより本稿執筆のお話をいただき,本特集を執筆させていただくことになりました。このような機会を提供してくださった阿部さんに深く感謝いたします。

また,このような形で記事を執筆させていただくのは初めてですので,至らない点もあるかと思いますが,よろしくお願いいたします。

さて第1回の今回は,Progressionの概要と開発環境設定についてを説明していきます。

Progressionとは?

Progressionを一言で表現するならば,「Flashコンテンツを制作するためのフレームワーク」です※1)。Progressionで提供されている様々な機能を使用することで,場面の切り替えや,ムービークリップの出現・削除,外部ファイルのロードといった機能がかんたんに実装できるようになります。

また,シーン毎のアドレス発行や,マウスのスクロールボタンでの動作といった,Javascriptと連携が必要な機能も提供されるため,制作者はデザインや表現の作りこみに注力することが可能となります。

これほど高機能なのにもかかわらず,MITライセンスで提供されているという点も非常に嬉しいところです※2)。

※1:フレームワークとは?
フレームワークという用語そのものについては,IT用語辞典「フレームワーク」の項を参照してください。
※2:寄付募集中です
Progressionでは寄付を受け付けています。Progressionのさらなる進化のために是非検討いただければ幸いです。

Progressionはバージョン3へ

そのProgressionフレームワークのバージョン3が,2008年9月4日に公開されました。

このメジャーバージョンアップにより,多数の機能が追加され,また非常に使いやすく生まれ変わっています。Adobe AIRへの書き出しサポート機能(現時点でAIR1.1のみ対応)が追加されている点も見逃せません。詳細についてはProgressionのポータルサイトである,Progression.jpを参照してください。ドキュメントから制作チュートリアルまできちんと揃っており,とてもオープンソースとは思えないほどサポートが充実しています。

図1 Progression.jp トップページ

図1 Progression.jp トップページ

数多くの事例から見るProgressionの素晴らしさ

既にProgressionで制作されたWebサイトはかなりの数に上っています。制作事例がProgression.jpのショーケースのページに掲載されていますので,実際に各コンテンツを確認してみましょう。

多くのコンテンツは,シーン毎のURL発行や,右クリックメニューでの操作,マウスホイールでの操作など,ユーザビリティに優れたWebサイトになっていることが分かります。

通常,これらの機能を全て実装させるためには,多くの労力を必要とするのですが,これらの機能がProgression側で提供されるため,制作者は意識することなく,デザインやモーションの作りこみといった他の作業に専念することができます。

つまり,制作者にもユーザーにも優しいのがProgressionなのです。

充実のサポート

Progressionの制作過程において,疑問点,質問等が生じた場合は,公式フォーラムを覗いてみましょう。フォーラム上では質問等をやり取りすることができるので,積極的に活用してみてはいかがでしょうか。

Progressionの制作環境

まずはじめに,Progressionの導入方法を確認しておきます。Progressionには,次の3つのパッケージが用意されています。

  • Flash用標準パッケージ
  • Flash用jsflパッケージ
  • SWCパッケージ

バージョン3でのSWCパッケージの提供開始により,Progressionを利用するにあたって,Flex3やFlashDevelop+Flex SDKでの導入も容易となりました。

しかし,Progressionで提供されている機能を全て享受するためには,Adobe Flash(CS3以降)が必須となります。提供されているFlash用標準パッケージは非常に高機能であり,Adobe Flashを用いた制作を一番にお勧めします。もしもAdobe Flashをお持ちでない方は,FlashDevelop+SWCパッケージでの開発がお勧めです。

なお,今回の連載はAdobe Flash CS3を用いて解説していきます※3)。

※3
Adobe Flash CS4が発表されましたが,現在Progression3のFlash CS4対応版が開発中です。Flash CS4の発売と同時に対応版が公開される予定になっています。

Progressionを用いたコンテンツ制作方法

Progressionには,次の3つの制作アプローチが用意されています。

  • コンポーネントベースの制作
  • タイムラインベースの制作
  • クラスベースの制作

中でも,提供されているコンポーネントを組み合わせて作成するコンポーネントベースでの制作は,1行もコードを書かかないアプローチを取ることができ,ActionScriptが全く分からない人でも容易にFlashコンテンツを作成できるという機能が提供されています。

今回の連載では,より柔軟なアプローチの取れるクラスベースで解説をしていきますが,機会があれば,コンポーネントベースでの制作も是非体験してみてください。

著者プロフィール

楢山哲弘(ならやまのりひろ)

3年前に上京してきた北海道出身のFlasher。

開発スピードを上げるため,Progressionに傾倒中。そのため,ブログではProgressionについての言及が多くなっている。

URLhttp://narayama.heteml.jp/

コメント

コメントの記入