小飼弾のアルファギークに逢いたい♥

#18 コミュニティーエンジン 森田 創(omo)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

今回のゲストは,WEB+DB PRESS Vol.50から新連載『WebKit Quest――ソースコードから読み解くブラウザエンジンのしくみ』が始まった,コミュニティーエンジン(株)の森田創(はじめ)さんです。

右:森田創氏,左:小飼弾氏(撮影:武田康宏)

右:森田創氏,左:小飼弾氏(撮影:武田康宏)

自己紹介

弾:ではまず,『徹子の部屋』ならぬ,『Alpha Geekに逢いたい』へようこそということで(笑),自己紹介を。

森田(以下,森)コミュニティーエンジンという会社でオンラインゲームなどの開発をしていて,基本的には受託開発とゲーム用のミドルウェアを作る仕事をしています。入社2年目です。最初に入った会社は組込み系で,そのあとしばらくしてSIの会社に入ったんですけど,SIは思ったよりも合わず,すぐ辞めて,今の会社に来ました。そのSIの会社は商社っぽい企業で,プログラマはわりと脇役で。

弾:ブログを拝見すると,主に使ってるのは,RubyとC++ということでよいですか。

森:最終的な納品物はC++がメインで,Rubyはその他の業務ですね。あとはPythonとActionScriptも使ってます。

C++との出会い

弾:C++とはどんな出会いだったんでしょうか。

森:大学に入った10年ちょっと前,Webはまだそんな流行ってなくて…。

弾:失礼ですけど,おいくつですか?

森:30歳です。

弾:じゃあまだかろうじて,あまりWebがない時代がわかる。

森:そうですね。Windows 95が花形だったころ,大学受験で「物理」「情報」の推薦枠があって,親に浪人しちゃだめって言われてたんで推薦にしようと。職にあぶれなさそうなのはどちらかって考えて,情報は流行ってるらしいし…,というレベルです。で,情報系というのはプログラマなんですけど,ゲームプログラムとかしか知らなかったんですよ。だからゲーム作るなら,プログラミング言語はCくらいしかないと思ってたんで,それに「++」ってついたものとか,そういう程度の認識ですね。

JavaScriptとの関わり

弾:ブログに目を移すと,どちらかというとC++よりJavaScriptの話題がいっぱい出てきます。

森:JavaScriptは仕事では全然使ってなくて,Webアプリを書いてるわけでもなく。たまたまAdobeのTamarinっていうMozilla用スクリプトエンジンがあって,そのソースを読んだんです。JavaScriptだからじゃなく,C++で書かれたAdobeのソースだから。AdobeはASL(Adobe Standard Library)というオープンソースのC++ライブラリを作っていて,Boost注1みたいなものなんですけど,なかなかよくできてるんです。そういうコードかと思って,読んだら全然違った(笑)。

画像

弾:(笑)

森:その後,ブログを読んでた人からイベントで話してくれという話がきて,いつのまにかJavaScriptの人みたいに認識はされてるんですけど,実際はそんなことは全然ないです。

注1)
C++のオープンソースライブラリ

著者プロフィール

小飼弾(こがいだん)

ブロガー/オープンソースプログラマー/投資家などなど。ディーエイエヌ(有)代表取締役。1999~2001年(株)オン・ザ・エッヂ(現(株)ライブドア)取締役最高技術責任者(CTO)。プログラミング言語Perlでは,標準添付最大のモジュールEncodeのメンテナンス担当。著書に『アルファギークに逢ってきた』(2008年5月,技術評論社)。ブログは『404 Blog Not Found』

URLhttp://blog.livedoor.jp/dankogai/

コメント

コメントの記入