小飼弾のアルファギークに逢いたい♥

#16 UIEvolution/Big Canvas 中島 聡

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

今回のゲストは,Windows 95/98などのチーフアーキテクトなどを務めたことで知られる中島聡さんです。

左:中島聡氏,右:小飼弾氏(撮影:武田康宏)

左:中島聡氏,右:小飼弾氏(撮影:武田康宏)

自己紹介

弾:では,一応自己紹介からお願いします。

中:パソコン好きがそのまま大人になった(笑),中島です。学生時代,アスキーでバイトをして,一瞬,間違ってNTTの研究所に行って(笑)。それから軌道修正をかけて,日本のMicrosoftに行ってからアメリカのMicrosoftに行って,トータル13年半くらいいて,2000年に退社。一瞬,ベンチャーキャピタルに行ったんですけど,UIEvolutionっていう自分の会社を作って,それを日本のスクエニ注1に買収してもらって,ちょっと奉公したあとに,最近,Big Canvas注2っていう2つ目のベンチャー企業を始めました。

注1)
(株)スクウェア・エニックス
注2)
増井雄一郎氏と設立。

10年に1度のプロダクト

弾:一言で言うと,まさに好きを貫いてらっしゃる方ですよね。で,最近,好きなものといえばこれですよね。iPhone。

中:僕,ギークな中でも新しいものをぽんぽん買うタイプじゃないんですよ。最近ちょっと変わってきたけど。作るのは好きだけど,買うほうじゃない。

弾:僕と雑誌の関係みたいだな(笑)。……失礼しました。

中:でもiPhoneはめずらしく欲しかった。で,買って使ってて,ほんとすごいと思いますね。どう言い表したらいいか難しいんだけど。セクシーっていうのが一番いいのかな。なんとも言えない使い心地。Appleに関してはMicrosoftにいたときからずっと意識はしてきた会社だし,iPodでがんばってたのも知ってるし,当然iPodも持ってたんだけど。iPhoneがああいう形注3で発表されて出てきたとき,何かを感じましたね,ものすごく強く。うまく言えないんだけど。

技術の進化って,たとえばハードディスクの値段が安くなる,フラッシュメモリが安くなる,画像がよくなる,タッチスクリーンができるっていうようにどんどん進化していく。でも,使ってる人のライフスタイルの変化は意外とそれにはついていかなくて,いつも遅れるんですよね。だけど誰かがポッと引き上げてあげると,誰でもテクノロジの良さを享受できるっていうジャンプが起こる。大きいジャンプを起こしてるものの1つがiPhoneかなと。10年に1つといえるくらいの,そういう意味では,任天堂のWiiだってDSだってそう。古い話で言えばパソコンがそう,IBMとか,Apple IIもそうか。

で,僕はUIEvolutionで携帯ビジネスをしてたから,日本が日本なりの進化をしてるのに,アメリカはなかなか進化しなくて,日本よりだいたい18ヵ月から24ヵ月遅れでいってるので,ずっとアメリカでモバイルビジネスをしているとフラストレーションがあったわけです。それが一気に追いついたというか,ひょっとしたら追い抜いたかもしれない。それもちょっとベクトルが違う形で抜いてるところがいいんですよ。そんなのがアメリカで発表されて,日本の携帯もアメリカの携帯も,パソコンも知ってる僕としては,とてつもないおもちゃが現れたなあと。

で,ほんとは一番悔しかったんですよね。自分が関わってなかったっていうのが。なんで僕はAppleにいなかったんだ!

注3)
2007年1月Steve JobsがMacworldで発表した。中島さんは事前にiPhoneの発表があるらしいと把握していたとのこと。

簡単さへの憧れ

弾:初めにMosaic注4見たときも,やあ,やられたなって思いましたね。でもそのあと,そのサービスがいろんなふうにブラッシュアップされていくじゃないですか。本当に安定したころには今度は逆にいろんなところが洗練され過ぎて,もう俺にはできねえ,っていうような感じで。

中:ブラウザも,ものすごく悔しかった。大学3年の頃に「CANDY」注5を作って,卒業前にCANDY1,2,3と出して,次のバージョンではCANDYにハイパーリンクのシステムをつけて,画像の一部をクリックすると,別の画像に飛んで,ある部分が拡大されて見えるっていう,画像ベースで全部ベクターだったんだけど,ハイパーリンクシステムを作って,アスキーに持っていったんですよ。これ,CANDYの次のバージョンとして出したいって言ったら,こんなの売れないよって,却下されたんです。役に立たないのかなって思ってたらMosaicが出てきて。Mosaicのほうが文字だったから正しかったかもしれないけど,悔しかったですよ。あんなの別に簡単じゃん。でも,ほんとの答えは結構簡単なところにありますよね。HTTPやHTMLの簡単さに僕は憧れるし,嫉妬を抱く。誰かがものすごく複雑なアルゴリズムのプログラムを作っても,何これ,こんな複雑な,って全然感動しないけど。

弾:CANDYのころというと,80年代ですか。そのころにハイパーリンクがあっても却下されるのが逆に当然で,当時は今みたいな潤沢な通信回線どころか,通信回線そのものがなかったですよね。

中:でもシステムの中でハイパーリンクしてましたから。画像と画像がポジションでリンクするのは価値があるかなって思ったんですよね。でもダメでした。そういう意味ではものには遅過ぎたり早過ぎたりっていうことがあって,iPhoneみたいなデバイスで言うと,ある意味Newton注6もそうじゃないですか。Newtonも早過ぎた。Palmは惜しかったよね。

画像

注4)
NCSA Mosaic。現在のWebブラウザの源泉となった。
注5)
中島さんが開発したパソコン用のパーソナルCADソフト。
注6)
Newtonは,Appleが1993年に発売した個人情報端末(PDA)で,正式名称は「メッセージパッド」。後出のPalmもPDAで,多くのユーザを集めたが,開発元のPalm社が2003年,ハード部門とソフト部門に分社化,その後,製品としての開発は終了している。

Big Canvas

中:そういう意味では僕が今までビジネスとして成功してるのって,たまたま。運なわけですよ。OSを作ってたちょうどいいタイミングでMicrosoftに行ったとか。ブラウザ戦争がおこったときにあそこにいたっていうだけの話で。

それで,今回立ち上げたBig Canvasっていう会社は,実はまだ手探り中なんだけど,いろいろ思うところがあるんです。ライフスタイルとしては携帯電話っていうもともとの電話の機能があったじゃないですか,声で通信する。それがメール,テキストで通信するっていう時代が来て,次はビジュアルで通信っていう時代が来ることは目に見えてるわけですよ。誰かがそこで思い切り不連続な進化を起こして,みんながビジュアルな通信をし始める時代が来る。それが2年後なのか5年後なのかわかんないけど,それはもう外しようがない。でも誰がやるのか,どんなデバイスでやるのかはまだ見えてない。美化した後付けの部分も入ってるんだけど,Big Canvasのビジョンとしては,そういう新しいライフスタイルまで至るにはハードとネットワークのインフラとソフトとユーザインタフェースと,全部合わせなきゃいけない。iPhoneにはそのかなりの部分が揃ってるから,ここにちょっとしたソフトとサービスを足したらそれが具現化できるんじゃないか。

それにしてもiPhoneて今はまだまだマーケットが小さいってみんな言うんですけど,たぶん5年後にみんながやってるだろうことをここで実現できるんだから,今。そしたらやるしかないじゃん。あとは企業としてきついのは,それが3年後にくるか,5年後にくるかわかんないし,誰が勝つかわからない状況で,生き延びてかなきゃいけない。わかってないんだけど,ちょっとやってみたいなと。

CANDYのときはハイパーリンクは早過ぎたからぽしゃられたし,自分で会社を作る度量もなかったし,資金力もなかったんだけど,今は幸い多少資金力もあるし,2人くらいの会社だったらまあ,3年,4年は頑張ろうと思えば頑張れるから,ちょっとやってみようかなと。後になってから,「俺知ってたんだよな,ビジュアルコミュニケーションの時代が来ることは。悔しいな,あいつにやられちゃって」っていうのはやだから。

著者プロフィール

小飼弾(こがいだん)

ブロガー/オープンソースプログラマー/投資家などなど。ディーエイエヌ(有)代表取締役。1999~2001年(株)オン・ザ・エッヂ(現(株)ライブドア)取締役最高技術責任者(CTO)。プログラミング言語Perlでは,標準添付最大のモジュールEncodeのメンテナンス担当。著書に『アルファギークに逢ってきた』(2008年5月,技術評論社)。ブログは『404 Blog Not Found』

URLhttp://blog.livedoor.jp/dankogai/

コメント

コメントの記入