組み合わせテストをオールペア法でスピーディに!

第3回 PICTの機能説明と使用例 (前編)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

PICTの実行時オプション

コマンドプロンプト上でPICTを実行する際,オプションを指定することができます。PICTの実行形式とオプション指定は図1のとおりです。

図1 実行形式とオプション指定

実行形式:
pict モデルファイル [オプション]

オプション:
/o:N 	 組み合わせるパラメータの数 (初期値: 2)
/d:C	 値の区切り記号 (初期値: ,)
/a:C	 エイリアスの区切り記号 (初期値: ¦)
/n:C	 無効値の前置記号 (初期値: ~)
/e:file  組み合わせ生成の元となるファイルの指定
/r[:N]   組み合わせ生成の初期条件を指定, N:生成条件初期値
/c	 英文字の大文字と小文字を区別する
/s	 組み合わせ生成情報を出力

オプションのうちのいくつかは,今後説明していきます。

モデルファイル

組み合わせテストを行ないたいパラメータとその値を記述したファイルをモデルファイルといいます。モデルファイルの最もシンプルな例をリスト1に示します。

リスト1 モデルファイルの例

A:  0, 1, 2
B:  0, 1, 2
C:  0, 1, 2

A,B,Cがパラメータです。0, 1, 2がパラメータの値です。パラメータ名にはスペースを含むことができます。同様に値が文字列の場合もスペースを含むことができます。

値の記述の途中に改行を入れることはできません。エラーとなります。

モデルセクション

モデルは1つ,あるいは多くとも3つの,以下に示すセクションから成ります。

パラメータ定義
サブモデル定義
制約条件定義

モデルセクションはこの順序で記述し,パラメータ定義は省略することができません。リスト1はパラメータ定義の例でもあります。

スペースには半角を使用します。全角のスペースはエラーとなります。各定義に日本語を使用することができます。組み合わせ生成結果も日本語で出力されます。

基本的なモデル

基本的なモデルファイルは,末尾が「:」で終わるパラメータと,「, 」で区切られた値の並びとからなるモデル定義部のみで構成されます。

1桁目に「#」を置くことでコメントを記入することができます。

パラメータと値の記述は以下のように行います。

 パラメータ :  値1,値2,値3, ・・・

OSのバージョンとアプリケーションのドキュメントの互換性をテストするモデルの例をリスト2に示します。

リスト2 OSとドキュメントの互換性をテストするモデル

# これは,テストケースを生成するためのサンプルです。

OSバージョン:     Windows Vista, Windows XP, Windows 2000
Wordバージョン:   Word 2007, Word 2003, Word 2000
Excelバージョン:  Excel 2007, Excel 2003, Excel 2000

カンマ(, )はデフォルトの分離符ですが,/d オプションを使用することで異なったものを指定することができます。

組み合わせるパラメータ数の指定

PICTは,/o: オプションで組み合わせるパラメータの数を指定することができます。デフォルトは2となっています。

表1~3に,組み合わせるパラメータ数を1~3に変更した場合の組み合わせ生成結果を示します。

表1 組み合わせパラメータ数=1の場合

No.OSバージョンWordバージョンExcelバージョン
1Windows XPWord 2003Excel 2000
2Windows 2000Word 2007Excel 2007
3Windows VistaWord 2000Excel 2003

表2 組み合わせパラメータ数=2の場合

No.OSバージョンWordバージョンExcelバージョン
1Windows 2000Word 2000Excel 2003
2Windows 2000Word 2003Excel 2003
3Windows 2000Word 2007Excel 2000
4Windows 2000Word 2007Excel 2007
5Windows VistaWord 2000Excel 2000
6Windows VistaWord 2003Excel 2007
7Windows VistaWord 2007Excel 2003
8Windows XPWord 2000Excel 2007
9Windows XPWord 2003Excel 2000
10Windows XPWord 2007Excel 2003

表3 組み合わせパラメータ数=3の場合

No.OSバージョンWordバージョンExcelバージョン
1Windows 2000Word 2000Excel 2000
2Windows 2000Word 2000Excel 2003
3Windows 2000Word 2000Excel 2007
4Windows 2000Word 2003Excel 2000
5Windows 2000Word 2003Excel 2003
6Windows 2000Word 2003Excel 2007
7Windows 2000Word 2007Excel 2000
8Windows 2000Word 2007Excel 2003
9Windows 2000Word 2007Excel 2007
10Windows VistaWord 2000Excel 2000
11Windows VistaWord 2000Excel 2003
12Windows VistaWord 2000Excel 2007
13Windows VistaWord 2003Excel 2000
14Windows VistaWord 2003Excel 2003
15Windows VistaWord 2003Excel 2007
16Windows VistaWord 2007Excel 2000
17Windows VistaWord 2007Excel 2003
18Windows VistaWord 2007Excel 2007
19Windows XPWord 2000Excel 2000
20Windows XPWord 2000Excel 2003
21Windows XPWord 2000Excel 2007
22Windows XPWord 2003Excel 2000
23Windows XPWord 2003Excel 2003
24Windows XPWord 2003Excel 2007
25Windows XPWord 2007Excel 2000
26Windows XPWord 2007Excel 2003
27Windows XPWord 2007Excel 2007

表からわかるように,組み合わせ数に1を指定した場合は,パラメータの値が列挙されるだけです。組み合わせ数に3を指定した場合は,3パラメータの組み合わせがすべて網羅されていることがわかると思います。それだけに,組み合わせ数も非常に多くなります。

著者プロフィール

鶴巻敏郎(つるまきとしろう)

岩崎通信機株式会社でビジネスボタン電話機,構内PBXなどのソフトウェア開発を担当。

デジタルコードレス端末(PHS)のソフトウェア開発を経て,2002年より岩通ソフトシステム株式会社に出向。以来,統合テストを中心に組込み系機器のテスト業務にあたる。

URLhttp://www.iwass.co.jp/index.html

コメント

コメントの記入