Qt最新事情-QtでWebKitを使ってみよう

第6回 Qt WebKit~WebコンテンツとQtの連携

この記事を読むのに必要な時間:およそ 11 分

はじめに

QtとWebKitを併用したアプリケーションでは,Qt/C++とHTMLドキュメントとの間を取り持つ機能が必要となります。QtからHTML内のデータへのアクセスするためにQWebFrame::evaluateJavaScript() を使用する方法を,前回説明しました。今回は,Webフォームへのアクセス方法やQtのウィジェットをHTML内で使う方法について説明します。また,10月末にTechnology PreviewがリリースされたQt/C++専用のIDEを簡単に紹介します。

Qt Creator

QtをIDEで使うには,Qt Eclipse Integration,Qt Visual Studio Integration,KDevelopという選択肢があります。そして,この10月末に,Windows,Linux,MacOS Xで使えるQt/C++専用のIDE Qt CreatorのTechnology Previewがリリースされました。

Qt Creatorは,Qt/C++で軽快にアプリケーションを作成できるようにすることを目的として作成されていて,Technical Previewでは以下の機能が用意されています。

編集機能
  • C++用のエディタ
  • ファイルとクラスのナビゲーション用ツール
  • ヘルプシステムとの統合
  • Qt Designerとの統合
デバッグ機能
  • GDBデバッガのグラフィカルフロントエンド
  • QStringやQStringListなどのQtのクラスを解釈したオブジェクトの内容表示
ビルドと実行
  • qmakeビルドツールとの統合
  • プロジェクト作成

Qt Creatorは開発中のQt 4.5で作成されていますが,Qt 4.4.3のアプリケーションをQt Creatorで扱うこともできます。図1図2は,その実行画面です。

図1 Qt デバッグ画面

図1 Qt デバッグ画面

図2 Qt Qt Designer編集画面

図2 Qt Qt Designer編集画面

正式リリース時期は2009年の第一四半期で,将来はリファクタリングツールも計画されいます。また,froglogic社のQt/C++の自動テストツールSquishもQt Softwareとの統合が検討されています。

Webフォームへのアクセス

Webフォームに入力された値をQt/C++から取得するサンプルコードForm ExtractorがQtの配布ソース中のexamples/webkit/formextractorにあり,Qt/C++のメソッドをHTMLから呼び出して入力値を参照しています。

図の左側はHTMLで記述された入力フォームです。右側はQtのウィジェットで,サブミット時にその入力値をWebフォームから取出して表示しています。図3図4がサブミット前後の画面イメージです。

図3 Form Extractorのサブミット前

図3 Form Extractorのサブミット前

図4 Form Extractorのサブミット後

図4 Form Extractorのサブミット後

著者プロフィール

杉田研治(すぎたけんじ)

1955年生まれ。東京都出身。株式会社SRAに勤務。プログラマ。

仕事のほとんどをMac OS XとKubuntu KDE 4でQtと供に過ごす。

コメント

コメントの記入