世界を目指せ!Androidアプリ開発入門

第3回 Android SDKでサンプルアプリを使ってみる

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

今回は,Android SDKに収録されているサンプルアプリをエミュレータと実機で動かしてみます。

サンプルアプリをビルドする

まずは,サンプルアプリをビルドします。

サンプルアプリのプロジェクト(既存のプロジェクト)を開くには,[ファイル]メニューの[新規]-[その他]を選択します。

既存のプロジェクトを開く様子。

既存のプロジェクトを開く様子。

[新規]ダイアログが表示されたら[ウィザード][Android]を展開し,中から[Android Project]を選択して[次へ]をクリックします。

プロジェクトの選択画面。[Android]から[Android Project]を選択する。

プロジェクトの選択画面。[Android]から[Android Project]を選択する。

すでにソースコードがあるので[Contents][Create project from existing source]を選択し,[Browse...]でサンプルアプリのプロジェクトがあるフォルダを指定します。今回は,サンプルの中の「SkeletonApp」をビルドします。筆者の場合は,「/Developer/android-sdk-mac_86/samples/android-7/SkeletonApp」に収録されています。

最後に[Build Target]を設定します。すでに[Android 2.1]が選択されているかもしれませんが,選択されてなければ,前回作成したエミュレータに合わせて[Android 2.1]を選択します。これで準備完了です。[終了]をクリックします。

新規プロジェクトの作成画面。ソースコードがあるので[Create project from existing source]を選択する。

新規プロジェクトの作成画面。ソースコードがあるので[Create project from existing source]を選択する。

すると,Eclipseの[パッケージ・エクスプローラー]に,先で開いた「SkeletonActivity」が表示されて,ビルドが実行されているはずです。Eclipseの環境構築に問題がなければ,ビルドが終了して,アプリが実行できる状態になっているはずです。

エミュレータでアプリを動かす

では,ビルドしたアプリをエミュレータで実行してみます。パッケージ・エクスプローラーから「SkeletonActivity」を選択して,[実行]メニューの[実行]を選択します。[次を実行]ダイアログが表示されるので,一覧から[Android Application]を選択して[OK]をクリックします。

[Android Application]を選択して[OK]をクリックする。

[Android Application]を選択して[OK]をクリックする。

しばらくすると,エミュレータが起動します。

初回の起動はAndroid OSの起動に時間がかかりますが,OSが起動した後にビルドしたSkeleton Appが立ち上がるので,辛抱強くまって下さい。Skeleton Appが起動したら,マウスを使って[Clear]ボタンを押す等して,アプリの操作を行い,上手く動作することを確認して下さい。

エミュレータでビルドしたアプリを実行している様子。

エミュレータでビルドしたアプリを実行している様子。

著者プロフィール

傍島康雄(そばじまやすお)

5月30日生まれ。

モバイルデバイスが大好物。それで動くアプリの開発に喜びを感じている。スマートフォン前夜のWindows Mobile,PalmOSのアプリに情熱を傾けていたが,最近は停滞気味でコードを書くよりも文章を書く機会が多くなっており,文章を書くのも,プログラミングと同じくらい奥深い作業だと感じている。

ブログ:http://yasuos.com/blog/

コメント

コメントの記入