Android Studio最速入門~効率的にコーディングするための使い方

第1回 Android Studio,そしてベースとなる「IntelliJ IDEA」とは何か?

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

はじめに

5月15日にサンフランシスコで開催された米Google Inc.のイベント「Google I/O 2013」にて,Android向けの統合開発環境(以下,IDE)「Android Studio」が発表されました。Android Studioは,今までEclipseのプラグインとして提供されてきたADT Plugin(Android Development Tools)とは異なり,新たに「IntelliJ IDEA」をベースに作り直した全く新しいIDEです。

Android Studioのニュースは瞬く間に国内外に知れ渡り,そのニュースと共にIntelliJ IDEAという言葉も多く目にしたと思います。

IntelliJ IDEAはチェコのJetBrains社が開発しているIDEで,海外ではEclipse,NetBeansに並ぶほど著名なツールです。ただ,有償であることと英語版しかないこともあって,国内の知名度は決して高い方とは言えません……。そのため,多くの人が『IntelliJ IDEAって何?Eclipseとどう違うの?』と思ったのではないでしょうか。

この連載について

筆者はAndroid StudioのベースとなっているIntelliJ IDEAを長年愛用している熱心なユーザの一人です(実を言えば,Androidの開発経験はありません)。

この連載ではベースとなったIntelliJ IDEAの特徴や基本的な考え方を踏まえてAndroid Studioの基本操作や設定方法,Eclipseとの違い,オススメな使い方などを紹介していく予定です。

Android開発に特化した内容は,Android開発を生業としている方がそのうち解説記事を書いてくれると信じていますので,私はAndroid Studioの基本かつ,ちょっとだけマニアックな紹介をしようと思いますのでお楽しみに。

Android StudioとそのベースになったIntelliJ IDEAとは

IntelliJ IDEA(インテリジェイ・アイデア)は,チェコにあるJetBrains社が開発しているIDEです(国内の代理店としては株式会社サムライズムがあります)。歴史は意外と古く,2001年にファーストリリースがされています。それ以降,ほぼ毎年バージョンアップを繰り返し,現在の最新バージョンは12.1になります。

元々はJava専用のIDEだったのですが,バージョンを重ねるごとに対応言語が増えており,今や多種多様な言語を扱うIDEとなっています。Android Studio同様にIntelliJから派生した特定言語に特化したIDEがあり,かつIntelliJは有償のUltimate Edition(以下,IDEA UE)と無償でオープンソースのCommunity Edition(以下,IDEA CE)が存在することとも相まって製品体系が若干複雑です。

図1はAndroid StudioおよびIntelliJ IDEAとその派生IDEとの関係を簡単にあらわしたものです。

図1 Android StudioとIntelliJ IDEAおよび関連IDEの関係(Android Studioは,IDEA CEから派生しているだけで,JetBrainsから提供されているIDEではありません)

図1 Android StudioとIntelliJ IDEAおよび関連IDEの関係(Android Studioは,IDEA CEから派生しているだけで,JetBrainsから提供されているIDEではありません)

IDEA CEとAndroid Studioだけが無償で,それ以外はすべて有償です。IDEA UEはすべてのIDEの最上位に位置しており,追加のプラグインを組み込む事で下位のすべての機能を有することができます(AppCodeだけはIDEA UEには含まれません)。これら以外にも.NET系のReSharperがありますが,IntelliJベースではないので割愛します。

Android Studioが登場する以前から,無償のIDEA CEでAndroid開発をサポートしていましたので,今回のAndroid Studioのニュースは「ああ,Googleはそうゆう選択をしたんだ」という程度で,それほどおどろく事ではありませんでした。

JetBrains系IDEの特徴

無償のEclipseやNetBeansがIDE界隈を席巻しているのに,決して安くは無いIntelliJ IDEAが一定の人気を保っているのは,根底に流れる哲学とそれを裏付けた機能にあると考えています(ピンと来ないかと思いますが,IntelliJはそれなりに人気のあるIDEなんですよ)。

  • 「Develop with Pleasure!」

これがJetBrains社が掲げるテーマです。使ってみるとわかるのですが,JetBrains系のIDEは「コーディングするのが楽しくなるIDE」で,それを裏打ちするように以下の機能が特に優れています。

  • いろいろな場所で強力に機能するコード補完
  • テキストエディタ並のテキスト編集
  • プログラムの検査(インスペクション)
  • リファクタリング

ライバル視(?)されるEclipseも同様の機能は十分優れていますが,IntelliJは全てにおいて統一的な操作・機能を提供していることが特徴と言えます。また「快適にコーディングを支援すること」に主体を置いているためNetBeansのようなコーディングレスな開発支援機能はそれほど優れていません(個人的には,UI設計をコーディングレスで行うAndroid Designerがどの程度の便利さか期待しています)。

一見,至れり尽くせりなIntelliJですが,バージョン 12.1に象徴されるように,長い歴史を継いできているため設定や操作方法にはクセと呼べるような特徴があり,新規ユーザにとって決してわかりやすいとは言えなくなってきたのも事実です。とくにEclipseからの乗り換えは苦労を伴うようです(おいおい説明します)。

著者プロフィール

今井勝信(いまいまさのぶ)

システムエンジニア。日本ユニシス株式会社所属。仙台在住。

Android開発はまったくやったことがないけれどIntelliJ IDEAが大好き。

Twitter: @masanobuimai

コメント

コメントの記入