Adobe AIRで作るデスクトップアプリケーション

第1回 Apolloアプリケーションを触ってみよう

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

Apolloとは

Apolloとはアドビが現在開発しているランタイム環境のコードネームです。最大の特長は,Flash,Flex,HTML,JavaScript,Ajaxといった既存のウェブ開発スキルを使ってデスクトップ上で動作するアプリケーション(Apolloアプリケーション)を作れる点です。ブラウザ上では不可能だったローカルリソースへのアクセスが可能になり,ウェブデベロッパーの領域が広がります。

もう1つの特長はクロスプラットフォームであることです。一旦作成したApolloアプリケーションは,Apolloランタイムがインストールされている環境であればWindowsでもMac OS Xでも同じように動作します。FlashコンテンツとFlash Playerの関係を思い浮かべると分かりやすいかも知れません。ゆくゆくはLinuxへの対応も予定されています。

Apolloを試してみよう

Apollo 1.0の正式版は本年中のリリースが予定されています。それに先立ち,開発者向けのApollo 1.0 Alpha 1がAdobe Labsにて一般公開されました。その名の通りアルファ版なので,機能の一部は実装途中であったり未実装であったりしますが,Apolloの目玉とも言えるファイルI/O機能やHTML表示機能などをいち早く試すことができます。アルファ版は無償なので早速ダウンロードしてインストールしてみましょう。

アルファ版で提供されるもの

今回のアルファ版では以下のファイルがダウンロードできます。

  • Apolloランタイム(Windows用/Mac OS X用)
  • サンプルアプリケーション
  • Apollo SDK(Windows用/Mac OS X用)
  • Flex Builder 2.0.1用Apolloエクステンション(Windows用/Mac OS X用)
  • 関連ドキュメントおよびサンプルソース

単にApolloアプリケーションを動かしてみたいだけなら,ランタイムとサンプルアプリケーションだけダウンロードすれば構いません。実際に開発を行うにはApollo SDKが必要です。Flex Builder 2.0.1を使う場合は,Apollo SDKの代わりにFlex Builder 2.0.1用Apolloエクステンションを利用します。本連載では,主にFlex Builderを使って解説を行っていく予定です。

また,Adobe LabsのWikiではApolloアルファ版向けの参考書籍Apollo for Adobe Flex Developers Pocket GuideのPDF版が入手できます。こちらも手元に置いておくとよいでしょう。現在,株式会社antsでは有志のメンバーを募って本ドキュメントの邦訳を進めています。

Apolloアプリケーションのインストール

各種ファイルをダウンロードしたら,まずApolloランタイムのインストーラを起動してインストールします。ランタイム自体には見た目がありませんが,これでApolloアプリケーションがインストールできるようになります。Apolloアプリケーションのインストーラは.airファイルです。.airファイルのアイコンがApolloのロケットカーソルになっていますか? 試しにサンプルアプリケーションの中から「Pixel Perfect」をインストールしてみましょう。

Apolloアプリケーションのインストーラ

Apolloアプリケーションのインストーラ

.airファイルをダブルクリックすると,最初にインストールの実行を確認するダイアログが表示されます。Apolloアプリケーションはブラウザと違ってローカルファイルにもアクセルできるため,誰が作ったか分からないアプリケーションを不用意にインストールするのは危険です。

インストールを続行するか確認される

インストールを続行するか確認される

インストールを続行するといくつかの画面を経て,Apolloアプリケーションがインストールされます。WindowsではC:\Documents and Settings\ユーザ名\Program Files\Adobe\以下に,Mac OS Xでは/Users/ユーザ名/Applications/以下にインストールされます。

アプリケーション名や簡単な説明が表示される

アプリケーション名や簡単な説明が表示される

インストール完了

インストール完了

Pixel Perfectはデスクトップ上のピクセルサイズを測る定規です。Apolloはアプリケーションを透過表示できることが分かります。インストールされたApolloアプリケーションはそれぞれが通常のアプリケーションと同じ扱いになるので,実行中はタスクバーやDockに表示されます。Windowsではスタートメニューやプログラムの追加と削除にも登録されます。

Pixel Perfectは半透明で表示されている

Pixel Perfectは半透明で表示されている

アプリケーション毎にアイコンが表示される

アプリケーション毎にアイコンが表示される

サンプルアプリケーションには他にもRSSリーダーのFreshやデスクトップ上に落書きできるScreenPlayなどいろいろあるので是非試してみてください。

著者プロフィール

タナカヤスヒロ

早稲田大学卒業後,DTP業務を経てマルチメディア系制作会社へ。Macromedia Directorにのめり込む。フリーランスとなりFlashにシフトしてからもデスクトップ絡みの仕事が絶えず,Apolloにも勝手に縁を感じている。現在株式会社antsに所属。ants Lab.にも記事を上げている。

URLhttp://labs.anthill.jp/

著書

コメント

コメントの記入