小飼弾のアルファギークに逢いたい♥

#11 Twitter Evan Williams

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

今回のゲストは,TwitterのCo-founderであるEvan Williamsさん。対談は2007年11月16日,Web 2.0 EXPOでO'Reilly MediaのTim O'Reillyさんとの「A Conversation with Evan Williams」と題したキーノートのあとに行われました(以下,敬称略)。

(左)Evan Williams氏,(右)小飼弾氏(撮影:平野正樹)

(左)Evan Williams氏,(右)小飼弾氏(撮影:平野正樹)

今日は働いています

弾:Hello there!

Evan:Hi!

弾:今日はTwitterを見ながら対談しましょう。

Evan:そりゃすごい。今日誰か落ちてるって言ってたけど。

弾:今は動いているみたい。

猫はニャン匹?

弾:Twitterを動かすのに猫は何匹必要?注1

Evan:多過ぎて数えられないよ(笑)。

弾:まじめな問題,Twitterの稼働率ってどれくらい? 当初はずいぶんと不安定だったけど。

Evan:アクセスの急増に資源増強が追いつかなくて。でもだいぶましになってきたとは思う。信頼性の向上は,我々の最重要課題。とはいえ,まだまだ我々は小さな会社で,エンジニアは4人しかいないし…注2)。

弾:その中にあなたは含まれてる?

Evan:ノー。私はコーディングからは手を引いている。最初のうちはちょびっと書いたけど。

Ruby on Rails

弾:Ruby on Railsを選択したのは誰?

Evan:それは私。

弾:きっかけは?

Evan:オーディオ関連のサイトを作っていて,そこで使っていたので。

中にErlangはいないよ

弾:Erlang使っているって聞いたけど。

Evan:Erlang? ハア?

弾:Erlang言語をメッセージングサーバに使っているって聞きましたが,本当?

Evan:ああ,そのErlang。ノー。Rails以外のサーバはあるけど,すべてRubyベース。

弾:全部?

Evan:今は全部…だと思う。将来はともかく,現在は。

画像

注1)
かつてのTwitterでは,メンテ画面が猫だった。
注2)
2007年11月現在。

著者プロフィール

小飼弾(こがいだん)

ブロガー/オープンソースプログラマー/投資家などなど。ディーエイエヌ(有)代表取締役。1999~2001年(株)オン・ザ・エッヂ(現(株)ライブドア)取締役最高技術責任者(CTO)。プログラミング言語Perlでは,標準添付最大のモジュールEncodeのメンテナンス担当。著書に『アルファギークに逢ってきた』(2008年5月,技術評論社)。ブログは『404 Blog Not Found』

URLhttp://blog.livedoor.jp/dankogai/

コメント

コメントの記入