小飼弾のアルファギークに逢いたい♥

#10 jQuery/Mozilla John Resig

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

JavaScript界隈で最近注目のライブラリ,jQuery注1)。今回のゲストはその作者にして,Mozilla CorporationでJavaScript Evangelistを務めるJohn Resigさん。日本の「JavaScript先進国」ぶりにはかなりのインパクトを受けたようです。

(左)小飼弾氏,(右)John Resig氏(撮影:武田康宏)

(左)小飼弾氏,(右)John Resig氏(撮影:武田康宏)

米国にはない

弾:JavaScriptに関わったきっかけは?

Resig:大学ではPerlを使っていて,Mozillaの前にいたスタートアップ企業に入ってから使うようになりました。以来,JavaScript一筋です。

弾:JavaScriptコミュニティのShibuya.jsで講演されましたが,日本のJavaScriptersはどうでした?

Resig:非常に楽しかったです。そもそも,JavaScriptのコミュニティが日本に存在しているということがおもしろい。アメリカでは,JavaScriptのコミュニティはまったくありません。

弾:それはなぜ?

Resig:アメリカでは,開発者はどちらかというとサーバ指向です。

弾:PHPが好きな人たちだったりして?(笑)

Resig:たとえば自分が住んでいるボストンでは,PHP,Java,Rubyのコミュニティはある。でもJavaScriptのコミュニティはありません。

弾:そういう状況を変えたいですか?

Resig:とても。JavaScriptに対する偏見のようなものが存在してると思うんです。

弾:どんなこと?

Resig:JavaScriptはかつて,あまりよくない言語だったんです(笑)。でもそれからずいぶん成長して,それに合わせてデベロッパ(のコミュニティ)も成長してきたと思います。個人的にはたとえば,JavaScriptにまじめに取り組んでいるベテラン開発者が増えてきたと思います。

弾:Perlプログラマもずいぶん入ってますね。

Resig:Webデザイナだけではなく,コンピュータ科学の学位を持っている人たちが入ってくるようになってきました。

弾:偏見は,日本よりアメリカのほうが強いと思います?

Resig:サーバサイド開発(への関心)が強過ぎて,JavaScriptの課題について話し合われる機会そのものが少ないと思います。

弾:人々に新しいものを学ぼうという気にさせるためには,何が必要ですか?

Resig:世の中には2種類の人間がいると思うんです。パイオニア,先駆者的な人たちは,Railsが出てくる何年も前からRubyを使っていたり,人気が出るずっと前からJavaScriptを使っています。一方で,無難なところにしか行かない人たちもいます。その意味ではJavaScriptのライブラリが,特に後者の人たちにアピールすると思います。

弾:それ,Shibuya.jsが存在してBoston.jsというのはまだ存在しない理由になっているかも。日本人のほうが早く退屈してしまうんです(笑)。新しいものを求めている人たちのパーセンテージが日本は高い。

Resig:(本誌を見ながら)こういう種類の雑誌は,アメリカには存在しないんです。生き残っている種類の雑誌は,非常に企業指向の強いもの。たとえば,MicrosoftとかJavaといったテーマを扱っていて,非常に退屈なものです(笑)。

弾:(笑)

Resig:文化的な違いかもしれないですけど,この種の雑誌がもっと成功してほしいと思っています。

注1)
本誌Vol.41「JavaScriptわくわく開発道」第3回「jQueryのはじめかた」に解説があります。

著者プロフィール

小飼弾(こがいだん)

ブロガー/オープンソースプログラマー/投資家などなど。ディーエイエヌ(有)代表取締役。1999~2001年(株)オン・ザ・エッヂ(現(株)ライブドア)取締役最高技術責任者(CTO)。プログラミング言語Perlでは,標準添付最大のモジュールEncodeのメンテナンス担当。著書に『アルファギークに逢ってきた』(2008年5月,技術評論社)。ブログは『404 Blog Not Found』

URLhttp://blog.livedoor.jp/dankogai/

コメント

コメントの記入