Android Studio最速入門~効率的にコーディングするための使い方

第10回 エディタの話[その2] ─いろいろなエディタ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 6 分

今回はエディタにまつわる話の第2弾として,Android Studioに用意されているテキストエディタ以外のエディタについて紹介します。

Android StudioがGoogle I/O 2003で初お披露目されたとき,グラフィカルなレイアウトエディタに注目が集まったのは記憶に新しいと思います。ただ,Android StudioのベースとなったIntelliJは「テキストを効率良くガシガシ編集する」ことに長けたIDEで,グラフィカルエディタは不得意というか,関心が薄いという印象を持っていました(それでもSwingのGUIエディタやAndroidのレイアウトエディタは提供されていましたが)⁠

Android StudioがIntelliJの系譜をどこまで継承するのかわかりませんが,現時点のAndroid Studioで提供されているさまざまなエディタを見ていきましょう。

編集可能なファイルタイプについて

まず,サポートしているファイルタイプから見ていきます。

Android Studioが標準でサポートしている言語はJava,HTML,XML,Groovyです(Groovyはサポートしてるといって良いのか疑問が残りますが……)⁠これらのシンタックスハイライトについては「Preferences / Editor / Colors & Fonts」で相当細かく設定できますが,これ以外にも編集可能なファイルが多数あります。

この編集可能なファイルとは「Preferences / File Types」に設定してあるファイル群で,思いのほか多くのファイルをサポートしています。モノは試しにと「Preferences / File Types」に定義されているファイルタイプをリストアップしてみました表1)⁠

表1 Android Studioに定義済みのファイルタイプ

ファイルタイプ拡張子
Android 9-patch Files*.9.png
Android IDL fils*.aidl
Android navigation Files*.nvg.xml
Anrdoid renderscript Files*.fs, *.rs, *.rsh
Archive fils*.ane, *.apk, *.ear, *.egg, *.jar, *.swc, *.war, *.zip
C# files*.cs
C/C++ files*.c, *.cc, *.cpp, *.h, *.hpp
Erlang files*.erl
Files opened in associated applications*.chm, *.doc, *.docx, *.hlp, *.mdb, *.odt, *.pdf, *.ppt, *.pptx, *.vsd, *.xls, *.xlsx
Groovy Files*.gant, *.gdsl, *.gpp, *.gradle, *.groovy, *.grunit
Haskell fils*.hs
HTML files*.htm, *.html, *.sht, *.shtm, *.shtml
IDL files*.idl
Image files*.bmp, *.dcx, *.gif, *.icns, *.ico, *.jbig2, *.jpeg, *.jpg, *.pbm, *.pcx, *.pgm, *.png, *.pnm, +.ppm, *.psd, *.tga, *.tiff, *.wbmp, *.xbm, *.xpm
Java class files*.class
Java source files*.java
JavaFX files*.fx
Patch files*.diff, *.patch
Perl files*.pl, *.pm
PHP files(未設定)
Properties files*.properties
Regular Expression*.regexp
RELAX NG Compact Syntax*.rnc
Service Provider Interface(未設定)
SQL files*.sql
Text files*.bat, *.cgi, *.cmd, *.htaccess, *.jad, *.jam, *.log, *.mf, *.policy, *.sh, *.txt, .gitignore, .gitmodules
XHTML files*.xhtml
XML Document Type Definition*.dtd, *.elt, *.ent, *.mod
XML files*.ant, *.fxml, *.jhm, *.jnlp, *.pom, *.rng, *.tld, *.wsdl, *.xml, *.xsd, *.xsl, *.xslt, *.xul

C#とかC/C++,Erlang,Haskellとか定義されているので「おおっ!」と期待した人もいるかも知れませんが,これは単にその言語のキーワードが定義されているだけで,言語そのものをサポートしているわけではありません。Java以外の言語をサポートしたければ,それぞれの言語に対応したプラグインを入れなければなりません。Android Studioの場合,言語プラグインを入れただけではダメでビルドスクリプトbuild.gradleも適切に設定しないとダメなので,それなりに難易度が高いです。

軽くがっかりしたところで,いくつか気になった点をピックアップしてみます。

イメージファイル

編集こそできませんが,Android Studioからイメージファイルのプレビューが可能です。プレビュー設定については「Preferences / Images」である程度の設定ができます。

図1 ⁠Preferences / Images」

図1 「Preferences / Images」

申し訳程度の機能ですが,同設定画面に「External Editor / Executable path」があり,ここに外部のイメージエディタを指定して,イメージファイルを編集できます。

図2 Jump to External Editorから外部ツールでイメージファイルを編集する

図2 Jump to External Editorから外部ツールでイメージファイルを編集する

オマケ的な機能ですが「Projectツールウィンドウ」で任意のディレクトリを選択し,コンテキストメニューのShow Image Thumbnailsでディレクトリ配下にあるすべてのイメージファイルをサムネイル表示することもできます(⁠Thumbnailsツールウィンドウ」にサムネイルが表示される)⁠

図3 ⁠Thumbnailsツールウィンドウ」

図3 「Thumbnailsツールウィンドウ」

Files opened in associated applications

Android Studioでは開かず,そのファイルタイプに関連付けしてあるアプリケーションで開きます。便利なのかは,ちょっとわかりませんね。筆者はあまりお世話になったことはありません。

独自のファイルタイプを設定する

「Preferences / File Types」「C# files」あたりの設定内容を見てみるとわかりますが,いくつかのお決まりのルールとキーワードを定義しているだけです。

図4 ⁠Preferences / File Types」「Edit File Typeダイアログ」

図4 「Preferences / File Types」の「Edit File Typeダイアログ」

同じ方法で独自のファイルタイプも設定できますので,何か追加したいファイルタイプがあれば,こちらからどうぞ(個人的にはそこまでしなくても,普通のテキストエディタで編集すれば十分なんでは?と思ってます)⁠

著者プロフィール

今井勝信(いまいまさのぶ)

システムエンジニア。日本ユニシス株式会社所属。仙台在住。

Android開発はまったくやったことがないけれどIntelliJ IDEAが大好き。

Twitter: @masanobuimai

コメント

コメントの記入