小飼弾のアルファギークに逢いたい♥

#0 Perlの父 Larry Wall

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

というわけで,Larry Wallの来日とともに,いきなり連載スタートです。3月29~30日に開催されたYAPC::Asia::2006に合わせて5年ぶりに来日したLarryは,実は我が家の賓客でもありました。またとない機会なのでインタビューしてみた次第。なお,Larryが日本語で話した部分は《~》でくくっています。

撮影:武田康宏

画像 

(筆者)日本語はどれだけ話せるのですか?

(Larry)《簡単に会話を遅くします。でもペラペラじゃない。5年かけて少しずつ勉強しました。でも,練習することがあまりできません。本だけで簡単に…》

弾:ひょっとしてまだ1977年版Honda Accordに乗っているんですか?

ラ:はい。もう29歳です。廃車にすると,環境条例でカリフォルニア州が500ドルくれるのですが,まだ乗ってます。

弾:最近お気に入りのアニメは?

ラ:《あずまんが大王! ちよちゃん大好き!(ちよちゃんの歌「つくりましょう!」を歌い出す)

弾:…ちよちゃんの話はこれくらいにして,次いきます。お子さんたちもPerlユーザですか?

ラ:末っ子だけです。娘たち2人はアーティストで,プログラムはほとんどしません。長男は理論物理学者ですが,コンピュータさえほとんど使いません。

弾: O'Reillyを首になってから,どんな仕事をしていましたか?

ラ:しばらくは公的に失業していました(苦笑)。幸い不動産の値上がりがあったので,リバースモーゲージで生計を立てていました。最近になってNetlogic Microsystems社に雇用されていますが,時間のほとんどはPerl 6につぎ込んでいます。

弾:失業中に給与が支払われていたとしたら…。

ラ:3000万円ぐらいになっていたでしょう。

弾:3000万円棒に振るとは,太っ腹ですね。

ラ:(私は)金持ちです》。どれだけ持っているかではなく,どれだけ与えることができるかというのが金持ちの定義なら。

撮影:武田康宏

画像 

弾:昨今のスクリプト言語の人気についてどう思いますか?

ラ:とてもいいことです。

弾:でも,言語ファン同士で「宗教戦争」になったり…。

ラ:しますね,ときどき。でも言語開発者同士は非常に仲がいい。GuidoさんもMatzさんも親友※1)。喧嘩しがちなのはそのまわりの人かな。

弾:Perl6はいつリリースされそうですか?

ラ:クリスマスまでに。でもどのクリスマスかは秘密です(笑)

弾:Pugs※2はどう思いますか?

ラ:素晴らしいです。私もコミッタになりました。

弾:私も。

ラ:問題は,Haskellで書かれていること。Cと違ってPerlハッカーにはHaskellを使える人が少ないのです。

弾:でも,これでトンネルを両側から掘り進めるようになりましたよね。

ラ:弾さん,それ私の(言いたかった)せりふです(笑)。真ん中でトンネルがくっつけばいいのですが。

弾:でもAudreyの勢いだと…。

ラ:なんか山が全部なくなっちゃいそうです(爆笑)。

弾:Parrot※3が実際に使われるようになると,Perl以外の言語にどのような影響があるのでしょうか?

ラ:動的言語はすべて恩恵を受けるでしょう。Javaや.NETなどのVirtual Machineはすべて静的言語を対象としています。

弾:Lisp Macineに近いのですか?

ラ:そう。動的言語は,いわばLispの「スキン」とも言えます。Perl 6はその中でベストの「スキン」になることを目指しています。

弾:TMTOWTDI(There's More Than One Way To Do It)※4はどのようにして生まれた言葉なのでしょうか?

ラ:子供の頃は,すごく戒律の厳しい宗派の家で育ったのですが,大学でそれ以外の世界を知りました。神は自由意志を持つことを知ったのです。

弾:ソフトウェアエンジニアとして,技術の知識以外に必要なことは何でしょうか?

ラ:文化,でしょうか。どれだけ優れたソフトウェアでも,文化を持たないものは普及しません。《プロトカルチャ~※5

弾:ヤックデカルチャ!※5

…と,このような調子で話は続いていったのですが今回はこの辺で。おわかりの通り,Larryは気さくを通り越しておちゃめな人です。Perlをここまで普及させたのは,この人柄にあるのでしょう。不肖,私もそこに惹かれた1人であります。

※1
Python開発者のGuido van Rossum氏とRuby開発者のまつもとゆきひろ氏
※2
Audrey Tang氏開発のPerl6コンパイラ。2ヵ月で実装されたという
※3
Perl6の仮想マシン。Perl6だけでなく,Python,RubyやJava,PHPなどの動作も可能という
※4
Perlで使われるスローガン
※5
アニメ「超時空要塞マクロス」で,「プロトカルチャー」は人類の祖先,「ヤックデカルチャ」「なんとおそろしい」の意

著者プロフィール

小飼弾(こがいだん)

ブロガー/オープンソースプログラマー/投資家などなど。ディーエイエヌ(有)代表取締役。1999~2001年(株)オン・ザ・エッヂ(現(株)ライブドア)取締役最高技術責任者(CTO)。プログラミング言語Perlでは,標準添付最大のモジュールEncodeのメンテナンス担当。著書に『アルファギークに逢ってきた』(2008年5月,技術評論社)。ブログは『404 Blog Not Found』

URLhttp://blog.livedoor.jp/dankogai/

コメント

コメントの記入