Java Expert+gihyo.jp Presents Sun Microsystems, Inc.スペシャルインタビュー集

エンタープライズJavaの鍵を握る GlassFish最新動向

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

GlassFishのロードマップ

「GlassFishは,2006年5月,v1.0がリリースされました。その後,v1.0のUR(Update Release),そしてv2.0の開発が進んでいます。v2.0は2週間後にリリースされる予定です(取材後2007年9月17日にリリースされました)。

現在はv2.0と並行して,v2.0をベースにした,Sailfinと呼ばれるSIPプロトコルをサポートしているSIPサーバ環境の開発とv3.0の開発が進んでいます。

詳しくは私のblogをご覧ください。また,日本語情報としてThe Aquariumの日本語版もぜひご覧ください」。

Distinguished Engineer Java Web Services,Eduardo Pelegri-Llopart氏。
メモなどを使い,丁寧に解説していただきました。

Distinguished Engineer Java Web Services,Eduardo Pelegri-Llopart氏。メモなどを使い,丁寧に解説していただきました。

GlassFishのライセンス

「GlassFishは現在デュアルライセンスを採用しています。1つはGPLv2,もう1つはCDDLです。

GPLv2はLinuxコミュニティに対し,CDDLはエンタープライズ業界に対して,ライセンスフレンドリの姿勢を示したもので,今後もこれは変更する予定はありません」。

v3.0の中核はHK2

「次バージョンについて,最も重要な技術はHK2(Hundred Kb Kernel)です。これは,モジュールシステムを提供する機能で,OSGiなどの拡張性が高まります。

現在,Jerome Dochez氏が中心となって開発が進められています」。

エンジニアへのコメント

画像

「今,とくにJRubyやJavaFX Scriptなど,Java VM上で動くスクリプト言語の融合に注目が集まっています。これは今最も楽しいことの1つです。ぜひ皆さんも触れてください。

また,日本のエンジニアの方には,ぜひ国内だけではなく,海外のコミュニティに積極的に参加してもらいたいです。英語の壁があるかもしれませんが,ひるまずに少しずつでもコミュニケーションを取っていただき,自分からどんどん発表していってもらいたいですね」。

Project GlassFish
https://glassfish.dev.java.net/

コメント

コメントの記入