Adobe AIRで作るデスクトップアプリケーション

第2回 Apollo SDKを使ってみよう

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

Apolloの開発環境

Apollo Alpha 1での開発環境は2種類あります。1つはFlex Builder 2.0.1にApolloエクステンションを追加して使う方法,もう1つはApollo SDKを使う方法です。統合開発環境のFlex Builderであれば,一貫したインターフェース上で効率的な作業ができます。現時点ではApolloのメイン開発環境と言ってよいでしょう。Flex Builderは有償ですがトライアル版も用意されています。

一方,無償のApollo SDKにはSWFファイルのコンパイルやアプリケーションのデバッグ,パッケージングに必要なコマンドラインツールが含まれています。HTMLベースのApolloアプリケーションであればテキストエディタとApollo SDKだけで作れますし,同じく無償のFlex 2 SDKと併せれば,Flex Builderを使わずにSWFベースのApolloアプリケーションを作ることができます。

SDKのインストール

Apollo SDKとFlex 2 SDKを使ってみましょう。前者はAdobe Labsから,後者は体験版のダウンロードページから入手できます。なお,Javaランタイム(バージョン1.4.2以上)がインストールされていない環境の場合は,あらかじめSunのサイトから入手してインストールしておく必要があります。

SDKにインストーラはありません。Apollo SDKとFlex 2 SDKのZIPファイルを解凍したら任意のフォルダに中身をすべて移動します。ここでは便宜的に,Windowsの場合 C:\Program Files\Apollo_SDK ,Mac OS Xの場合 /Applications/Apollo_SDK とします。両者のSDKには同じ名前のフォルダがあるので,Flex 2 SDK側の該当箇所にApollo SDKのファイルを上書きコピーする要領でまとめます。

ファイルを一箇所にまとめたら,コマンドが扱いやすいようシステムのパスに登録しておきます。

Windowsの場合

  1. マイ コンピュータを右クリックして[システムのプロパティ]を開き,[詳細設定]タブで[環境変数]ボタンを押します。

    環境変数の設定(1) Windowsの場合

  2. [システム環境変数]からPathという変数を選んで[編集]ボタンを押します。

    環境変数の設定(2) Windowsの場合

  3. [変数値]の最後に「;C:\Program Files\Apollo_SDK\bin\」と追加します。

    環境変数の設定(3) Windowsの場合

  4. Mac OS Xの場合

    1. ユーザのホームディレクトリに.profileというファイルを作成します。既にある場合は開きます。ターミナルで作業するか,不可視ファイルに対応したエディタ(miなど)で編集します。

      環境変数の設定(1) Mac OS Xの場合

    2. ファイルの最終行に「PATH=$PATH:/Applications/Apollo_SDK/bin/」と追記し保存します。

      環境変数の設定(2) Mac OS Xの場合

    3. ターミナルからユーザのホームディレクトリで source .profile を実行し,変更を反映させます。

      環境変数の設定(3) Mac OS Xの場合

著者プロフィール

タナカヤスヒロ

早稲田大学卒業後,DTP業務を経てマルチメディア系制作会社へ。Macromedia Directorにのめり込む。フリーランスとなりFlashにシフトしてからもデスクトップ絡みの仕事が絶えず,Apolloにも勝手に縁を感じている。現在株式会社antsに所属。ants Lab.にも記事を上げている。

URLhttp://labs.anthill.jp/

著書

コメント

コメントの記入