Adobe AIRで作るデスクトップアプリケーション

第17回 Adobe AIR 1.0公開

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

正式版リリース

昨年3月にアルファ版が公開されて以来1年近くプレリリース期間が続いたAIRですが,ついに正式版がリリースされました。もっとも,今回のバージョン1.0では日本語はサポートされていません。日本語版はバージョン1.1で登場する予定です。

さて,正式版となったことで製品ページもこれまでのAdobe LabsからAdobeのメインサイトへ移っています。ランタイムはAdobe AIR Download Centerからダウンロード可能です。

Adobe AIRの製品ページ

Adobe AIRの製品ページ

開発ツールもこれまで通り以下の最新版が提供されています。

Adobe AIR Update for Flash CS3 Professionalをインストールするには,以前のバージョンのファイルを削除しておくことが推奨されています。以下がその手順です。

Mac OS X
  • ドライブ名:/Applications/Adobe Flash CS3/ 以下の AIK フォルダを削除
  • ドライブ名:/Applications/Adobe Flash CS3/First Run/Commands 以下に次のフォルダ/ファイルが存在すれば削除
    • AIRフォルダ
      • AIR - Application and Installer Settings.jsfl
      • AIR - Create AIR File.jsfl
  • ドライブ名:/Applications/Adobe Flash CS3/Configuration/External Libraries/FLAir.bundle を削除
  • ドライブ名:/Applications/Adobe Flash CS3/Configuration/Players/AdobeAIR1_0.xml を削除
  • ドライブ名:/Users/<ユーザ名>/Library/Application Support/Adobe/Flash CS3/ja/Configuration/Commands/ 以下に次のフォルダ/ファイルが存在すれば削除
    • AIRフォルダ
      • AIR - Application and Installer Settings.jsfl
      • AIR - Create AIR File.jsfl
Windows
  • ドライブ名:\Program Files\Adobe\Adobe Flash CS3\ 以下の AIK フォルダを削除
  • ドライブ名:\Program Files\Adobe\Adobe Flash CS3\ja\First Run\Commands\ 以下に次のフォルダ/ファイルが存在すれば削除
    • AIRフォルダ
      • AIR - Application and Installer Settings.jsfl
      • AIR - Create AIR File.jsfl
  • ドライブ名:\Program Files\Adobe\Adobe Flash CS3\ja\Configuration\External Libraries\FLAir.dll を削除
  • ドライブ名:\Program Files\Adobe\Adobe Flash CS3\ja\Configuration\Players\AdobeAIR1_0.xml を削除
  • ドライブ名:\Document and Settings\<ユーザ名>\Local Settings\Application Data\Adobe\Flash CS3\ja\Configuration\Commands\ 以下に次のフォルダ/ファイルが存在すれば削除
    • AIRフォルダ
      • AIR - Application and Installer Settings.jsfl
      • AIR - Create AIR File.jsfl

なお,前回のBeta3では非常にたくさんの変更点がありましたが,今回のリリースでは安定性やパフォーマンスに主眼が置かれておりAPIの大きな変更はありません。アプリケーション記述ファイルの名前空間が"http://ns.adobe.com/air/application/1.0"となった点には注意してください。アプリケーション記述ファイルの全体的な構造と説明はこちらのWikiにまとめてあります。

開発情報とサンプル

デベロッパーに必要な情報はAdobe AIR Developer Centerに集められています。現時点では英語のみですが,各トピックはHTML/Ajax,Flash,Flexという開発環境ごとにカテゴリ分けされ関連記事が見つけやすくなっています。サンプルアプリケーションも増えました。これまでAdobeから提供されていたものに加えて,外部デベロッパーによるチュートリアル付きのサンプルもあります。

ソースコードとチュートリアル付きのサンプルが公開されている

ソースコードとチュートリアル付きのサンプルが公開されている

著者プロフィール

タナカヤスヒロ

早稲田大学卒業後,DTP業務を経てマルチメディア系制作会社へ。Macromedia Directorにのめり込む。フリーランスとなりFlashにシフトしてからもデスクトップ絡みの仕事が絶えず,Apolloにも勝手に縁を感じている。現在株式会社antsに所属。ants Lab.にも記事を上げている。

URLhttp://labs.anthill.jp/

著書

コメント

コメントの記入