小飼弾のアルファギークに逢いたい♥

#8 達人プログラマー Dave Thomas(前編) RubyにはMatzの受けた教育,宗教とかすべてが反映されている

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

今回のゲストは『達人プログラマー』『プログラミングRuby』注1などの著書で知られるDave Thomas氏。日本Ruby会議2007(6月9日~10日)の前日,六本木のカフェで行われた対談,さて,どんな話題が飛び出すでしょうか…。

編集部注)
本対談は2007年6月に行われたものです。

(右)Dave Thomas氏,(左)小飼弾氏(撮影:武田康宏)

(右)Dave Thomas氏,(左)小飼弾氏(撮影:武田康宏)

Ruby&Rails

弾:Rubyに出会ったのはいつですか?

Dave:1999年です。

弾:早いですね。

Dave:私はいろんなプログラミング言語を必ず試してみるタイプで,たいていは30分もすると,これはダメっていう感じになるんだけど,Rubyは30分経っても1時間経ってもまだ使い続けてて,それでAndy注2「お前も使ってみろ」と。それがRubyとの出会いです。そのあとは,ずっとRubyばっかり使っています。

弾:ブログでErlang注3のことも書いてますね。

Dave:最近は両方使ってます。Erlangのよいところは,Rubyととっても違うこと。Rubyが不得意なことはErlangが得意だし,その逆もまた真なり。

弾:Matz注4さんとの馴れ初めは?

Dave:Matzさんとの出会いは『Programming Ruby』の出版がキッカケで,そのあとずっとやりとりしてます。

弾:私もMatzさんとブログでやりとりしてるんですが,MatzさんはRubyと同じくらいおもしろい対象だと思います。

Dave:まったくそのとおりで,RubyはMatzさんの性格を反映したもの。Matzさんの受けた教育とか宗教とか,そういうものが全部反映されたものがRubyです。

弾:日本でも最近とくに人気が出ているRubyですが,アメリカではどうですか?

Dave:もっと人気があります。初めは全然知られてなくて,英語のドキュメントもほとんどなかったんですけど,Ruby on Railsが出てから勢いが変わって。Railsに関しては,アメリカの勢いが日本に輸入されているようなところもあるのでしょう。

弾:Railsとの付き合いはいつから?

Dave:2年前からになるんですけど,Webアプリケーションを書くやり方としては,これだと思って。そういうわけで本を書くことにして,それからRailsとの関係はずっと続いています。

弾:Railsの弱点は?

Dave:それは簡単です。あまりにWebアプリケーションというものを簡単に見せてしまったことでしょう。Railsのビデオを見ると,本当に誰でもWebアプリケーションを作れるんだっていう気になります。それで動くものはできるんですけども,きちっと動かし続けられるようなものを作るというのは別問題ということを忘れちゃうわけです。だから,Railsの人気が出てから,不安定なサービスというのがいっぱい出てますけども,それが理由だと思います。

弾:Railsを利用したサイトとして有名なのがTwitterですが,入力画面が猫になることでも有名になりましたね。

Dave:彼らは彼らのやっていることをちゃんとわかってます。わかっているけれども,これほどあっという間に人気が出るというのは,これはもう誰にもわからないから,あれはあれでしかたがないでしょう。

弾:Rails以外のRubyはどう思われてますか?

Dave:まず,教育用の言語としてRubyは最適です。それから,DSL(Domain Specific Language)の実装用としても最適。あとは,MatzさんのRuby以外のRuby実装が出てきているのも,すごくよいことです。

弾:では,Rubyの弱点はどこでしょう?

Dave:1つは,Rubyは遅いと思われていることです。実際にまぁ,まったく同じようにプログラムすると,Rubyはほかの言語よりも遅いことが多いんですけど,それ自体は問題ではないと思います。ただし,そう思われているということが問題です。あともう1つは,Ruby 2はどんな姿になるのかが,現時点ではよくわからない。その辺を,今回のRuby会議で,明らかにできたらなというふうに思っています。

弾:Matzさんにもし何かがあったら,今のRubyはどうなると思います?

Dave:Pythonでは(作者のGuido van Rossum氏が)バスにぶつかったらどうだろうという質問がありましたが,現時点ではRubyCentralのほうでしっかりできるでしょう。

注1)
『達人プログラマー―システム開発の職人から名匠への道』,Andrew Hunt/David Thomas 著,村上 雅章 訳/ピアソン・エデュケーション
『プログラミングRuby 第2版 言語編』/『プログラミングRuby 第2版 ライブラリ編』,Dave Thomas/Chad Fowler/Andy Hunt 著,まつもと ゆきひろ 監訳,田和 勝 訳/オーム社
注2)
『達人プログラマー』の共著者でThe Pragmatic Programmers, LLCで出版事業も共に行っているAndy Hunt氏。
注3)
並列処理をサポートする関数型プログラミング言語。http://www.erlang.org/
注4)
Rubyの生みの親であるまつもとゆきひろ氏。

Rubyコミュニティ

弾:Perlコミュニティと比べると,Rubyコミュニティはすごくまとまって見えますね。

Dave:それはRubyコミュニティがまとまって見えるんじゃなくて,Perlの場合もうすでに,Larry(Wall)注5以外に開発者がいっぱいいるから,そういう風になっているんじゃないでしょうか。

弾:それを加味してもなお,Rubyのほうがまとまって見えるというのはなぜ?

Dave:Rubyプログラムというのはだいたいこの辺に収まっているというのがわかりやすいんだけど,Perlの場合はどっちも優れたPerlで,どっちもPerlにしか有り得ないというプログラムなのに,全然違うものに見えるものもあるんじゃないかっていう,まさにそれこそPerlの問題なんです! 賢くなるのもOKというのがRubyの立場だけども,賢くないと問題だよねっていうのがPerlの立場です。

注5)
Perlの生みの親。

Dave Thomasさんメッセージ入り WEB+DB PRESS限定Tシャツ
30名様にプレゼント!

Tシャツ表面のメッセージ

Tシャツ表面のメッセージ 画像

The Pragmatic Programmerシリーズ邦訳書籍も多数プレゼントあります!!

詳しくは「WEB+DB PRESS Vol.40」15ページをご覧ください。また,こちらのアンケートページからも応募できます。

著者プロフィール

小飼弾(こがいだん)

ブロガー/オープンソースプログラマー/投資家などなど。ディーエイエヌ(有)代表取締役。1999~2001年(株)オン・ザ・エッヂ(現(株)ライブドア)取締役最高技術責任者(CTO)。プログラミング言語Perlでは,標準添付最大のモジュールEncodeのメンテナンス担当。著書に『アルファギークに逢ってきた』(2008年5月,技術評論社)。ブログは『404 Blog Not Found』

URLhttp://blog.livedoor.jp/dankogai/

コメント

コメントの記入