自分好みのガジェットを作る! Windowsサイドバーガジェット作り入門

第1回 Windowsサイドバーの概要

この記事を読むのに必要な時間:およそ 6 分

はじめに

はじめまして。沢渡真雪と申します。この連載ではWindows Vistaで搭載されたWindowsサイドバーで動作するガジェットを読者の方々に理解してもらい,自分で作って公開できるようになることを目標に,実際にガジェットを作りつつ解説をしていきます。

ガジェットを作るという部分に関しては「これだけやって作成すればすんなり公開できる範囲」「こんなことができるので,組み合わせたり何か作れるようになったりしてもらえればおもしろいかも」という部分をカバーできるとよいかなと思っています。

なにぶん連載も執筆も初めてなので,私もツッコミを受けないようにしないととドキドキしながら書いていますが,ガジェットを作るきっかけとなるよう参考していただければ幸いです。

対象としている読者さんと必要な予備知識

この連載で想定している対象となる読者層は「HTMLとJavaScriptは並には理解しつつ,Windows Vistaを持っていたりVistaのサイドバーガジェットに興味があったりするという方々」です。ガジェットについては名前しか聞いたことしかないけど気になるというのでも問題ありません。

JavaScriptの知識をどの程度必要とするかについては「Webページを表示したときお昼だと"こんにちは!"とalertを出す」というレベルだと厳しいかもしれません。クラスやプロトタイプ,DOMなどの理解は必要になるでしょう。

HTMLの知識も最低限は必要です。CSSは最悪なくても何とかなりますがHTMLの知識はどうしても必要です。とはいえWebページのように沢山書くということはないのでHTML 4.01レベルの基礎をそれなりに知っていれば(例えばWebページを作ったことがあるなどであれば)問題ないでしょう。

Windowsサイドバーとガジェットについて

ガジェットを作る前に,Windowsサイドバーガジェットがどういうものであるかについて説明します。もっともWindows Vistaの目玉の機能ということもあり,いざ作ろうと,この記事を読んでいる方々で知らないという方はあまりいないのではないかもしれません。第1回はWindowsサイドバーとガジェットについて説明していきます。

Windowsサイドバー

すでに何度も文中に出てきているWindowsサイドバーとは,Windows Vistaで新たに搭載された,「比較的単機能で小さなツールを常に置いておく」アプリケーションです。

小さなツールを画面端の表示域に並べているためサイドバーという名前になっています。実際にはツールをサイドバーから離して画面上でばらばらに表示することもできますので,サイドバーだからといって定位置のみというわけでもありません。

図1 Windowsサイドバー

図1 Windowsサイドバー

サイドバーの中で動く小さなツールを「ガジェット」と呼びます。この連載では実際にガジェットを作るということを解説するのが目的です。

なおWindowsサイドバーはWindows Vistaのエディションを問わず,すべてのエディションに提供されます。

なぜサイドに置くのか?

ところで「なぜサイドに置くのか?」という背景についてですが,昨今のムービーなど各種コンテンツはHDや何かとワイドなものとなっていることもありコンピュータは液晶などもワイド画面を採用しているものが増えています。その増えた横幅の分小物を置いておいておき有効利用というのが大きいのではないでしょうか。

もう一つ考えられるとすると元々Windowsのタスクバーにあるツールバー(Quick Launchなど)は縦置きできる仕組みであり,その延長なのかもしれません。

ガジェットって?

ガジェットはツールの単位ともいえるもので,1つのガジェットは一機能しか持っておらず,その機能は割と単純なものというものが一般的です。これは単純なものしか作れない,ということではなく機能の焦点を絞っているというものが多いということです。作ろうと思えば超多機能なガジェットを作成することもできます。

では「Windowsサイドバーのガジェットにはどのようなものがあるのか?」ということを簡単に紹介します。Windowsをインストールした状態で入っているものとして,時計やカレンダ,CPUメータなどのガジェットがあります。Vistaのスクリーンショットをご覧になったことがあれば「ああ,あれね」となるものたちです。

図2 一般的に,1つのガジェットは単純な機能しか持っていない

図2

Microsoftが提供してプレインストールされている以外のものはWindows Live Galleryなどで見つけることができます。Windows Live GalleryとはMicrosoftの提供しているサービスの一つで開発者が作成したガジェットを自分で登録し公開できるというサービスです。

Windows Live Galleryでは多くの開発者が登録した様々なガジェット-検索エンジン用ガジェットからミニゲームガジェットなどまで-を見つけることができるので,Windows Vistaをお使いの方は,お好みのものを探してインストールしてみるとよいのではないでしょうか。

もちろんWindows Live Gallery以外からもダウンロードしてインストールすることができますが,どのようなものがあるのか簡単に探すにはまずはWindows Live Galleryを見てみるのがオススメです。

Windows Live Galleryへのアクセスは,Windows Vistaをご利用の場合Windows サイドバーのガジェットの追加画面の「オンラインで追加のガジェットを取得」リンクをクリックすることでアクセスできます。利用者にとってはアクセスしやすく,開発者にとってはダウンロードしてもらえる可能性が高まるサービスでもあります。

著者プロフィール

沢渡真雪(さわたりまゆき)

普段はASP.NETやPerlでWebアプリケーションを書くのが主。興味の向きはWindows一般から.NET Framework,Perl(Plaggerとか)やMac OS Xなど。

URLhttp://www.misuzilla.org/

コメント

コメントの記入