特集

Rails2.0の足回りと中級者への道

 

  • 第4回 Railsアプリケーションをもっと速く
    • Rails Web アプリケーションをもっと速く
    • Measure before optimizing~Railsを計測しよう
    • Rubyコードの計測:ruby-prof
    • リソースアクセス性能の計測:httperf
    • ウェブサイトの計測:Firebug
    • フロントエンドの高速化
    • バックエンドの高速化,負荷分散とキャッシュ
    • キャッシュ
    • まとめ
    • 参考文献

    2008年5月30日

  • 第3回 Rails2.0で作るRESTfulアプリケーション(後編)
    • リソース設計
    • Routing map.resourceふたたび
    • ActiveResource
    • 最終的なアプリケーションコード
    • 画面イメージとソースアーカイブ
    • まとめと展望と次回予告

    2008年5月23日

  • 第2回 Rails2.0で作るRESTfulアプリケーション(前編)
    • RESTとは何か
    • RESTfulなURI
    • Railsで作る小さなRESTful Webアプリケーション
    • miniciousのDBスキーマ設計
    • RESTfulなログイン
    • ERbファイルの修正
    • 画面イメージとソースコード
    • まとめと次回予告

    2008年5月16日

  • 第1回 Rails2.0の足回り
    • Rails2.0とは何か?
    • Rails2.0の進化と変化
    • ActiveRecord
    • ActionPack(ActionController,ActionView,ActionHelper)
    • rake
    • RailsCoreからなくなったもの
    • Rails2.0インストール
    • はじめての Rails2.0
    • まとめと次回予告

    2008年5月9日

 

著者プロフィール

鎌田達哉(かまだたつや)

SI企業勤務。10年ほど前にはじめて自分で行ったプログラミングはRubyによるものであったが,語ってもにわかには信じてもらえないような紆余曲折を経て現在に至る。現在は,JVM上の言語実装に興味あり。ありがちですが,Scalaにはまり中。