Jettyで始めるWebSocket超入門

第2回 Jettyのインストール

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

今回から,Jettyを使ってWebSocketの実装例を説明していきます。

なお,この連載では,開発に以下の環境を使用します。

  • Mac OS X 10.5
  • JavaVM 1.6
  • Eclipse 3.5.1※1

EclipseはNLpackで日本語化※2しています。また,Eclipseには,m2eclipseプラグイン※3がインストールされています。今回の内容は,EclipseとMavenに慣れている方を想定していますが,必要だと思われるところは掘り下げて説明します。そして最終的には,サーバ側はServletを作成しデプロイするのではなく,デスクトップアプリケーションとして動作するようにしたいと思います※4)⁠

※1
執筆中にEclipse3.6がリリースされましたが,ここでは継続して3.5.1を使用します。
※2
blanco Framework内で公開されています。記事では,Eclipse IDE for Java EE Developers版を使用しています。
※3
m2eclipseは,プロジェクト管理ツールであるMavenの機能をEclipseに統合するプラグインです。プラグインのインストール用のサイトは,http://m2eclipse.sonatype.org/sites/m2eです。詳細は公式のサイトをご覧ください。別途Maven2を使用している場合や,別のプラグインを使用している場合は,適宜読み替えてください。
※4
連載の後の回で,デスクトップアプリケーションを効率よく作成するためにMavenを使用します。そこまでは不要な場合は,通常のJavaプロジェクトを作成し,図8のjarファイルをパスに追加するだけで構いません。

Jettyについて

今回使用するJettyは,Javaで作成されたウェブサーバです。

以前は,codehausで公開されていましたが,最新のJetty7以降はEclipse Foundationで公開されています。しかし,ネット上でJettyの事を調べてもバージョンが6のことが多く,Jetty7の情報が検索結果の上位にあまり上がってきません。JettyでWebSocketを利用するにはバージョン7以上が必須ですが,Jetty7で削除されたメソッドもありますので注意してください。

また,Jetty6のライセンスはApache License 2.0でしたが,Jetty7のライセンスはApache 2.0 LicenseとEclipse Public License 1.0のデュアルライセンスになっています。

Mavenプロジェクトの作成

それでは,Eclipseを起動してください。

図1 Eclipseを起動

図1 Eclipseを起動

「ファイル」⁠⁠新規」⁠⁠その他...」を選択してダイアログを表示し,⁠Maven」⁠⁠Maven Project」を選択し「次へ」をクリックします。

図2 新規→その他から,Maven Projectを選択

図2 新規→その他から,Maven Projectを選択

単純なプロジェクトを作成するために,⁠Create a simple project(skip archetype selection)」をチェックし,⁠次へ」をクリックします。

図3 Create a simple projectにチェック

図3 Create a simple projectにチェック

「Artifact」「Group Id」「Artifact Id」にはそれぞれ「WebSocketChat」と入力し,⁠完了」をクリックします。

図4 作成するプロジェクトの属性を入力

図4 作成するプロジェクトの属性を入力

これでMavenプロジェクトが生成されました。

図5 ウィザードによるMavenプロジェクトの生成完了

図5 ウィザードによるMavenプロジェクトの生成完了

著者プロフィール

金城雄(きんじょうゆう)

NTTアドバンステクノロジ株式会社 アプリケーションソリューション事業本部 情報機器テクノロジセンタ所属。

Webテクノロジに関心を寄せるJavaScript好きのプログラマ。

コメント

コメントの記入