ActionScript 3.0で始めるオブジェクト指向スクリプティング

第1回 Flash Player 9とActionScript 3.0

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

米国アドビ システムズ社(以下Adobe)から,2007年3月におけるFlash Playerのバージョン別普及率が公表された※1)。その調査結果によると,Flash Player 9の普及率はアメリカとカナダで84.0%,ヨーロッパが83.5%,日本は81.8%に達した図1)。

Flash Player 9は,昨年の6月にFlex 2とともにリリースされた。Flash Player 9およびActionScript 3.0をサポートするFlash CS3 Professionalもついに米国で発売になり※2),日本語版は6月下旬に出荷が始まる予定だ。

本連載では,スクリプトの初学者を対象に,ActionScript 3.0を使ったスクリプティングについて解説する。ただこの第1回では,技術的な説明に先立ち,Flash Player 9は従来のバージョンとどこが違うのか,また新しいActionScript 3.0を採用する利点と注意点が何なのかを確認しておきたい。

図1 アメリカ/カナダと日本におけるFlash Player 8と9の普及率

図1 アメリカ/カナダと日本におけるFlash Player 8と9の普及率

※1
Adobe Flash Player Version Penetration参照。
※2
Flash CS3 Professionalの英語版は,製品サイトから無償トライアルがダウンロードできる。

Flash Player 9とは

Flash Player 9のもっとも大きな特徴は,ActionScriptを実行する仮想マシン「AVM2(ActionScript Virtual Machine 2)」が,まったく新たに開発されたということだ。これまでのPlayerがバージョンアップのたびに増改築を繰返してきたのに対し,更地から新築した建物のようなものだ。基本的な設計から最適化が考慮され,AVM2専用の言語としてActionScript 3.0がデザインされた。そのため,まずこれまでと比べて,処理が10倍程度まで高速化された。

ただし,従来のActionScript 2.0や1.0では,AVM2で実行するスクリプトを記述することはできない。その代わりFlash Player 9には,ActionScript 2.0や1.0のスクリプトを実行する仮想マシン「AVM1」も併せて搭載されている図2)。そのため,過去に制作されたコンテンツはもちろん,今後もActionScript 2.0や1.0でスクリプトを記述したムービーが,Flash Player 9で問題なく再生できる。そして,AVM1はFlash Player 9以降も,サポートされる予定である。

図2 Flash Player 9のアーキテクチャ

図2 Flash Player 9のアーキテクチャ

著者プロフィール

野中文雄(のなかふみお)

ソフトウェアトレーナー,テクニカルライター,オーサリングエンジニア。上智大学法学部卒,慶応義塾大学大学院経営管理研究科修士課程修了(MBA)。独立系パソコン販売会社で,総務・人事,企画,外資系企業担当営業などに携わる。その後,マルチメディアコンテンツ制作会社に転職。ソフトウェアトレーニング,コンテンツ制作などの業務を担当する。2001年11月に独立。Web制作者に向けた情報発信プロジェクトF-siteにも参加する。株式会社ロクナナ取締役(非常勤)。

URLhttp://www.FumioNonaka.com/

著書

コメント

コメントの記入