Adobe AIRで作るデスクトップアプリケーション

第3回 Flex Builderによる開発

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

Flex BuilderとApolloエクステンションのインストール

前回はApolloアプリケーションの開発環境としてSDKを紹介しました。もう1つの開発環境がFlex Builderです。Flex BuilderはもともとFlashベースのWebアプリケーションを開発するためのツールですが,Flex Builder 2.0.1にApolloエクステンション(機能拡張)をインストールすることでApolloアプリケーションの開発が可能になります。統合開発環境なのでSDKと比べて開発効率も良く,扱いも簡単です。トライアル版がダウンロードできるので試してみましょう。

残念ながらFlex Builder 日本語版はApolloエクステンションとの動作確認が行われていないため,現時点では英語版を使ったほうが無難です(ただし自己責任の範囲であれば,アドビの上条さんのブログで日本語版を使用する手順が紹介されています)。Flex Builderをインストールしたら,Adobe LabsからApolloエクステンション(Apollo Extension for Adobe Flex Builder 2.0.1)をダウンロードしてインストールしましょう。

プロジェクトの作成

Flex BuilderでApolloアプリケーションを開発するには,まず新規プロジェクトを作成します。

  1. [File]メニューの[New]から[Apollo Project]を選びます。新規プロジェクトウィザードが表示されます。

    画像

  2. アプリケーションのデータへのアクセス方法は[Basic]のまま[Next]をクリックします。

    画像

  3. プロジェクト名を入力します。ここではTestAppとしました。[Next]をクリックします。

    画像

  4. ソースファイルやコンパイル先のパス等を指定できますが,デフォルトのままで構いません。[Next]をクリックします。

    画像

  5. アプリケーションの情報を入力します。この情報はアプリケーションのインストール時に使われます。IDはApolloアプリケーションを識別するためのもので,ユニークな値が求められます。ドメイン名を逆にした反転ドメインを利用するとよいでしょう。以下,順番にアプリケーション名,発行元,アプリケーションの説明,コピーライトを入力したら[Finish]をクリックします。

    画像

著者プロフィール

タナカヤスヒロ

早稲田大学卒業後,DTP業務を経てマルチメディア系制作会社へ。Macromedia Directorにのめり込む。フリーランスとなりFlashにシフトしてからもデスクトップ絡みの仕事が絶えず,Apolloにも勝手に縁を感じている。現在株式会社antsに所属。ants Lab.にも記事を上げている。

URLhttp://labs.anthill.jp/

著書

コメント

コメントの記入