小飼弾のアルファギークに逢いたい♥

#23 えとらぼ 衛藤バタラ,廣瀬正明,大沢和宏,松野徳大

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

2006年4月以来,4年間に渡った本連載,今回で最終回となりました。トリを飾るのは,写真ストレージサービスFicia(フィシア)を開発しているえとらぼ⁠株⁠代表取締役の衛藤バタラさんと開発部の廣瀬正明さん,大沢和宏さん,松野徳大さんです。少数精鋭を地でいく面々に,会社の生い立ちからインタビューが始まりました。

画像

撮影:武田康宏

新たに会社を始めた理由

弾:本連載でいろんな方をインタビューしてきたんですけど,バタラさんはたぶん僕と一番境遇が近いんですよ。上場させた会社でCTOをやって注1)⁠そこを辞めて。その後は,僕は1人で好きなようにやってますけど,バタラさんはまた会社を始めましたよね。その理由は?

衛藤バタラ(以下,バ)⁠会社というより,サービスを作りたかったんです。世の中にあるいろいろな写真ストレージサービスを見ていると,こうだったらいいのにと思うことがあって,それを形にするには自分で作るしかないと思って会社を作りました。

弾:会社ではなく個人でやるのも選択肢に入ると思うんですけど。

バ:人を雇ったりするのは,個人でもできなくはないけど,採用を考えると会社という形をとっているほうがやりやすいかなと。

弾:僕自身会社を持っているので,いろんな都合上,会社を作っておくといいというのもわかるんですけど,人を雇うのは,結構勇気がいることですよね。たとえば今日雇って,明日辞めてもらうわけにはいかないですし。そうそうたるメンバーを食わせていかなければならないというのはプレッシャーにはなりません?

バ:逆にそのプレッシャーがあるからもっと良いサービスにとか,もっと早く黒字にしないといけないというのもあると思います。

弾:そのほうが仕事をする気になると。それは確かかもしれないですね。

注1)
衛藤バタラさんは⁠株⁠ミクシィの元CTOで,ミクシィのSNSサービス立ち上げに携わった。弾さんは元⁠株⁠ライブドアCTO。

自己紹介

弾:社員さんからも自己紹介してもらえます?優秀な(笑)⁠

松野(以下,松)⁠松野です。ネットではtokuhiromというハンドルで,2009年の2月にえとらぼに入社しました。その前はモバイル系の会社注2つぶやき系のサイトやモバイルのWebサイト全般をやっていて,主に着うた,着メロサイトを運営していました。今はFiciaのサーバサイドのことをやっています。

大沢(以下,大)⁠大沢です。ネット上ではYappoというハンドルです。えとらぼには2008年の夏,8月頃に入りました。その前までは受託開発の会社注3でECサイトなどをよく作っていました。Ficiaではサーバサイドももちろんですけど,WebのUIもいじっています。

廣瀬(以下,廣)⁠廣瀬です。ハンドルはhirose31です。えとらぼにはYappoさんのちょっとあと,2008年10月くらいに入りました。仕事としてはネットワークとかサーバとか,インフラ周りをやっています。技評さんからも『サーバ/インフラを支える技術』っていう本注4が出てますので買ってください。

弾:たくさん売りましたよ(笑)⁠

廣:弾さんのブログで紹介されて(売上が)びよーんって上がりました(笑)⁠ありがとうございました。

注2)
⁠株⁠モバイルファクトリー
注3)
インフォマークス⁠株⁠
注4)
[24時間365日]サーバ/インフラを支える技術……スケーラビリティ,ハイパフォーマンス,省力運用』⁠伊藤直也,勝見祐己,田中慎司,ひろせまさあき,安井真伸,横川和哉 著/ISBN 978-4-7741-3566-3

入社の理由

弾:みなさんはなぜ,えとらぼに入社されたんですか?

松:ばりばりコードを書ける環境に行きたかったっていうのはあります。

弾:創設者がばりばりコードを書いてる人だから。

松野徳大さん

松野徳大さん

松:あとは自分よりできる人がいる環境に行こうかなと思って,一番良さそうだったということですね。

大:入った時期は逆なんですけど,最初は廣瀬さんから,おもしろい話あるからおいでよってうさんくさい感じで誘われて(笑)⁠行ってみたら,奥からどこかで見たような…(笑)⁠

廣:誰と誰を会わせるか言わなかった(笑)⁠

大:バタラさんっていうだけでおもしろいし,あとで廣瀬さんも来るという噂があったので,技術的にもちゃんとしたことできそうだし,おもしろいことができそうだと。

弾:その廣瀬さんは?

廣:僕はバタラさんとは何年か前にお話しさせていただいたことがあって,しばらく連絡とってなかったんですけど,2008年に連絡をもらって,サービスを作ろうと思っているということでFiciaの骨子を聞いて,おもしろそうだと思うし,当時,子どもができたばかりでいっぱい写真を撮っていて,この写真どうしようって思ってたときなので。

弾:子どもの写真をアップできるサービスが欲しかった! いいですね(笑)⁠ここまでで給料の話がまったく出てこないというところに僕は感動しているんですけど,大丈夫ですか? これ,聞いちゃっていいのかな。給料犠牲にしました? えとらぼに来るにあたって。

松:してないんじゃないですか。

廣:してないです。

弾:犠牲にはしてない。やっぱりそこは押さえておかないと。

大:僕はいいんですけど,嫁に怒られる。

弾:(笑)⁠そういった意味でえとらぼというのはすごく恵まれた会社だと思います。今,仕事ができる人って給料じゃまったく釣れませんものね。昔は結構金で横っ面をひっぱたいてっていうのがあって(笑)⁠

一同:(笑)

バ:結局,給料だけだと上がっても何%かじゃないですか。それで毎日やりたくない仕事をしょうがなくやってるよりも,夢を持って好きなことをやるっていうほうがずっといいと思うんですよね。

著者プロフィール

小飼弾(こがいだん)

ブロガー/オープンソースプログラマー/投資家などなど。ディーエイエヌ(有)代表取締役。1999~2001年(株)オン・ザ・エッヂ(現(株)ライブドア)取締役最高技術責任者(CTO)。プログラミング言語Perlでは,標準添付最大のモジュールEncodeのメンテナンス担当。著書に『アルファギークに逢ってきた』(2008年5月,技術評論社)。ブログは『404 Blog Not Found』

URLhttp://blog.livedoor.jp/dankogai/

コメント

コメントの記入