世界を目指せ!Androidアプリ開発入門

第2回 Androidアプリ開発のための環境構築

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

Android SDKの設定

次は,Android SDKの設定を行います。

Mac OS Xの場合は[Eclipse]メニューの[環境設定]を,Windowsの場合は[ウインドウ]メニューの[設定]をクリックします。設定ダイアログが表示されたら,左側の一覧から[Android]を選択します。設定画面が[SDK Location]にAndroid SDKのパスを指定します。筆者の場合は「/Developer/android-sdk-mac_86」になります。

図10 ⁠SDK Location]にSDKのパスを指定する。

図10 [SDK Location]にSDKのパスを指定する。

あと少しです

Eclipse関連の準備は整いました。

次は,開発に必要なコンポーネントをダウンロードします。これダウンロードしないとアプリ開発ができないので,もう少し頑張ってください。

[ウインドウ]メニューの[Android SDK and AVD Manager]を選択します。左の一覧から[Availabe Packages]を選択すると,インストール可能なパッケージが一覧表示されます。一覧には,Android 1.5用も含まれています。Android 1.5搭載されたマシンは,まだ稼働しており,これをターゲットに開発したほうが無難なケースが多いので,今回は,それも含めて Android 2.1までをインストールします。

図11 パッケージの一覧。今回はすべてのパッケージをダウンロードする。

図11 パッケージの一覧。今回はすべてのパッケージをダウンロードする。

一覧のコンポーネントすべてにチェックして[Install Selected]をクリックします。 しばらくすると,ライセンスに同意を求めるダイアログが表示されるので,内容の確認を行って[Accept All]を選択して[Install]をクリックします。

エミュレータの作成と起動

長い道のりでしたが,ようやく準備が終了しました。

喜びを噛みしめるために,Androidエミュレータを起動してみます。

[ウインドウ]メニューの[Android SDK and AVD Manager]を選択します。左の一覧から[Virtual Device]を選択して[New]をクリックします。

[Create new AVD]ダイアログが表示されたら,パラメータの指定を行います。

[Name:]
エミュレータの名前を指定します。筆者の場合は,_<解像度>のルールで名前を付けています。たとえば,Android 2.1の場合,2.1_HVGAというように付けます。
[Target:]
ターゲットのOSを指定します。今回は「Android 2.1」を選択します。国内では,Android 2.1のデバイスは発売されていませんが,開発に使うのであれば,最新版でも問題ありません。
[SD Card:]
エミュレータが使用するSDカードの容量を指定します。SDを酷使するようなアプリを作らなければ,大容量は必要ないので32MBもあれば十分です。
[Skin:]
[Built-in:]は,エミュレータの画面解像度を設定します。さまざまな解像度のマシンが発売されていますが,一般的な[HVGA]を指定します。

パラメータの指定を終えたら[Create AVD]をクリックします。しばらくすると,一覧に作成したエミュレータが表示されるはずです。

図12 エミュレータ一作成のパラメーター設定例。

図12 エミュレータ一作成のパラメーター設定例。

それでは[Start...]をクリックして,エミュレータが起動します。いかがでしょうか?エミュレータは起動しましたか? 今後,これを使って開発するので,ロケールを変更して,英語表示から日本語表示に変更しておきましょう。手順は,ホーム画面でメニューボタンを押して,⁠Settings]⁠-⁠Language & keyboard]を選択します。⁠Select locale]から,日本語を選択して完了です。

図13 エミュレータを起動した様子。ロケールを日本語にしておきましょう。

図13 エミュレータを起動した様子。ロケールを日本語にしておきましょう。

次回は,この環境を使って実際に開発を進めていきます。

著者プロフィール

傍島康雄(そばじまやすお)

5月30日生まれ。

モバイルデバイスが大好物。それで動くアプリの開発に喜びを感じている。スマートフォン前夜のWindows Mobile,PalmOSのアプリに情熱を傾けていたが,最近は停滞気味でコードを書くよりも文章を書く機会が多くなっており,文章を書くのも,プログラミングと同じくらい奥深い作業だと感じている。

ブログ:http://yasuos.com/blog/

コメント

  • とても

    おもしろかったです。

    Commented : #9  ヤコブセン (2012/10/26, 02:15)

  • 日本語化した途端にウィンドウ>設定がグレーアウト

    はじめまして、

    こちらの手順でWin7用Eclipseを日本語化していたのですが、Babelのソフトウェアをインストールし、再起動した直後にウィンドウ>設定メニューがグレーアウトしてしまいます。

    どなたか同じ現象起きた方で回避策ご存知の方いらっしゃいますでしょうか。

    また、現在のBabelのサイトのリンクはこちらが有効です
    http://archive.eclipse.org/technology/babel/update-site/R0.8.0/helios

    よろしくお願いします。

    Commented : #8  ぴのん (2011/06/30, 10:02)

  • エミュレータの起動時

    初めまして。
    初心者ですが質問をさせて下さい。

    Andoroidエミュレーターのパラメータを設定し
    起動する際、

    emulator: ERROR: no search paths found in this AVD's configuration.
    Weird, the AVD's confing.ini file is malformed. Try re-creating it.

    上のエラーが出て起動できません。
    解決策があるのであれば教えて下さい。

    お願い致しますm(_ _)m

    Commented : #7  yamaki (2011/06/23, 18:37)

  • Re:

    ADDの入力のところが

    コメント欄のURL などを
    入れても出てきません

    Commented : #6  はま (2011/05/10, 00:47)

  • Re: SDKのフォルダにパスを通すについて

    通りすがりです。
    2週間ほど経ってるようなので解決済みかもしれませんが
    わからない人も居ると思うので書き込みます。

    > ホームディレクトリに,同名のファイルが存在しない場合は作成してください。
    他にもやり方はありますが、以下の方法を試してみてください。
    (私は悪意の第三者かもしれないので作業内容は検証しながらお願いします)

    ※Mac OS X 10.6.7 です
    ※シェルは bash が前提
    $ bash -version
    GNU bash, version 3.2.48(1)-release (x86_64-apple-darwin10.0)
    Copyright (C) 2007 Free Software Foundation, Inc.

    ----------
    1.スポットライト検索(command キー+スペース)で「ターミナル」を検索、
     ターミナルを起動する(黒に銀色っぽい枠のアイコンです)

    ----------
    2.以下のコマンドでファイルの存在を確認します。

    cd && ls .bash_profile

    (a) ls: .bash_profile: No such file or directory
     が表示された場合
      →何もしません

    (b) .bash_profile
     が表示された場合
      →(必須ではないですが)バックアップを取得します。

    cp -p .bash_profile .bash_profile.$(date '+%Y%m%d')
    # コピー先のファイル名は私の好みです

    ----------
    3.PATH の設定を行います。

    cat <<EOF >> .bash_profile
    PATH=$PATH:/Developer/android-sdk-mac_86/tools
    export PATH
    EOF
    # そのまま貼りつけてください
    # EOF というのはヒアドキュメントといいます(ググって下さい)
    # 私の場合、追加する PATH が異なりました
    # 本稿:/Developer/android-sdk-mac_86/tools
    # 私 :/Developer/android-sdk-mac_x86/tools
    # ※実施日は 4/4
    # 私のミスか、sdk のディレクトリ名が変わったか。
    # エミュレータは動作しました

    ----------
    4.ファイルを確認します。

    cat $HOME/.bash_profile
    # PATH= 〜、export PATH の2行が表示されればOK


    以上

    Commented : #5  pmekyky385 (2011/04/04, 22:42)

1ページ(1/2)    

コメントの記入